*

懐かしいけど、どこか新鮮な感覚。金足農業の吉田輝星は「巨人が好き」

「絶対王者」対「雑草軍団」という決勝戦で幕を閉じた第100回全国高校野球選手権。通称「夏の甲子園」。

 

全国からOBを呼び戻し、始球式を行い、期間中はいろいろな企画で、記念すべき100回を盛り上げようとした朝日新聞やNHK。

 

その甲斐あって?か、そんな努力とは無関係に?というか、大会は金足農業が東北初の優勝を懸けて、勝利街道を突っ走って、一気に盛り上がった感がありました。

 

もうここ数年というか、最近は、僕は高校野球にほとんど興味をもたなくなっていて、TV中継もまず見なくなったし。今大会前も「おうおう、必死になって100回を盛り上げるのはええけど・・・来年の101回や102回大会に出てくる高校生たちもいるんやから。。。あんまり100という区切り、キリ番というものに、大人達が(大人達のノスタルジックで)騒ぐのは止めて欲しいよなぁ~」なんて思ってました。はい、僕の特徴は「天の邪鬼」。人は僕のことを「天の邪鬼・ヨミウラ」なんて言う人もいます。

 

本当を言うと、最近は「高校野球」をやってる時間もいろいろ忙しくてそもそも見る時間がほとんど無いのと、たとえ公共の場所のモニターやTVなどで高校野球が映っていても目を止めなくなったのは、「見るだけで暑い・・・」から(爆)

 

見るとそれだけで「疲れる」んよね。「うっわ~~。。。暑そうやなぁ~~。。。ようやるなぁ~~。。。」って。

 

でも、この大会の終盤はさすがにちょっと見てしまいましたわ。金足農業の吉田君を見たさにね。根尾でも藤原でもなく(何故か呼び捨て?はい。もう彼らはプロ予備軍というイメージで高校生というイメージやないから・・・)今回はなんと言っても吉田君。

 

顔つきもええし、マウンドさばきもええし、言動の一つ一つがどこか今風なのも好印象。

 

そんな吉田君が、甲子園が終わって、次の進路(プロ?進学?)について言及した中で「好きな球団」を表明。

 

これが、結構新鮮でした。かなり「ええ感じ」でしたしね。

 
 

<Sponsered Link>



 
 

記者の「好きな球団は?」に「はい。巨人です」と。「行きたい?」って聞かれて「はい、行きたいです」と。

 

こういうの、なんか懐かしいよなぁ~。昔はこんなセリフばっかりやったけど、今やフランチャイズがしっかりと根付いてきていて、それに加えて「プロ野球はどこでやっても同じ」という価値観もずいぶんと定着したし、30年前なら泣いて嫌がっていた「パ・リーグ」だって、今やどこに行っても「お荷物」とか「不人気球団」とかのイメージは皆無。

 

だから、プロ入り希望という進路表明だって「12球団どこでも」というのが基本スタンスだし、東北の学校なら楽天や日ハム。九州の学校ならソフトバンク希望なんて、ふつーに、へーきに言ってる時代に・・・

 

「好きな球団は巨人」って・・・。

 

めっちゃストレートやし、そこには打算とか計算とか感じられなくて、ホンマに素直に「巨人が好きなんやなぁ~」と。

 

なんか、余計に吉田君の事が好きになっちゃったよ。

 

あと、3ヵ月前後でドラフトやね。こりゃ楽しみだわ。なんか予感として巨人に入りそう。そうなったら僕は断然君を応援するからね!!

 

 

サイドバナー




関連記事

平成とともに走ってきたイチロー。元イチローになって、行ったり来たり!

あと10日で新元号が発表される平成31年3月21日。イチローが引退を発表しました。  

記事を読む

女子カーリング「そだね~」は今年の流行語大賞だ!「そだね~」

平昌オリンピックの女子カーリングが俄然盛り上がってます。(そだね~)   この

記事を読む

松井秀喜よ。野球殿堂候補者入りをなんとか10年続けて欲しいね。

久々に日本人として晴れがましい、誇らしいニュースが飛び込んできました。  

記事を読む

全国の877球場を巡った斎藤振一郎さんは、幸せを運ぶ野球愛の人。

全国の野球場が877球場あったとして、アナタはその中でどれぐらいの球

記事を読む

羽生永世七冠の偉大さを、わかりやす~~~~~~く説明することにトライしてみました。

  羽生善治19世名が「永世七冠」を獲得した。と、一行で書けば書けるこの偉業。でもこ

記事を読む

日本ハムが広島に上陸!?日本ハムの新球場構想がややこし過ぎる!

プロ野球は日本シリーズ真っただ中。いろいろあったが、ドラフトも終わり、日本プロ野球もいよいよ大詰めで

記事を読む

池江璃花子が白血病を公表。頑張れ!頑張れ!そして・・・頑張って・・・勝ってまえ!

競泳の池江璃花子選手が自身の白血病を公表した。日本水泳連盟も緊急会見してその事実を認め、彼女への支援

記事を読む

国民栄誉賞の伊調馨にパワハラ?久々の文春ネタはドロドロした世界

久々に「週刊文春」がぶちまけました。今回のターゲットは、オリンピック4連覇中で地元東京オリンピック5

記事を読む

耐性が強くなった。笑顔がなかったイチローの「ハッピー」な復帰会見が非常に印象的。

44歳のイチロー。の、契約がとうとう決まった。契約した球団は、故郷とも言える「シアトル・マリナーズ」

記事を読む

オリンピックからあのマークが消える日!?

来年の事を言えば鬼が笑う・・・と言いますが、かと言って来年になってしまえば、あっという間に「それ」が

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




コパ・アメリカのセレソンのロッカールームでの会話

今まであまり詳しいことは述べてこなかったが、我々「読裏グループ」は、世

さすが英国!007に黒人女性。その驚きの表現がまた洒脱

英国のスパイ映画、あのジェームス・ボンドこと007シリーズ。 &

実は僕はフェンダーミラー派。なぜタクシーはフェンダーミラーにするのか?

最近、ふと、思ったことですが・・・。   タクシ

ブラジル戦評を、あの「岡田監督」にインタビューしました。

「日本、王国に惨敗!」   という、見出しがスポーツ

ハムストリングの別名は「紅茶の美味しい〇〇〇」

「歌は世につれ、世は歌につれ」とはよく言われるフレーズであるが、世につ

→もっと見る

  • 2019年7月
    « 6月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券