*

人的補償の巨人・高木勇人。西武へ行っても「僕は僕です!」だよ。

公開日: : スポーツ

巨人軍から西武ライオンズへ・・・一人の投手が移籍することなりました。

 

その名は「高木勇人」。巨人が獲得したFA選手、野上亮磨の代わりに人的補償として、巨人を去るという。。。まあ、FA制度の陰の部分として、以前からこの人的補償という存在は、独特の世界観を放ってましたよね。

 

25歳という年齢で巨人にドラフト3位で入団した3年前、「僕は僕です!」という名言を、初勝利のインタビューで発した高木勇人。あれから3年。初年度の働きから、今後の活躍が期待されていましたが、プロ野球の世界は甘くなく・・・、彼の持ち球は研究し尽くされ、徐々にその輝きを失いつつあったこのタイミングでの人的補償。

 

そもそも人的補償は、プロテクトという、これまた独特の世界観とセットのコトバ。「この選手達は出せまへん。リストで書いてますやろ。そやから、もしFAの代償が金銭ではなくて、選手を欲するんなら、このリスト以外から獲っておくんなまし」という代物。

 

つまり当該球団から見たら「プロテクト外」ということは、「獲られるのもやむなし」「出ていっても致し方ない」というか「どうしても出せないという選手ではない」ということを本人に通知するのも同然という。。。人的補償というよりも人権侵害みたいな(苦笑)。まさしく選手は「駒」のような扱いを受ける、そんな雰囲気が、この暮れの切なさも相まって、かなり強まります。

 

FAと言えば巨人。巨人と言えばFA!ということは、それだけ人的補償も多く発生しているはず。というわけで、ちょっと確認してみました。やっぱり、います。います。人的補償がズラリといます。以下はその歴代の巨人から他球団に移った人的補償の選手。

 
<Sponsered Link>



 

1995年 川辺 忠義 投手 ⇒ 日本ハム (河野 博文 投手の人的補償)

2001年 平松 一宏 投手 ⇒ 中日   (前田 幸長 投手の人的補償)

2005年 小田 幸平 捕手 ⇒ 中日   (野口 茂樹 投手の人的補償)

江藤 智  内野手 ⇒ 西武  (豊田 清  投手の人的補償)

2006年 工藤 公康 投手 ⇒ 横浜   (門倉 健  投手の人的補償)

2011年 藤井 秀悟 投手 ⇒ 横浜   (村田 修一 内野手の人的補償)

2013年 一岡 竜司 投手 ⇒ 広島   (大竹 寛  投手の人的補償)

2013年 脇谷 亮太 内野手 ⇒ 西武  (片岡 治大 内野手の人的補償)

2014年 奥村 展遠 内野手 ⇒ ヤクルト(相川 亮二 捕手の人的補償)

 

獲りも獲ったり、出しも出したり・・・(苦笑) です。

 

でも、この人的補償を見ると、「え?出ていった方が、獲った選手より活躍してるじゃん!?」という例もチラホラと見受けられます。一番代表的なのは広島へ行った「一岡」投手。今や、大竹(寛)よりも、一岡の方が一軍に近い。今、広島に「大竹と一岡を交換トレードしてくれない?」ってお願いしても、あっさりと断られるでしょうな。

 

FAベタの巨人。こうやって見てみると、FAで獲った選手よりも活躍した(している)人的補償選手もいるわけで。高木勇人だってそんな選手にならないとも限らないよ。だから西武に行っても「僕は僕です!」と思って是非頑張って欲しいよね。

 

 

 

 

 

 

サイドバナー




関連記事

杉内俊哉の現役引退で、金足農業・吉田輝星君の巨人に入団する可能性が高まる理由。

巨人の杉内俊哉が引退を表明した。村田修一が現役引退を発表したあとを追うように、同じ松坂世代の左のエー

記事を読む

勇気をくれた!?広島の新井貴浩が引退!阪神ファンはどう思う?

巨人以外では初めて成し遂げる「リーグ3連覇」に向けて驀進中の広島カープ。  

記事を読む

「正直この町、何もないよね」に心震える。吉田知の名言に泣けます!

平昌オリンピックが始まる頃、正直ここまで僕の中で盛り上がるなんて思ってもいませんでした。「平昌?なに

記事を読む

スポーツの名言は力が湧くよね。あなたの好きな名言はどんな名言?

最近は「名言」ブームのようだ。書店ではいろんな「名言本」がズラリと並んでいる。それだけ現代人は悩み、

記事を読む

松井秀喜よ。野球殿堂候補者入りをなんとか10年続けて欲しいね。

久々に日本人として晴れがましい、誇らしいニュースが飛び込んできました。  

記事を読む

全国の877球場を巡った斎藤振一郎さんは、幸せを運ぶ野球愛の人。

全国の野球場が877球場あったとして、アナタはその中でどれぐらいの球

記事を読む

スポーツと体育は違うもの?

日本人はスポーツが大好き。野球、マラソン、水泳、マラソン、そして今の時代ならサッカー。もちろんプロレ

記事を読む

国民栄誉賞の伊調馨にパワハラ?久々の文春ネタはドロドロした世界

久々に「週刊文春」がぶちまけました。今回のターゲットは、オリンピック4連覇中で地元東京オリンピック5

記事を読む

平成最後の日本シリーズ、MVPはキャノン甲斐!

平成最後の日本シリーズ、関門橋シリーズはソフトバンクの4勝1敗1分けで2年連続9度目の優勝となりまし

記事を読む

私も星野仙一さんとの秘話を少しだけ。

2018年1月6日朝、衝撃が走りました。「星野仙一氏 死去」のニュースを、起床した僕の横に置いてある

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




10年ぶりに復活した「入れ替え戦」がヤバ過ぎるぜ!だからサッカーは面白い!

プロ野球になくてJリーグにあるものはなんでしょう?  

8181、ポケベル。50年の歴史に幕

ポケットベル。略してポケベル。   そのポケベル

残ってポンテ!

今回は前回のエントリー「フィンケの退任に思うこと」の続編に当たります(

フィンケ退任に思うこと。

名古屋が優勝したその日、もう一つのニュースが飛び込んできていました。浦

もしも巨人軍に「巨人軍ユース」があったなら?

本日はちょっと「ハイブリッド(掛け合わせ)」なネタ展開です。 &

→もっと見る

  • 2018年12月
    « 11月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑