*

スポーツと体育は違うもの?

公開日: : 最終更新日:2017/12/30 スポーツ

日本人はスポーツが大好き。野球、マラソン、水泳、マラソン、そして今の時代ならサッカー。もちろんプロレス大好きな人もいるし、格闘技といっても古来武道の方、柔道や剣道、少林寺拳法だってあります。

で、いつからか日本人は、これら全般を「スポーツ」と呼ぶようになりました。でも「スポーツ」という言葉は明らかに日本語ではないので、この言葉が定着したのはそれほど昔のことではないと思います。

「スポーツ」という言葉がなかった時代の日本。おそらくその時代の「スポーツ」に該当する名詞は「運動」か「体育」だったのでしょう。ただ、「運動」という言葉は、物理学や政治活動にも使われる広い意味がありますから、身体を動かすということで言えば「体育」という言葉の方が適切でしょうか。

この「体育」と「スポーツ」。なんとなく雰囲気が違うと思っている人も多いのではないでしょうか。どこか「体育」は厳しくて、苦しみとか忍耐とか、もっと言えば根性とかのコトバと隣り合わせ。「体育会」なんてコトバからはそりゃもう上下関係、理不尽、がんじがらめ・・・みたいなフレーズがすぐに思い浮かびます。

対する「スポーツ」というコトバには、どこか「楽しむ」というか「自分を表現する」とか「感動を呼ぶ」とかのイメージがついてきて、そこがまた日本人には心地良くて、今や「体育」なんてコトバはどんどん隅に追いやられ、「スポーツ」全盛時代です。

それではスポーツというのはどういう意味なのでしょう?

スポーツの語源をご存知ですか?

<Sponsered Link>



これは私が大好きだった(過日お亡くなりになられたので、過去形となりますが・・・)岡野俊一郎氏の定番、十八番(オハコ)ネタの受け売りで恐縮ですが、スポーツというのは「ディス」「ポート」、つまり「Dis(=離れる)」「Port(=港)」が語源なのですね。

「港から離れる」ということはどういうことか?何を意味するのか?と言えば、秩序ある安定した「陸」の世界を離れて、大海原へと解放されることを意味します。

大海原には道路もないし、信号もない。鉄道も走っていないし、交差点や踏切で誰かが見守ってくれるわけでもない。大海原はどこへどう行こうが全て自由。でもそのどこへどう行くのか?は、常に自己判断と自己責任がついてまわる。そういう世界です。

「体育」は武道や禅の世界を色濃く残しています。その世界の有名な教えは「守破離」という考え方ですね。「師匠から教わった型をまず守り」「その型を自分の力で破り」「そして師匠の型から離れて自分の型を創っていく」。

「型」というと、日本人はすぐに「型にはめる」とか「型通りに」とかになって、創造の世界から縁遠くなってしまいがちですが、「体育」のルーツである「武道」には守破離という、もの凄く素晴らしい概念があって、創造していく礎の思想があります。

そこにはスポーツの語源と通じるものがあります。「つまり自己責任で自己判断で自己を表現する」という。「型」があるからこそ、その対極(対象)となる「自由な発想」が生まれるわけです。好きなことをすることが自由ではない。型を捨てるリスク、その後にやってくる達成感や解放感。それこそが「自由」の源泉なのだと思います。

人間が一番大事にするべき「型(ルール)」と「自由(自己表現)」の関係を考えたとき、一見、遠そうな「体育」と「スポーツ」は、実は奥底では繋がっています。

洋の東西で文化や思想が違うことはいくつもありますが、人間が身体を使って何かを表す、その最も基本的な行為の意味においては洋の東西は問わないのですね。

 

サイドバナー




関連記事

国民栄誉賞の伊調馨にパワハラ?久々の文春ネタはドロドロした世界

久々に「週刊文春」がぶちまけました。今回のターゲットは、オリンピック4連覇中で地元東京オリンピック5

記事を読む

人的補償の巨人・高木勇人。西武へ行っても「僕は僕です!」だよ。

巨人軍から西武ライオンズへ・・・一人の投手が移籍することなりました。   その

記事を読む

スポーツの名言は力が湧くよね。あなたの好きな名言はどんな名言?

最近は「名言」ブームのようだ。書店ではいろんな「名言本」がズラリと並んでいる。それだけ現代人は悩み、

記事を読む

勇気をくれた!?広島の新井貴浩が引退!阪神ファンはどう思う?

巨人以外では初めて成し遂げる「リーグ3連覇」に向けて驀進中の広島カープ。  

記事を読む

松井秀喜よ。野球殿堂候補者入りをなんとか10年続けて欲しいね。

久々に日本人として晴れがましい、誇らしいニュースが飛び込んできました。  

記事を読む

杉内俊哉の現役引退で、金足農業・吉田輝星君の巨人に入団する可能性が高まる理由。

巨人の杉内俊哉が引退を表明した。村田修一が現役引退を発表したあとを追うように、同じ松坂世代の左のエー

記事を読む

「正直この町、何もないよね」に心震える。吉田知の名言に泣けます!

平昌オリンピックが始まる頃、正直ここまで僕の中で盛り上がるなんて思ってもいませんでした。「平昌?なに

記事を読む

大阪ナオミさん、いらっしゃぁ~い!

今回のネタのタイトル。「大阪ナオミ」を見て、「ああ、とうとう読裏さんもここまで老いぼれたか・・・」と

記事を読む

小平奈緒選手の金メダル受賞インタビューに倣って、私「読裏クラブ」を表す3つの言葉は・・・?

平昌オリンピックでスピードスケート女子初の金メダル選手が誕生しました。小平奈緒選手。そのインタビュー

記事を読む

私も星野仙一さんとの秘話を少しだけ。

2018年1月6日朝、衝撃が走りました。「星野仙一氏 死去」のニュースを、起床した僕の横に置いてある

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




秋は引退の季節。一人の男が引退を決めた理由に「それ、わかるな~」。

秋です。秋といえば?まぁ、いろいろありますが、これでもアスリートの端く

試合に負けて勝負に勝った!FC石破。次こそリベンジだ!

自民党総裁選が終わりました。結果は、「安倍晋三」現首相の3選。前評判通

神戸の新監督はグラディオーラの師匠、ファン・リージョ。いよいよ本気か!?

異例だった。「ヴィッセル神戸の吉田監督が退任し、午後から新監督が発表さ

no image
パンペキ!ディミッタ~ル・ベルヴァ~ットフ!

僕の好きなプレーヤー。   「遠藤」・・・に、

天皇杯で見られる夢

日本サッカー最大のオープン大会、天皇杯。先週の週末から天皇杯が始まりま

→もっと見る

  • 2018年9月
    « 8月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
PAGE TOP ↑