*

日本人が世界を抜いた日?渋野日向子は、新しいスーパーヒーロー!

この読裏(本名はもちろん別にありますが)、これまでエラくナガくスポーツを観てきました。

 

たとえば・・・

 

阪神のショートストップと言えば?もちろん平田勝男でもなく、鳥谷敬でもなく、真弓明信でもなく、もちろん藤本敦士でもなくて、真っ先に浮かぶ名前は「藤田平」であり・・・

 

たとえば・・・

 

巨人のセンターと言えば?もちろん松本匡史でもなく、クロマティでもなく、松井秀喜でもなく、もちろん松本哲也でもなくて、真っ先に浮かぶ名前が「柴田勲」であり・・・

 

たとえば・・・

 

ドイツの(いや、正確には西ドイツの)ミッドフィールダーと言えば、シュバインシュタイガーでもなく、リトバルスキーでもなく、ベルント・シュスターでもなく、もちろんミハエル・バラックでもなくて、思い浮かぶのは「ライナー・ボンホフ」であるわけです。

 

そんな「読裏世代」が、今までこっぴどく見せつけられた映像。そらもう、ずっと見続けてきた映像。

 

それは世界に挑戦する日本人が惨めに敗退するシーン。それも、敗退というよりは自滅するという感じで負けていく景色。オリンピックでも、世界選手権でも、そしてワールドカップでも。

 

その時(いつもそうだけれど)ずっと言われ続けてきたテーゼが

 

「日本人は緊張で力を発揮できない」というもの。

 

「肝心なところで力を発揮できない」

 

「顔がこわ張っているのが、はた目から見てもわかる」

 

「何故日本人はプレーを楽しまないのか?」

 

「プレー(Play)というのはそもそも”楽しむもの”なのに、あんな表情では勝てるわけがない」と。

 

負ける→力を発揮できない→緊張しているから→顔がこわ張っている→楽しむ気持ちがない→だから負ける

 

この「図式」を何度言われてきたか。

 

そんな外国人の、エベレストのようにそびえる高い壁。そこに、ちっちゃいアジアの日本人が挑戦しても叶うわけがない・・・みたいな。

 

そんな時代をずっとずっと、読裏さんの世代の人たちは生きてきたわけなんです。

 

そんな時代がジョジョに変わりつつあるという感覚が、いや、どうだろう?この10年ぐらいかな? 一気に変わってきました。

 

例えば、ダルビッシュ有。例えば、田中マー君。彼らは、メジャーに挑むというよりも、メジャーで自分のパフォーマンスを出す・・・出せば結果は自ずとついてくる。そのために何をするか?そんなプレーをしているように見えました。

 

そして例えば、今はレアルにいる久保君。彼は、今までの日本人サッカー選手の定番型である「日本代表でワールドカップ出場が夢であり最終目標」という、そんなフィールドでは生きていなくて、もっともっと高みの世界を見据えているように感じてます。(おそらく彼の夢は、チャンピオンズリーグ優勝!の瞬間にそのクラブのピッチに立つこと!なんじゃないだろうか?本人に聞いたことはないけどね!苦笑)

 

そして例えば、大坂ナオミであり、錦織であり。彼らのプレーは、日本人の枠を完全に超えたという、そんな気がしていた今日この頃の今日!またしても、これまたとんでもない映像を目にしてしまいました。

 

もしかしたら、ダルビッシュでも田中のマー君でも、大坂ナオミでも、久保君でも実現できない・・・というか、彼らが一段下に見えるような映像。

 
 

<Sponsered Link>



 

究極のプレー(PLAY)の原点である「笑顔」。その「笑顔」を振りまきながら、究極のプレッシャーがかかる全英の決勝最終日の最終ホールをプレーし、そして5.5mのしびれる決勝パットを、カップの向こう側にぶち当てて放り込んだのである。

 

そしてその瞬間!全英オープンの優勝が決まり・・・お決まりの「涙」!となるか?と思いきや「泣こうと思ったけど涙が出なかった」という、拍子抜けというか、こちらが腰が抜けるような感覚。

 

天然と言えばあまりに天然。あっけらかんと言えばあまりにあっけらかん。

 

そらもう全英どころか、プロ・アマ問わず、プレーヤー、ギャラリー、マスコミを含めた全世界のゴルフ関係者、いや、ゴルフファン以外の全ての人々に、驚愕と笑顔をもたらした「渋野日向子」。

 

いや、もう、凄すぎて、言葉が出ませんわ。

 

日本人も、とうとう、ここまで来たんやねぇ~~。

 

いやぁ~、長生きはするもんっす!

 

な?相太?君もそう思うやろう?

このネタはfacebook https://www.facebook.com/yomiuraclub1961/ でもご紹介しております。コメントはご面倒ですが、facebookの方でアップしていただけると、しっかり返信させていただきます。どうもコメント欄の管理が上手くいかず皆さんのご意見がオープンに掲示できませんもんで。

サイドバナー




関連記事

私も星野仙一さんとの秘話を少しだけ。

2018年1月6日朝、衝撃が走りました。「星野仙一氏 死去」のニュースを、起床した僕の横に置いてある

記事を読む

視聴率100%!?デサントレディース東海で見た渋野日向子の別の顔

最近、僕がハマっているというか、ネタが上がるとついついクリックしてしまうもの・・・は、ラグビーワール

記事を読む

連敗の立役者?大引もドン引きの迷言インタビュー!

ヤクルトスワローズの連敗がようやく止まりました。ま、連勝もいずれ止まるし、その逆の連敗だっていずれ必

記事を読む

大阪ナオミさん、いらっしゃぁ~い!

今回のネタのタイトル。「大阪ナオミ」を見て、「ああ、とうとう読裏さんもここまで老いぼれたか・・・」と

記事を読む

自律神経でソフトバンク退団!ムネリンの壮絶人生!?

あのムネリンこと、川崎宗則選手がソフトバンクを退団!という発表がありました。先日から「行方不明」とか

記事を読む

全国の877球場を巡った斎藤振一郎さんは、幸せを運ぶ野球愛の人。

全国の野球場が877球場あったとして、アナタはその中でどれぐらいの球

記事を読む

杉内俊哉の現役引退で、金足農業・吉田輝星君の巨人に入団する可能性が高まる理由。

巨人の杉内俊哉が引退を表明した。村田修一が現役引退を発表したあとを追うように、同じ松坂世代の左のエー

記事を読む

僕にも巨人軍の後輩ができました!その名は坂本!

皆さんは、出身の学校で有名人のOBや、有名人の後輩がいらっしゃるでしょうか?  

記事を読む

金田正一氏死去。永遠に生きると思ってた人の一人でした。

「かねやん」こと、金田正一さんが亡くなられました。享年86歳。   もう老人(

記事を読む

国民栄誉賞の伊調馨にパワハラ?久々の文春ネタはドロドロした世界

久々に「週刊文春」がぶちまけました。今回のターゲットは、オリンピック4連覇中で地元東京オリンピック5

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




VARで疑念は減るのか?増えるのか?

  VARシステム。ビデオ・アシスタント・レフリーの頭文字を

25回目の1月17日。この日はこの歌(満月の夕)を聴く日。

今年も1月17日がやってきました。あれから25回目。25年目、とうとう

タイで最も有名になった日本人!?

  アジア選手権U23=東京五輪サッカーのアジア予選がいよい

森保解任論に見るオシムの凄さ

2020年1月。AFC-U23選手権。この大会は東京五輪サッカーアジア

成人の日に一番ふさわしい本

  成人の日。昔は1月15日という決まった日だったけど、今は

→もっと見る

PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券