*

耐性が強くなった。笑顔がなかったイチローの「ハッピー」な復帰会見が非常に印象的。

44歳のイチロー。の、契約がとうとう決まった。契約した球団は、故郷とも言える「シアトル・マリナーズ」。

 

 

先日、そんなイチローの入団(契約)会見が行われました。見たことある人も多かったのでは?と思います。

 

 

イチローの言葉は、常に何かを感じさせてくれるので、僕自身非常にこの会見をかなり楽しみにして見ていました。

 

 

しかし、そこで見たイチローは、また違った意味で深みのあるイチローでした。

 

 

以下に少し会見の中身をご紹介します。

 

 

「2012年7月にシアトルにサヨナラを告げて、そのあとニューヨーク、マイアミ、5年半が過ぎたんですけど。。。。。。その間も僕の家はいつもシアトルにあって、ニューヨークから家に帰るときも必ずシアトルの景色を見ながら家に帰る。。。。マイアミからもそうでした。」

 

「いずれ、またこのユニフォームを着て、プレーをしたいという気持ちが、僕のどこかに常にあったんですけども、それを自分から表現することは出来ませんでした。それは、5年半前のことが常に頭にあったので、戻ってきてくれという声は僕のまわりでたくさん聞いたんですけれども、それを僕は聞き流すことしかできなかったんですね」

 

 

「でも、こういう形でまたこのシアトルのユニフォームでプレーする機会をいただいたこと。2001年にメジャーリーグでプレーすることが決まった時の喜びとはまったく違う感情が生まれました」

 

 

「とてもハッピーです」

 

 

この、「とてもハッピーです」と言ったときのイチローは、どこか練度が最高の高みに達しきった、サムライのような、厳しい表情でした。ハッピーという言葉につきものの、柔らかい表情、穏やかな目、そして満面の笑み。はまったくありませんでした。

 
<Sponsered Link>




 

長く、FAの立場で契約先が決まらず、日本に帰ってきたときには「僕はペットショップで売れ残った大型犬みたいなもの」と自虐ネタを披露したときの方がまだ笑ってた。

 

 

そしてその「笑顔ではないイチロー」から、また非常に印象的なセリフが飛び出しました。それがこれ。

 

 

「いろんなことを経験しました。この5年半。。。また耐性が強くなった気がします。耐性というのは、いろいろな事に耐える能力。これは強くなった。明らかに強くなった。。。と感じています」

 

 

このセリフに、「やはりイチローでなければ感じ入ることが出来ない、いろんな出来事があったんだろうなぁ~」と。イチローは天才だと一言で片づけることがいかに乱暴で失礼なことか?を、感じさせるような、イチローの苦悩と成長と葛藤を感じた、そんなセリフでした。

 

 

笑顔がなかったイチロー。だからこそ、何か今までとは違うイチローを見ることが出来そうで、それが今から楽しみでなりません。

 
エディー・バウアー オンラインストア
 
※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!

 
 

 

 

 

サイドバナー




関連記事

スポーツの名言は力が湧くよね。あなたの好きな名言はどんな名言?

最近は「名言」ブームのようだ。書店ではいろんな「名言本」がズラリと並んでいる。それだけ現代人は悩み、

記事を読む

懐かしいけど、どこか新鮮な感覚。金足農業の吉田輝星は「巨人が好き」

「絶対王者」対「雑草軍団」という決勝戦で幕を閉じた第100回全国高校野球選手権。通称「夏の甲子園」。

記事を読む

松井秀喜よ。野球殿堂候補者入りをなんとか10年続けて欲しいね。

久々に日本人として晴れがましい、誇らしいニュースが飛び込んできました。  

記事を読む

日本ハムが広島に上陸!?日本ハムの新球場構想がややこし過ぎる!

プロ野球は日本シリーズ真っただ中。いろいろあったが、ドラフトも終わり、日本プロ野球もいよいよ大詰めで

記事を読む

史上初!伝統の一戦「阪神vs巨人」で日本一決定戦!

プロ野球も大詰めです。   そんな中、とうとう、あの「阪神」と「巨人」が、日本

記事を読む

小平奈緒選手の金メダル受賞インタビューに倣って、私「読裏クラブ」を表す3つの言葉は・・・?

平昌オリンピックでスピードスケート女子初の金メダル選手が誕生しました。小平奈緒選手。そのインタビュー

記事を読む

スポーツと体育は違うもの?

日本人はスポーツが大好き。野球、マラソン、水泳、マラソン、そして今の時代ならサッカー。もちろんプロレ

記事を読む

全国の877球場を巡った斎藤振一郎さんは、幸せを運ぶ野球愛の人。

全国の野球場が877球場あったとして、アナタはその中でどれぐらいの球

記事を読む

勇気をくれた!?広島の新井貴浩が引退!阪神ファンはどう思う?

巨人以外では初めて成し遂げる「リーグ3連覇」に向けて驀進中の広島カープ。  

記事を読む

「正直この町、何もないよね」に心震える。吉田知の名言に泣けます!

平昌オリンピックが始まる頃、正直ここまで僕の中で盛り上がるなんて思ってもいませんでした。「平昌?なに

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




10年ぶりに復活した「入れ替え戦」がヤバ過ぎるぜ!だからサッカーは面白い!

プロ野球になくてJリーグにあるものはなんでしょう?  

8181、ポケベル。50年の歴史に幕

ポケットベル。略してポケベル。   そのポケベル

残ってポンテ!

今回は前回のエントリー「フィンケの退任に思うこと」の続編に当たります(

フィンケ退任に思うこと。

名古屋が優勝したその日、もう一つのニュースが飛び込んできていました。浦

もしも巨人軍に「巨人軍ユース」があったなら?

本日はちょっと「ハイブリッド(掛け合わせ)」なネタ展開です。 &

→もっと見る

  • 2018年12月
    « 11月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑