*

長野久義の広島移籍でFA戦線に異常あり!

年も明けて一週間、1月7日ともなると「さて、今日は七草粥でも食おうかね」なんて思うわけです(食べたことないけど・・・爆)

 

そんな「そろそろ今年も通常モードでいきますか」てな雰囲気の矢先も矢先。

 

まるで「地震」か何かがあったかのように、一斉にどのサイトでもトップを飾り、僕が入れているスポーツ系のアプリでは数秒おきに「号外級の、速報」という形で、長野久義(巨人)の広島移籍のニュースが飛び込んできました。

 

いわゆる「丸」のFAに伴う人的補償ってやつ。年内には広島側が「実力がある選手なら、たとえ高額でも行く(指名する)用意がある」なんて言ってたので、その宣言通りといやぁ宣言通りなんですが、やっぱり驚いたっすわ。

 

たぶん巨人も驚いたでしょうな。プロテクトから外している当人(巨人)としては「獲られても致し方なし」と、形上は解っているものの、「ま、そこまでエゲツナイことはせんやろぅ」という、どこか今までの延長線上で今回も考えていたのではないだろうか?

 

「広島が『良い選手がいたらたとえ高額でも行く』なんて言ってるのも、どうせそうやってベテランをプロテクトさせて枠から漏れた有望若手を狙うという、ブラフやろう?」ってタカをくくっていた感もないとは言えない。だから「長野も思い切って外して、若手を守ろう」と。「願わくば、大竹(寛)なんかを獲ってくれたらそれこそ御の字」みたいに甘く読んでいたのではないだろうか?

 

なので、こうやって実際に長野がプロテクトのリストから外れていたというのもプチ驚きだったし、長年の「そのチームらの顔」であり「ベテラン」である選手を、獲るという文化、風潮が、今までの日本球界にはあまりなかったから。

 

ある時「工藤公康」がそんな感じでプチサプライズだったけど、巨人側からすれば「しょせん工藤は外様」だったわけでね。

 

たとえプロテクトから外れていたとしても、ある一時代を築いた、功労者というステータスの選手を人的補償で獲るというのは、どこか一種球界の不文律というか、忖度というか、「そこまでは出来へんよなぁ~」っていう空気感があって、なかなかこういうのって出来ないと思ってました。

 

だから巨人はFAで獲り放題!やり放題!だったわけでね。「FA得」こそあれ「FA損」というのはまったく存在していなかったと言ってもいい。

 

<Sponsered Link>



 

でも、これでちょっと変わるんじゃないかなぁ~。プロテクトの28人枠って、結構リストを作る方からすると「しんどい作業」なんだろうと思います。なんせ「人」のことだけにいろんな事がからむもんね。

 

今回の長野といい、その前の内海だって、「巨人に入りたい!」ということで数回のドラフト指名を蹴ってようやく巨人入りを果たしたわけで、従来の価値観であれば「まずプロテクト枠」から外れることはなかっただろうに。それが今回あっさりと外されてました。

 

今までなら、「本当はあと1~2年辛抱すれば開花するかも?」といった若手がプロテクトからはずれて他球団に移籍。ファンも「ま、誰かいかんとあかんねんからしょうがないわね」的な、「ふ~ん、ま、その辺の若手なら持っていってくれや」的な、どこか無責任な感情が主流をしめていて「獲れた選手」にばかり意識がいってました。

 

でも、どうやら今回はそんな「あと1~2年辛抱すれば~」という選手がかなりプロテクトされたらしい。それはリストを貰った広島関係者も「巨人は若手をしっかりと抑えていた」という証言からも伺えます。

 

まさに、時代やねぇ~。

 

こうなると、今後FA戦線に参入するときに、今以上に「でも誰か獲られるんだぜ?プロテクトリスト作らんとアカンねんで?」というリスクというか、鬱陶しさというか、マイナス部分も頭によぎることになって「それぐらいやったらFAで獲るの、やめへん?」みたいになってきそうな気がしないでもない。

 

その昔、まだ読裏少年がサッカー部に入る前、いわゆる少年野球というものをやっていた小学生高学年。その頃本屋で立ち読みしていた「週刊ベースボール」で読んだ大リーグの移籍事情。ある年のA球団のクリーンアップの一人とある年のB球団のクリーンアップの一人がそのまま次の年に入れ替わっていたという、そんな記事を読んだときにはほとんどその事実に理解が出来ず「アメリカみたいなことは、日本では絶対に起こらない」と思い込んでいました。

 

だって、「長嶋」と「田淵」が、次の年にお互いの球団が入れ替わって阪神vs巨人戦するなんて、5000%あり得なかったもんね。

 

でも、来年は、あの赤ヘルの3番打者が巨人のユニフォームを着て、あの赤ヘルのユニフォームで長野がドームで試合をする(もしかしたらスターティングメンバ―で3番に座ったりするかも)。

 

いやぁ~、日本もエライ時代に突入したもんです。まさにこれからのフリーエージェントを左右するエポックなメーキングがハップンしましたね(BY 長嶋茂雄)。

 

【サッカーショップKAMO】アディダス サッカー日本代表ユニフォーム

※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの広告の下のず~~~っと一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!

サイドバナー




関連記事

日本ハムが広島に上陸!?日本ハムの新球場構想がややこし過ぎる!

プロ野球は日本シリーズ真っただ中。いろいろあったが、ドラフトも終わり、日本プロ野球もいよいよ大詰めで

記事を読む

全国の877球場を巡った斎藤振一郎さんは、幸せを運ぶ野球愛の人。

全国の野球場が877球場あったとして、アナタはその中でどれぐらいの球

記事を読む

史上初!伝統の一戦「阪神vs巨人」で日本一決定戦!

プロ野球も大詰めです。   そんな中、とうとう、あの「阪神」と「巨人」が、日本

記事を読む

スポーツと体育は違うもの?

日本人はスポーツが大好き。野球、マラソン、水泳、マラソン、そして今の時代ならサッカー。もちろんプロレ

記事を読む

国民栄誉賞の伊調馨にパワハラ?久々の文春ネタはドロドロした世界

久々に「週刊文春」がぶちまけました。今回のターゲットは、オリンピック4連覇中で地元東京オリンピック5

記事を読む

池江璃花子が白血病を公表。頑張れ!頑張れ!そして・・・頑張って・・・勝ってまえ!

競泳の池江璃花子選手が自身の白血病を公表した。日本水泳連盟も緊急会見してその事実を認め、彼女への支援

記事を読む

杉内俊哉の現役引退で、金足農業・吉田輝星君の巨人に入団する可能性が高まる理由。

巨人の杉内俊哉が引退を表明した。村田修一が現役引退を発表したあとを追うように、同じ松坂世代の左のエー

記事を読む

懐かしいけど、どこか新鮮な感覚。金足農業の吉田輝星は「巨人が好き」

「絶対王者」対「雑草軍団」という決勝戦で幕を閉じた第100回全国高校野球選手権。通称「夏の甲子園」。

記事を読む

「正直この町、何もないよね」に心震える。吉田知の名言に泣けます!

平昌オリンピックが始まる頃、正直ここまで僕の中で盛り上がるなんて思ってもいませんでした。「平昌?なに

記事を読む

松井秀喜よ。野球殿堂候補者入りをなんとか10年続けて欲しいね。

久々に日本人として晴れがましい、誇らしいニュースが飛び込んできました。  

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




平成とともに走ってきたイチロー。元イチローになって、行ったり来たり!

あと10日で新元号が発表される平成31年3月21日。イチローが引退を発

イチローより有名な日本人!名前が動詞化したKon-Mariとは誰?

イチロー選手が2019年のメジャー開幕を日本で開催するマリナーズ。そこ

目からウロコ!「大人の文章講座」を読むと、文章への苦手意識がぶっ飛びますよ!

突然ですが、皆さん、文章を書くのは得意ですか?得意かどうかは別にして文

セブン・イレブンよ。初心に帰ろうぜ!?

セブン・イレブン。   こう聞いて &nb

新記録が更新されたら連続記録は途切れるの法則

「記録は破られるためにある」   誰が最初に語っ

→もっと見る

  • 2019年3月
    « 2月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑