*

女子カーリング「そだね~」は今年の流行語大賞だ!「そだね~」

公開日: : 最終更新日:2018/02/23 スポーツ , , ,

平昌オリンピックの女子カーリングが俄然盛り上がってます。(そだね~)

 

このカーリング、かなり日本人に合ったスポーツじゃないかな?(そだよね~)

 

戦略や集中力、そして技術と精神力などが上手く調和して、しかも「得点(スコア)」を争うので白黒がはっきりするし。(そうだね~)

 

日本人に馴染深い野球の9イニングの裏表に似た、先攻ー後攻の10エンド制。(だよね~)

 

戦略だって「邪魔してやれ!」系もあれば、「邪魔を掻い潜ってやれ!」系もあって(そだそだ!)

 

いやほんと見ていて面白い(んだんだ!)

 

その見ていての中でも、もっとも面白いのが5エンド終了時の「おやつタイム」!(そやんね~)

 

これがいい!(そう!)

 

なんか、表現が「東海林さだお」みたいになってきたけど、とにかくいいのよ。(そこだよね~)

 

この「おやつタイム」には何と選手間の会話やコーチからのアドバイスなどの「作戦内容」がバッチリ音声に(ほんまや~)

 

そこで、聞こえる、彼女たちの会話と声!

 

そこで聞こえるこのコトバ!

 

「そだね~~」

 

これ、かなりいいよね?この「そだね~」を聞きたいためだけにカーリングを見ていると言っても過言ではない!

 

癒されるし、元気になるし、笑顔になる。

 

彼女たちの会話からは、苦しさや悲壮さはあまり感じられずに、なんか「カーリング、思いっきり楽しんでるよなぁ~」というのがヒシヒシと伝わってきます。

 

この、おやつタイム、その「おやつ」もなかなか出場国によって違いがあって面白い。お国柄とでもいうのかな。

 

アメリカはクッキー

中国はバナナ

イギリスはカットフルーツ

ロシアはぶどう

デンマークはチョコレート

韓国はバナナ

などなど。

 

第5エンドが終わる時間になると、僕たちも「さぁ、今日のおやつは何が出るのかな?」なんて楽しみになってくる。

 

先日の試合では、彼女たちの出身地である「北見」の銘菓、「赤いサイロというチーズケーキ」が出てきていました。

 

オリンピックの競技種目のハーフタイムが「おやつタイム」なんて言われても全然不謹慎感も感じないし!

 

お国柄と言えば、各国が立っておやつタイムを過ごしている中、日本だけが「座ってる」のもいいよね?なんか「お花見」みたいな。OLの女子会みたいでさ。だから、できれば「バナナ」なんて食べずに一回ぐらい「おにぎり」を食べて欲しいなぁ~。

 

いやいや、ここまで「おやつタイム」が有名になってきたら、それこそお菓子メーカーの錚々たる企業が「ウチのおやつを使ってください!食べてください!」なんてスポンサードするかも。

 

そうなれば、日本女子カーリングのおやつタイムは「ポテトチップス」や「チョコレート」やスナック系でいっぱいになったりして(爆)

 

<Sponsered Link>



 

しかし、これ、サッカーに取り入れてもいいんじゃないのかな?

 

サッカーのハーフタイムって、確かに僕らからしたら「前半の興奮を鎮め」、「お手洗いにいき」、「目の前の液体(黄色い泡の出るものだったり、茶色い色の液体だったり、もしくは透明なものもあったりね)を補給する時間でもあり」、「メールをうったり」、「ツィートで前半を総括する」人もいるだろうけど、とにかく一旦試合会場から目と心は少し離れるでしょ?

 

選手もロッカーに戻ってピッチから消えてしまうし。

 

そこでこの「おやつタイム」をベンチ横で展開するわけです。それが叶わないのであれば、ロッカールームにカメラと音声を入れてしまう。

 

するとTV画面には

 

「いいよ!中盤結構支配してるし!ボールは持てるから!」(そだね~~)

 

「シュート、撃っていこう!とにかくシュートで攻めを終わらせようぜ!」(そだね~~)

 

「ディフェンスは前掛かりになったときケアな!あいつらずっと裏を狙ってるの忘れるな!」(そだね~~)

 

なんていう会話と、選手が食べてる「お菓子」や「おやつ」がアップで映って。

 

これ、ワールドカップでやってくれないかなぁ~。絶対に「数字」上がると思うけど。

 

 

え?「そだね~」は、彼女たちが言うから「癒される」んで、サッカー選手の野太い声なんか聞いても「癒される」わけないじゃん!って?

 

う~ん。たしかに。

 

そだね~~!

 

PS

この「そだね~」って、もしかしたら今年の「流行語大賞」になるかもしれないよね?なんと言っても「ポジティブ」な言葉だし、彼女たちを思い出すと元気になるし。気になるのは今が2月だということ。これから10ヶ月弱、いろんなイベントが予定されているし、やっぱりこういう流行語大賞って、年末に近づくほうが有利だしね。

 

だから、みなさん、彼女たちを応援するために、毎月毎月、いろんな場面で「そだね~」って言っていこうね。

(そだね~~!)

ごめんね、くどくて・・・(爆)

エディー・バウアー オンラインストア

※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!

 

 

 

サイドバナー




関連記事

「正直この町、何もないよね」に心震える。吉田知の名言に泣けます!

平昌オリンピックが始まる頃、正直ここまで僕の中で盛り上がるなんて思ってもいませんでした。「平昌?なに

記事を読む

スポーツの名言は力が湧くよね。あなたの好きな名言はどんな名言?

最近は「名言」ブームのようだ。書店ではいろんな「名言本」がズラリと並んでいる。それだけ現代人は悩み、

記事を読む

羽生永世七冠の偉大さを、わかりやす~~~~~~く説明することにトライしてみました。

  羽生善治19世名が「永世七冠」を獲得した。と、一行で書けば書けるこの偉業。でもこ

記事を読む

小平奈緒選手の金メダル受賞インタビューに倣って、私「読裏クラブ」を表す3つの言葉は・・・?

平昌オリンピックでスピードスケート女子初の金メダル選手が誕生しました。小平奈緒選手。そのインタビュー

記事を読む

人的補償の巨人・高木勇人。西武へ行っても「僕は僕です!」だよ。

巨人軍から西武ライオンズへ・・・一人の投手が移籍することなりました。   その

記事を読む

全国の877球場を巡った斎藤振一郎さんは、幸せを運ぶ野球愛の人。

全国の野球場が877球場あったとして、アナタはその中でどれぐらいの球

記事を読む

自律神経でソフトバンク退団!ムネリンの壮絶人生!?

あのムネリンこと、川崎宗則選手がソフトバンクを退団!という発表がありました。先日から「行方不明」とか

記事を読む

私も星野仙一さんとの秘話を少しだけ。

2018年1月6日朝、衝撃が走りました。「星野仙一氏 死去」のニュースを、起床した僕の横に置いてある

記事を読む

国民栄誉賞の伊調馨にパワハラ?久々の文春ネタはドロドロした世界

久々に「週刊文春」がぶちまけました。今回のターゲットは、オリンピック4連覇中で地元東京オリンピック5

記事を読む

耐性が強くなった。笑顔がなかったイチローの「ハッピー」な復帰会見が非常に印象的。

44歳のイチロー。の、契約がとうとう決まった。契約した球団は、故郷とも言える「シアトル・マリナーズ」

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




猛暑の中のJリーグは、ここが心配!?

今日で甲子園、つまり、夏の高校野球の決勝が終了しました。ここは、「サッ

8月10日は僕の「〇〇呪縛解放記念日」になりました。

彼等はいつも僕の目の前に立ちはだかっていた。  

抱腹絶倒サッカー中継「めっちゃ風邪ひいてんねん!」

今回は、まったく、他人様(=ひとさま)からの受け売りです。オリジナリテ

「ブラックホールで死んでみる」

僕は宇宙が好きだ。そして宇宙の事を知ろうとすれば、星のことや、光のこと

何故か不思議なセブンとイレブンの話!?

今回は「7」と「11」のお話し。   で、「7」

→もっと見る

  • 2018年8月
    « 7月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑