*

オリンピックからあのマークが消える日!?

来年の事を言えば鬼が笑う・・・と言いますが、かと言って来年になってしまえば、あっという間に「それ」がやってくるので、ここでちょっと言っておきます。2020年、「東京オリンピック」がやってこようとしています。で、そんな今、ちょっと気になるニュースを目にしました。

 

その気になるニュースの本題に入る前に・・・。皆さんは、「オリンピック」にどのようなイメージを持っていますか?

 

華やか?盛大?一大イベント?誘致合戦?巨大権益? まぁ、人それぞれあるでしょう。でもそのオリンピックがある時期、「厄介者」扱いされていたのをご存知でしょうか?この地球上からオリンピック自体が消滅する・・・そんな時代が確実にあったのです。

 

ま、厄介者は言い過ぎかも知れませんが、確実に「あ、ウチはやりまへん!」という、なかなか立候補する国が出て来なかった時期があったのです。理由は「巨大イベント」ゆえの「巨額の出費」です。76年モントリオールオリンピックで10億ドルもの赤字を計上したのを境に一気に風向きが変わったのです。

 

「そんなお金、ウチ、ありまへん!」「巨額の金でスタジアム造っても、あとの維持費がかかり過ぎるし!」「いや、終わったあとよりも、そもそも開催するまでの準備のお金もないし!」

 

てなことで、どんどんと「ウチ、やりまへん!」となって、どこもオリンピックをやる国が出てこない状況になってしまいました。78年のことです。なんと立候補地がロサンゼルスだけになり、そのロサンゼルスも市の財政保証はまったくないという。「ま、立候補するのは勝手やけれど、民間の任意団体(南カルフォルニア・オリンピック委員会=SCCOG)でやってくれたまえ。ロス市は責任もちまへん」という前提での立候補でした。79年に開催地決定の断をくだすIOCとしては、今まで考えもしなかった状況を迎えていたのです。

 

「オリンピックの候補地がなくなる」誰もがオリンピックを忌避し、この地球上からオリンピックが消えてなくなる可能性が高まっていたのです。

 
 

<Sponsered Link>



 

そんな中、この窮地を救ったのが、SCCOGの委員長に就任した「ピーター・ユベロス」その人でした。当時42歳。財政の根拠がないロサンゼルス・オリンピックをどのようにまかなっていくか?を、彼が考えたときに、辿り着いたのが、スポンサードというパトロンをオリンピックと抱き合わせるという手法でした。

 

それ以外にも、テレビの放映権、オリンピックのキャラクター(イーグル・サム)の商標権、聖火の有料一般参加など。一方、選手村は大学の寮を使用、ボランティアを大量に雇って経費を極力まで削減するという手法も同時に取り入れ、金になるものは何でも金にして、無駄な事には一切金を使わないという方針を徹底しました。そんな「入りを図って出ずるを制した」結果、なんと!赤字どころか、2億ドルもの巨額の黒字を計上したのです。

 

この手法は後に「商業主義」と批判されることになるのですが、しかしながら確実にこの手法がオリンピックを救ったのです。

 

おっと・・・

 

あまりにも掴みが長すぎました。ちょっと熱く語ってしまいましたね。

 

そして、この、「オリンピックの商業主義」のシンボルとも言えるのが、あの「M」のマーク。そう、マクドナルドです。

 

この「M」のマーク、とにかく、あらゆるスポーツ大会には必ずと言っていいほど出現してます。オリンピックの選手村には「マクドナルドの食べ放題ショップ」が常に設置されていたとか。

 

オリンピックだけではなく、サッカーのワールドカップもそう、各種の世界選手権もそう。この十数年、誰もがあのマークを見ながら世界のスポーツ大会を見ていたわけです。

 

ところが、なんと!そのマクドナルドが!!・・・2020年の東京オリンピックの最高位スポンサードから降りるという発表をしました。

 

理由は「広告戦略の見直し」というあっけないもの。だいたい、「広告戦略の見直し」ほど便利な言葉はありまへん。実際は「経費削減」や「予算圧縮」です。「巨額の広告に見合う効果がよく見えない」なんていうセリフも常套です。僕ら、広告業界に生きるものとして、この「広告戦略の見直し」という言葉ほど「口惜しい」言葉はありません。クライアントからこう言われたら、ほぞを咬むしかないのです。しかし、まさか、このセリフを、あの巨大広告スポンサードのマクドナルドから聞くとは思わなかったなぁ~。

 

外食産業の厳しさがとうとう東京オリンピックにも及んできた感じです。

 
 

【サッカーショップKAMO】アディダス サッカー日本代表ユニフォーム

※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの広告の下のず~~~っと一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!

サイドバナー




関連記事

大阪ナオミさん、いらっしゃぁ~い!

今回のネタのタイトル。「大阪ナオミ」を見て、「ああ、とうとう読裏さんもここまで老いぼれたか・・・」と

記事を読む

自律神経でソフトバンク退団!ムネリンの壮絶人生!?

あのムネリンこと、川崎宗則選手がソフトバンクを退団!という発表がありました。先日から「行方不明」とか

記事を読む

スポーツの名言は力が湧くよね。あなたの好きな名言はどんな名言?

最近は「名言」ブームのようだ。書店ではいろんな「名言本」がズラリと並んでいる。それだけ現代人は悩み、

記事を読む

全国の877球場を巡った斎藤振一郎さんは、幸せを運ぶ野球愛の人。

全国の野球場が877球場あったとして、アナタはその中でどれぐらいの球

記事を読む

耐性が強くなった。笑顔がなかったイチローの「ハッピー」な復帰会見が非常に印象的。

44歳のイチロー。の、契約がとうとう決まった。契約した球団は、故郷とも言える「シアトル・マリナーズ」

記事を読む

平成とともに走ってきたイチロー。元イチローになって、行ったり来たり!

あと10日で新元号が発表される平成31年3月21日。イチローが引退を発表しました。  

記事を読む

スポーツと体育は違うもの?

日本人はスポーツが大好き。野球、マラソン、水泳、マラソン、そして今の時代ならサッカー。もちろんプロレ

記事を読む

長野久義の広島移籍でFA戦線に異常あり!

年も明けて一週間、1月7日ともなると「さて、今日は七草粥でも食おうかね」なんて思うわけです(食べたこ

記事を読む

何があったんだ?松倉悦郎!?

僕には憧れの職業がある。その1つが、スポーツアナウンサー。試合をお金を払って観るのではなく、お金を貰

記事を読む

連敗の立役者?大引もドン引きの迷言インタビュー!

ヤクルトスワローズの連敗がようやく止まりました。ま、連勝もいずれ止まるし、その逆の連敗だっていずれ必

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




コパ・アメリカのセレソンのロッカールームでの会話

今まであまり詳しいことは述べてこなかったが、我々「読裏グループ」は、世

さすが英国!007に黒人女性。その驚きの表現がまた洒脱

英国のスパイ映画、あのジェームス・ボンドこと007シリーズ。 &

実は僕はフェンダーミラー派。なぜタクシーはフェンダーミラーにするのか?

最近、ふと、思ったことですが・・・。   タクシ

ブラジル戦評を、あの「岡田監督」にインタビューしました。

「日本、王国に惨敗!」   という、見出しがスポーツ

ハムストリングの別名は「紅茶の美味しい〇〇〇」

「歌は世につれ、世は歌につれ」とはよく言われるフレーズであるが、世につ

→もっと見る

  • 2019年7月
    « 6月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券