*

日本人が世界を抜いた日?渋野日向子は、新しいスーパーヒーロー!

この読裏(本名はもちろん別にありますが)、これまでエラくナガくスポーツを観てきました。

 

たとえば・・・

 

阪神のショートストップと言えば?もちろん平田勝男でもなく、鳥谷敬でもなく、真弓明信でもなく、もちろん藤本敦士でもなくて、真っ先に浮かぶ名前は「藤田平」であり・・・

 

たとえば・・・

 

巨人のセンターと言えば?もちろん松本匡史でもなく、クロマティでもなく、松井秀喜でもなく、もちろん松本哲也でもなくて、真っ先に浮かぶ名前が「柴田勲」であり・・・

 

たとえば・・・

 

ドイツの(いや、正確には西ドイツの)ミッドフィールダーと言えば、シュバインシュタイガーでもなく、リトバルスキーでもなく、ベルント・シュスターでもなく、もちろんミハエル・バラックでもなくて、思い浮かぶのは「ライナー・ボンホフ」であるわけです。

 

そんな「読裏世代」が、今までこっぴどく見せつけられた映像。そらもう、ずっと見続けてきた映像。

 

それは世界に挑戦する日本人が惨めに敗退するシーン。それも、敗退というよりは自滅するという感じで負けていく景色。オリンピックでも、世界選手権でも、そしてワールドカップでも。

 

その時(いつもそうだけれど)ずっと言われ続けてきたテーゼが

 

「日本人は緊張で力を発揮できない」というもの。

 

「肝心なところで力を発揮できない」

 

「顔がこわ張っているのが、はた目から見てもわかる」

 

「何故日本人はプレーを楽しまないのか?」

 

「プレー(Play)というのはそもそも”楽しむもの”なのに、あんな表情では勝てるわけがない」と。

 

負ける→力を発揮できない→緊張しているから→顔がこわ張っている→楽しむ気持ちがない→だから負ける

 

この「図式」を何度言われてきたか。

 

そんな外国人の、エベレストのようにそびえる高い壁。そこに、ちっちゃいアジアの日本人が挑戦しても叶うわけがない・・・みたいな。

 

そんな時代をずっとずっと、読裏さんの世代の人たちは生きてきたわけなんです。

 

そんな時代がジョジョに変わりつつあるという感覚が、いや、どうだろう?この10年ぐらいかな? 一気に変わってきました。

 

例えば、ダルビッシュ有。例えば、田中マー君。彼らは、メジャーに挑むというよりも、メジャーで自分のパフォーマンスを出す・・・出せば結果は自ずとついてくる。そのために何をするか?そんなプレーをしているように見えました。

 

そして例えば、今はレアルにいる久保君。彼は、今までの日本人サッカー選手の定番型である「日本代表でワールドカップ出場が夢であり最終目標」という、そんなフィールドでは生きていなくて、もっともっと高みの世界を見据えているように感じてます。(おそらく彼の夢は、チャンピオンズリーグ優勝!の瞬間にそのクラブのピッチに立つこと!なんじゃないだろうか?本人に聞いたことはないけどね!苦笑)

 

そして例えば、大坂ナオミであり、錦織であり。彼らのプレーは、日本人の枠を完全に超えたという、そんな気がしていた今日この頃の今日!またしても、これまたとんでもない映像を目にしてしまいました。

 

もしかしたら、ダルビッシュでも田中のマー君でも、大坂ナオミでも、久保君でも実現できない・・・というか、彼らが一段下に見えるような映像。

 
 

<Sponsered Link>



 

究極のプレー(PLAY)の原点である「笑顔」。その「笑顔」を振りまきながら、究極のプレッシャーがかかる全英の決勝最終日の最終ホールをプレーし、そして5.5mのしびれる決勝パットを、カップの向こう側にぶち当てて放り込んだのである。

 

そしてその瞬間!全英オープンの優勝が決まり・・・お決まりの「涙」!となるか?と思いきや「泣こうと思ったけど涙が出なかった」という、拍子抜けというか、こちらが腰が抜けるような感覚。

 

天然と言えばあまりに天然。あっけらかんと言えばあまりにあっけらかん。

 

そらもう全英どころか、プロ・アマ問わず、プレーヤー、ギャラリー、マスコミを含めた全世界のゴルフ関係者、いや、ゴルフファン以外の全ての人々に、驚愕と笑顔をもたらした「渋野日向子」。

 

いや、もう、凄すぎて、言葉が出ませんわ。

 

日本人も、とうとう、ここまで来たんやねぇ~~。

 

いやぁ~、長生きはするもんっす!

 

な?相太?君もそう思うやろう?

このネタはfacebook https://www.facebook.com/yomiuraclub1961/ でもご紹介しております。コメントはご面倒ですが、facebookの方でアップしていただけると、しっかり返信させていただきます。どうもコメント欄の管理が上手くいかず皆さんのご意見がオープンに掲示できませんもんで。

サイドバナー




関連記事

大阪ナオミさん、いらっしゃぁ~い!

今回のネタのタイトル。「大阪ナオミ」を見て、「ああ、とうとう読裏さんもここまで老いぼれたか・・・」と

記事を読む

懐かしいけど、どこか新鮮な感覚。金足農業の吉田輝星は「巨人が好き」

「絶対王者」対「雑草軍団」という決勝戦で幕を閉じた第100回全国高校野球選手権。通称「夏の甲子園」。

記事を読む

長野久義の広島移籍でFA戦線に異常あり!

年も明けて一週間、1月7日ともなると「さて、今日は七草粥でも食おうかね」なんて思うわけです(食べたこ

記事を読む

小平奈緒選手の金メダル受賞インタビューに倣って、私「読裏クラブ」を表す3つの言葉は・・・?

平昌オリンピックでスピードスケート女子初の金メダル選手が誕生しました。小平奈緒選手。そのインタビュー

記事を読む

全国の877球場を巡った斎藤振一郎さんは、幸せを運ぶ野球愛の人。

全国の野球場が877球場あったとして、アナタはその中でどれぐらいの球

記事を読む

僕にも巨人軍の後輩ができました!その名は坂本!

皆さんは、出身の学校で有名人のOBや、有名人の後輩がいらっしゃるでしょうか?  

記事を読む

史上初!伝統の一戦「阪神vs巨人」で日本一決定戦!

プロ野球も大詰めです。   そんな中、とうとう、あの「阪神」と「巨人」が、日本

記事を読む

スポーツの名言は力が湧くよね。あなたの好きな名言はどんな名言?

最近は「名言」ブームのようだ。書店ではいろんな「名言本」がズラリと並んでいる。それだけ現代人は悩み、

記事を読む

連敗の立役者?大引もドン引きの迷言インタビュー!

ヤクルトスワローズの連敗がようやく止まりました。ま、連勝もいずれ止まるし、その逆の連敗だっていずれ必

記事を読む

自律神経でソフトバンク退団!ムネリンの壮絶人生!?

あのムネリンこと、川崎宗則選手がソフトバンクを退団!という発表がありました。先日から「行方不明」とか

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




もしかして人生初?お盆に直撃!台風10号でUターンラッシュに大打撃。車も新幹線もどうなるのか?

お盆の真っただ中。帰省のラッシュも一段落して、あと数日すればUターンラ

サッカー解説者を解説します。

サッカーというスポーツを楽しむ最も一般的な方法は「TV観戦」だろう。

W杯を振り返っている男と「悪魔」と「天使」の会話

人は誰でも二重人格である。 一人の人間の中には、あらゆる葛藤がある。

楽天神戸の補強はどこまで続く?今度は酒井高徳を獲得!

ヴィッセル神戸。私の地元のサッカークラブであり、Jリーグの理念からすれ

吉野家の数量限定サーロイン使用「特選 すきやき重」は、本当に数量限定なんだろうか?

私(読裏)は、普段は広告戦略やマーケティングなどのコンサルティングをし

→もっと見る

  • 2019年8月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券