*

スポーツと体育は違うもの?

公開日: : 最終更新日:2017/12/30 スポーツ

日本人はスポーツが大好き。野球、マラソン、水泳、マラソン、そして今の時代ならサッカー。もちろんプロレス大好きな人もいるし、格闘技といっても古来武道の方、柔道や剣道、少林寺拳法だってあります。

で、いつからか日本人は、これら全般を「スポーツ」と呼ぶようになりました。でも「スポーツ」という言葉は明らかに日本語ではないので、この言葉が定着したのはそれほど昔のことではないと思います。

「スポーツ」という言葉がなかった時代の日本。おそらくその時代の「スポーツ」に該当する名詞は「運動」か「体育」だったのでしょう。ただ、「運動」という言葉は、物理学や政治活動にも使われる広い意味がありますから、身体を動かすということで言えば「体育」という言葉の方が適切でしょうか。

この「体育」と「スポーツ」。なんとなく雰囲気が違うと思っている人も多いのではないでしょうか。どこか「体育」は厳しくて、苦しみとか忍耐とか、もっと言えば根性とかのコトバと隣り合わせ。「体育会」なんてコトバからはそりゃもう上下関係、理不尽、がんじがらめ・・・みたいなフレーズがすぐに思い浮かびます。

対する「スポーツ」というコトバには、どこか「楽しむ」というか「自分を表現する」とか「感動を呼ぶ」とかのイメージがついてきて、そこがまた日本人には心地良くて、今や「体育」なんてコトバはどんどん隅に追いやられ、「スポーツ」全盛時代です。

それではスポーツというのはどういう意味なのでしょう?

スポーツの語源をご存知ですか?

<Sponsered Link>



これは私が大好きだった(過日お亡くなりになられたので、過去形となりますが・・・)岡野俊一郎氏の定番、十八番(オハコ)ネタの受け売りで恐縮ですが、スポーツというのは「ディス」「ポート」、つまり「Dis(=離れる)」「Port(=港)」が語源なのですね。

「港から離れる」ということはどういうことか?何を意味するのか?と言えば、秩序ある安定した「陸」の世界を離れて、大海原へと解放されることを意味します。

大海原には道路もないし、信号もない。鉄道も走っていないし、交差点や踏切で誰かが見守ってくれるわけでもない。大海原はどこへどう行こうが全て自由。でもそのどこへどう行くのか?は、常に自己判断と自己責任がついてまわる。そういう世界です。

「体育」は武道や禅の世界を色濃く残しています。その世界の有名な教えは「守破離」という考え方ですね。「師匠から教わった型をまず守り」「その型を自分の力で破り」「そして師匠の型から離れて自分の型を創っていく」。

「型」というと、日本人はすぐに「型にはめる」とか「型通りに」とかになって、創造の世界から縁遠くなってしまいがちですが、「体育」のルーツである「武道」には守破離という、もの凄く素晴らしい概念があって、創造していく礎の思想があります。

そこにはスポーツの語源と通じるものがあります。「つまり自己責任で自己判断で自己を表現する」という。「型」があるからこそ、その対極(対象)となる「自由な発想」が生まれるわけです。好きなことをすることが自由ではない。型を捨てるリスク、その後にやってくる達成感や解放感。それこそが「自由」の源泉なのだと思います。

人間が一番大事にするべき「型(ルール)」と「自由(自己表現)」の関係を考えたとき、一見、遠そうな「体育」と「スポーツ」は、実は奥底では繋がっています。

洋の東西で文化や思想が違うことはいくつもありますが、人間が身体を使って何かを表す、その最も基本的な行為の意味においては洋の東西は問わないのですね。

 

サイドバナー




関連記事

平成最後の日本シリーズ、MVPはキャノン甲斐!

平成最後の日本シリーズ、関門橋シリーズはソフトバンクの4勝1敗1分けで2年連続9度目の優勝となりまし

記事を読む

松井秀喜よ。野球殿堂候補者入りをなんとか10年続けて欲しいね。

久々に日本人として晴れがましい、誇らしいニュースが飛び込んできました。  

記事を読む

耐性が強くなった。笑顔がなかったイチローの「ハッピー」な復帰会見が非常に印象的。

44歳のイチロー。の、契約がとうとう決まった。契約した球団は、故郷とも言える「シアトル・マリナーズ」

記事を読む

羽生永世七冠の偉大さを、わかりやす~~~~~~く説明することにトライしてみました。

  羽生善治19世名が「永世七冠」を獲得した。と、一行で書けば書けるこの偉業。でもこ

記事を読む

「正直この町、何もないよね」に心震える。吉田知の名言に泣けます!

平昌オリンピックが始まる頃、正直ここまで僕の中で盛り上がるなんて思ってもいませんでした。「平昌?なに

記事を読む

自律神経でソフトバンク退団!ムネリンの壮絶人生!?

あのムネリンこと、川崎宗則選手がソフトバンクを退団!という発表がありました。先日から「行方不明」とか

記事を読む

全国の877球場を巡った斎藤振一郎さんは、幸せを運ぶ野球愛の人。

全国の野球場が877球場あったとして、アナタはその中でどれぐらいの球

記事を読む

女子カーリング「そだね~」は今年の流行語大賞だ!「そだね~」

平昌オリンピックの女子カーリングが俄然盛り上がってます。(そだね~)   この

記事を読む

私も星野仙一さんとの秘話を少しだけ。

2018年1月6日朝、衝撃が走りました。「星野仙一氏 死去」のニュースを、起床した僕の横に置いてある

記事を読む

懐かしいけど、どこか新鮮な感覚。金足農業の吉田輝星は「巨人が好き」

「絶対王者」対「雑草軍団」という決勝戦で幕を閉じた第100回全国高校野球選手権。通称「夏の甲子園」。

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




祝!50年ぶりの優勝!関西学院高サッカー部が兵庫県代表に!

50年と言えば、半世紀。半世紀といえば、一世紀の半分。つまり四半世紀の

オーナーの中のオーナー。まさにKING OF OWNER!

昔から「〇〇の中の〇〇」という表現があります。例えば「男の中の男」とか

25年前と25年後のベスト10

突然ですが。。。   1位 住友金属 2位 富

おめでとうヤット!でもヤットの偉業は、まだまだ続く!

このブログを「スポナビ」時代から読んでいただいている読者の方々であれば

11月4日は何の日でしょうか?はい、私もそのうちの一人です。

今このブログは11月4日に書いています。   さ

→もっと見る

  • 2018年11月
    « 10月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
PAGE TOP ↑