*

オリンピックからあのマークが消える日!?

来年の事を言えば鬼が笑う・・・と言いますが、かと言って来年になってしまえば、あっという間に「それ」がやってくるので、ここでちょっと言っておきます。2020年、「東京オリンピック」がやってこようとしています。で、そんな今、ちょっと気になるニュースを目にしました。

 

その気になるニュースの本題に入る前に・・・。皆さんは、「オリンピック」にどのようなイメージを持っていますか?

 

華やか?盛大?一大イベント?誘致合戦?巨大権益? まぁ、人それぞれあるでしょう。でもそのオリンピックがある時期、「厄介者」扱いされていたのをご存知でしょうか?この地球上からオリンピック自体が消滅する・・・そんな時代が確実にあったのです。

 

ま、厄介者は言い過ぎかも知れませんが、確実に「あ、ウチはやりまへん!」という、なかなか立候補する国が出て来なかった時期があったのです。理由は「巨大イベント」ゆえの「巨額の出費」です。76年モントリオールオリンピックで10億ドルもの赤字を計上したのを境に一気に風向きが変わったのです。

 

「そんなお金、ウチ、ありまへん!」「巨額の金でスタジアム造っても、あとの維持費がかかり過ぎるし!」「いや、終わったあとよりも、そもそも開催するまでの準備のお金もないし!」

 

てなことで、どんどんと「ウチ、やりまへん!」となって、どこもオリンピックをやる国が出てこない状況になってしまいました。78年のことです。なんと立候補地がロサンゼルスだけになり、そのロサンゼルスも市の財政保証はまったくないという。「ま、立候補するのは勝手やけれど、民間の任意団体(南カルフォルニア・オリンピック委員会=SCCOG)でやってくれたまえ。ロス市は責任もちまへん」という前提での立候補でした。79年に開催地決定の断をくだすIOCとしては、今まで考えもしなかった状況を迎えていたのです。

 

「オリンピックの候補地がなくなる」誰もがオリンピックを忌避し、この地球上からオリンピックが消えてなくなる可能性が高まっていたのです。

 
 

<Sponsered Link>



 

そんな中、この窮地を救ったのが、SCCOGの委員長に就任した「ピーター・ユベロス」その人でした。当時42歳。財政の根拠がないロサンゼルス・オリンピックをどのようにまかなっていくか?を、彼が考えたときに、辿り着いたのが、スポンサードというパトロンをオリンピックと抱き合わせるという手法でした。

 

それ以外にも、テレビの放映権、オリンピックのキャラクター(イーグル・サム)の商標権、聖火の有料一般参加など。一方、選手村は大学の寮を使用、ボランティアを大量に雇って経費を極力まで削減するという手法も同時に取り入れ、金になるものは何でも金にして、無駄な事には一切金を使わないという方針を徹底しました。そんな「入りを図って出ずるを制した」結果、なんと!赤字どころか、2億ドルもの巨額の黒字を計上したのです。

 

この手法は後に「商業主義」と批判されることになるのですが、しかしながら確実にこの手法がオリンピックを救ったのです。

 

おっと・・・

 

あまりにも掴みが長すぎました。ちょっと熱く語ってしまいましたね。

 

そして、この、「オリンピックの商業主義」のシンボルとも言えるのが、あの「M」のマーク。そう、マクドナルドです。

 

この「M」のマーク、とにかく、あらゆるスポーツ大会には必ずと言っていいほど出現してます。オリンピックの選手村には「マクドナルドの食べ放題ショップ」が常に設置されていたとか。

 

オリンピックだけではなく、サッカーのワールドカップもそう、各種の世界選手権もそう。この十数年、誰もがあのマークを見ながら世界のスポーツ大会を見ていたわけです。

 

ところが、なんと!そのマクドナルドが!!・・・2020年の東京オリンピックの最高位スポンサードから降りるという発表をしました。

 

理由は「広告戦略の見直し」というあっけないもの。だいたい、「広告戦略の見直し」ほど便利な言葉はありまへん。実際は「経費削減」や「予算圧縮」です。「巨額の広告に見合う効果がよく見えない」なんていうセリフも常套です。僕ら、広告業界に生きるものとして、この「広告戦略の見直し」という言葉ほど「口惜しい」言葉はありません。クライアントからこう言われたら、ほぞを咬むしかないのです。しかし、まさか、このセリフを、あの巨大広告スポンサードのマクドナルドから聞くとは思わなかったなぁ~。

 

外食産業の厳しさがとうとう東京オリンピックにも及んできた感じです。

 
 

【サッカーショップKAMO】アディダス サッカー日本代表ユニフォーム

※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの広告の下のず~~~っと一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!

サイドバナー




関連記事

僕にも巨人軍の後輩ができました!その名は坂本!

皆さんは、出身の学校で有名人のOBや、有名人の後輩がいらっしゃるでしょうか?  

記事を読む

国民栄誉賞の伊調馨にパワハラ?久々の文春ネタはドロドロした世界

久々に「週刊文春」がぶちまけました。今回のターゲットは、オリンピック4連覇中で地元東京オリンピック5

記事を読む

杉内俊哉の現役引退で、金足農業・吉田輝星君の巨人に入団する可能性が高まる理由。

巨人の杉内俊哉が引退を表明した。村田修一が現役引退を発表したあとを追うように、同じ松坂世代の左のエー

記事を読む

池江璃花子が白血病を公表。頑張れ!頑張れ!そして・・・頑張って・・・勝ってまえ!

競泳の池江璃花子選手が自身の白血病を公表した。日本水泳連盟も緊急会見してその事実を認め、彼女への支援

記事を読む

耐性が強くなった。笑顔がなかったイチローの「ハッピー」な復帰会見が非常に印象的。

44歳のイチロー。の、契約がとうとう決まった。契約した球団は、故郷とも言える「シアトル・マリナーズ」

記事を読む

オリンピックチケット。当たるも幸せ、落ちるも幸せ?

2020年東京オリンピック、チケット抽選結果が6月20日に発表されました。  

記事を読む

何があったんだ?松倉悦郎!?

僕には憧れの職業がある。その1つが、スポーツアナウンサー。試合をお金を払って観るのではなく、お金を貰

記事を読む

スポーツの名言は力が湧くよね。あなたの好きな名言はどんな名言?

最近は「名言」ブームのようだ。書店ではいろんな「名言本」がズラリと並んでいる。それだけ現代人は悩み、

記事を読む

19番が19日に引退表明。上原、意外な涙の引退会見。

巨人の上原が引退を表明しました。選手生活21年。平成の3分の2を生きてきた名選手の一人でした。今まで

記事を読む

女子カーリング「そだね~」は今年の流行語大賞だ!「そだね~」

平昌オリンピックの女子カーリングが俄然盛り上がってます。(そだね~)   この

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




崎陽軒のシウマイと似た世界はここにもあるよ。関西学院の読み方の都市伝説について

ひょんなことから話題になった「崎陽軒のシウマイ」。”ひょんなこと”とい

もしかして人生初?お盆に直撃!台風10号でUターンラッシュに大打撃。車も新幹線もどうなるのか?

お盆の真っただ中。帰省のラッシュも一段落して、あと数日すればUターンラ

サッカー解説者を解説します。

サッカーというスポーツを楽しむ最も一般的な方法は「TV観戦」だろう。

W杯を振り返っている男と「悪魔」と「天使」の会話

人は誰でも二重人格である。 一人の人間の中には、あらゆる葛藤がある。

楽天神戸の補強はどこまで続く?今度は酒井高徳を獲得!

ヴィッセル神戸。私の地元のサッカークラブであり、Jリーグの理念からすれ

→もっと見る

  • 2019年9月
    « 8月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券