*

平成とともに走ってきたイチロー。元イチローになって、行ったり来たり!

あと10日で新元号が発表される平成31年3月21日。イチローが引退を発表しました。

 

誰かが言っていた「イチローは死ぬまで引退しないと思っていた」というのは、まさに。多くの人がそう思ってたんじゃないかな?

 

本人も「どうしても50歳までやりたい」と言っていたので、イチローは「言ったことは実現する」男だと思っていたし、「実現しないことは言わない男」だとも思っていたので、「あと5年は大丈夫」と、勝手に高を括っていたのもあって、今回の「引退発表」は、やはりショックですわ。

 

そりゃ昨年のあの変な「特別補佐」みたいなポジションも特異だったし、2019年の開幕が日本でなければ、また違った契約や引退発表があったとも思います。

 

引退会見で冒頭言っていた「日本で9年、メジャーで19年」。合計28年という年月は、ほぼほぼ平成のそれと同期しています。

 

平成が始まった時にプロに入って、平成が終るその時に引退を発表する。まさに平成とともに走ってきたイチロー。ま、もちろん本人さんはそんな意識はまったくないのだろうけど、妙にそこに感じ入った次第。

 

長嶋茂雄でもなく、王貞治でもなく、江川卓でも、松井秀喜でもなく、独特の存在感・・・というよりも、もう何か突き抜けた感のある存在感。

 

<Sponsered Link>



 

 

でも、記者会見を見る限り、そこはいつものイチローがいました。コトバを選び、思考を巡らせ、時にクールに、、時に熱く、そして真摯に相手に向き合って、相手の様子も見ながら、一つひとつ自分のコトバに頷きながら。

 

しょうもない質問をしたり、自己顕示がチラつくような質問には、容赦なく一蹴するとような回答もあり。これもいつものイチローでした。あの時はちょっと「オシム」を彷彿させたよね。

 

そこで印象的だったのが「行ったり来たり」のくだり。

 

「行ったり来たりって、おかしい?行ったり、行かなかったり?行ったり来たりっていつも行ってるみたいだね。1軍に行ったり、2軍に行ったり。そうかこれが正しいか・・・」

 

これ、ええよねぇ~。これがイチローだよね。最後の終わり方も「お腹すいた」で終わっちゃう。

 

いつもフランク、いつもフラット。そんな印象でした。まさに平成の時代に相応しい立ち振る舞いだったように思うな。

 

あとは、カズかぁ~。。。あれ?僕、変なこと言ってます!?大丈夫?(爆)

 

【サッカーショップKAMO】アディダス サッカー日本代表ユニフォーム

※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの広告の下のず~~~っと一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!

サイドバナー




関連記事

全国の877球場を巡った斎藤振一郎さんは、幸せを運ぶ野球愛の人。

全国の野球場が877球場あったとして、アナタはその中でどれぐらいの球

記事を読む

私も星野仙一さんとの秘話を少しだけ。

2018年1月6日朝、衝撃が走りました。「星野仙一氏 死去」のニュースを、起床した僕の横に置いてある

記事を読む

松井秀喜よ。野球殿堂候補者入りをなんとか10年続けて欲しいね。

久々に日本人として晴れがましい、誇らしいニュースが飛び込んできました。  

記事を読む

小平奈緒選手の金メダル受賞インタビューに倣って、私「読裏クラブ」を表す3つの言葉は・・・?

平昌オリンピックでスピードスケート女子初の金メダル選手が誕生しました。小平奈緒選手。そのインタビュー

記事を読む

勇気をくれた!?広島の新井貴浩が引退!阪神ファンはどう思う?

巨人以外では初めて成し遂げる「リーグ3連覇」に向けて驀進中の広島カープ。  

記事を読む

スポーツの名言は力が湧くよね。あなたの好きな名言はどんな名言?

最近は「名言」ブームのようだ。書店ではいろんな「名言本」がズラリと並んでいる。それだけ現代人は悩み、

記事を読む

平成最後の日本シリーズ、MVPはキャノン甲斐!

平成最後の日本シリーズ、関門橋シリーズはソフトバンクの4勝1敗1分けで2年連続9度目の優勝となりまし

記事を読む

池江璃花子が白血病を公表。頑張れ!頑張れ!そして・・・頑張って・・・勝ってまえ!

競泳の池江璃花子選手が自身の白血病を公表した。日本水泳連盟も緊急会見してその事実を認め、彼女への支援

記事を読む

国民栄誉賞の伊調馨にパワハラ?久々の文春ネタはドロドロした世界

久々に「週刊文春」がぶちまけました。今回のターゲットは、オリンピック4連覇中で地元東京オリンピック5

記事を読む

耐性が強くなった。笑顔がなかったイチローの「ハッピー」な復帰会見が非常に印象的。

44歳のイチロー。の、契約がとうとう決まった。契約した球団は、故郷とも言える「シアトル・マリナーズ」

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




もしかして人生初?お盆に直撃!台風10号でUターンラッシュに大打撃。車も新幹線もどうなるのか?

お盆の真っただ中。帰省のラッシュも一段落して、あと数日すればUターンラ

サッカー解説者を解説します。

サッカーというスポーツを楽しむ最も一般的な方法は「TV観戦」だろう。

W杯を振り返っている男と「悪魔」と「天使」の会話

人は誰でも二重人格である。 一人の人間の中には、あらゆる葛藤がある。

楽天神戸の補強はどこまで続く?今度は酒井高徳を獲得!

ヴィッセル神戸。私の地元のサッカークラブであり、Jリーグの理念からすれ

吉野家の数量限定サーロイン使用「特選 すきやき重」は、本当に数量限定なんだろうか?

私(読裏)は、普段は広告戦略やマーケティングなどのコンサルティングをし

→もっと見る

  • 2019年8月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券