*

全国の877球場を巡った斎藤振一郎さんは、幸せを運ぶ野球愛の人。

公開日: : スポーツ

全国の野球場が877球場あったとして、アナタはその中でどれぐらいの球場に足を運んだことがあるでしょうか?

 

どれだけ野球好きな人でも両手で足りるほどの球場しか知らないのが普通だと思うのですよ。ところが、その877個の球場を一人でコツコツと、ホントにコツコツといった表現がピッタリな訪れ方をした一人の「野球狂」の本が出ました。

 

それが「全国野球場巡り:877ヵ所訪問観戦記」という本。著者は「斎藤振一郎」という人。この人の生きざまと、この人の野球愛が、この本にはビッシリと、そりゃもう、文字通りビッチリと詰まっています。

 

人となりはどこかの作家さんのよう。それもそのはずで、この人のキャリアは元放送作家です。担当番組は「プロ野球ニュース」や「ショーアップナイター」なので、プロ野球が開催される野球場が当然仕事場になるのですから、セミプロの野球関係者とも言えなくはないのですが、ご本人と野球場の関わりは、セミプロどころかプロもまっ青ォ!という恐ろしく濃いものです。そういう仕事をしている人でもちょっと真似できないぐらいのもので、この人の上を越えようとしたら、そういうセミプロよりも、どこか飛びぬけた「アマチュア、マニア」の方が出来るのでは?と思いますが・・・「いやいや~~、この人の上を行くなんてちょっとやそっとでは無理やろうなぁ~」と思います。

 

この事典のような(実際、球場事典と言っても過言ではないです)分厚い本には、斎藤さんの足跡がそこら中に残されていて、野球好きの人でなくてもページをどんどんめくっていってしまいます。

 

例えば

 

<Sponsered Link>



 
一番広い球場。外野後方に富士山が見える球場。外野後方に太平洋の海波が見える球場。スタンドもなく、外野のフェンスは金網しかない球場。中学生の大会しか実施されない球場。初公式戦の第1球が本塁打となった球場。その他にも写真つきで、僕たちの知らない球場がどしどし紹介されています。

 

斎藤さんが「この球場は来た」と、記録に残すその条件がまた凄い。ただ単純に「訪ねた」だけではダメで、「その球場で試合が行われて、その試合のスコアを付けた」という条件をクリアしなければ球場巡りの数にカウントしないらしいのです。

 

「別にそこまでこだわらんでも・・・誰も見てへんし、誰も解らへんし」と思うのですが、ご本人はいたって大真面目であります。

 

だから「まだ行った事がない球場でも、そこで試合をしてくれないとダメなんですよ。例えば日本生命さんが作った球場は是非行ってカウントしたいのですが、そこで行われる試合の日程がなかなか合わなくて」なんて・・・。誰もそのルールを破っても、誰も何も責めないと思うんだけど(苦笑)

 

男性はこういうマニアとかコレクションとかが大好きなんですが、それでも斎藤振一郎さんのこだわりは、そんな男性でも失笑するというか、ある種の憧れを持つほどのレベルです。

 

野球場のスコアだけがご本人のこだわりではなくて、その野球場へ行くまでの旅程、行程もご本人のこだわりの一つ。すべて自腹での一人旅。新幹線とタクシーは使わない。ある地方では駅から徒歩60分かかるような球場でも歩いて行くとか。

 

「だから、初めての球場へ行く日は、雨が降らないように祈るんです。遠方に来て雨で試合が中止になると、現地で一日中図書館に行って時間をつぶすしかないんです」という話を聞く、それだけで親近感が湧きます。

 

「中学生の大会でスタンドのない野球場で一人フェンス越しにスコアを付けていると、【高校野球からのスカウト】だと勘違いして、選手のお母さんがジュースや差し入れをくれるんです(苦笑)」なんてエピソードも、この人ならうなずけます。しかも「スカウトのフリ」をして、ちゃっかりジュースをいただく・・・なんてことはせずに、ご丁寧にも「いえ。私はこういうものですから」と、素性を明かして律儀にその差し入れはお断りするとか。

 

「野球が好き。そしてその野球に人生がかかっているのが好き。だから球場の大小ではないし、立派かどうかも関係ないんです。野球のその一球の行方でその人の人生の先が変わっていくかもしれない。そんな運命の瞬間に自分が立ち会えているというのが嬉しいんですよね」というセリフが斎藤振一郎さんの哲学を表しています。

 

語り口調はどこかあの「掛布」さんに似ています。本当に野球が好きなその人柄。斎藤振一郎さんが有名になったら、それこそ差し入れを持っていく隙も、自由に彼と話す空間も、持てなくなるかもしれないですから、もしどこかの球場で「斎藤さんらしき」人を見かけたら、勇気を出して「斎藤さん?」と、声を掛けてはいかがでしょうか?

 

その時は凄く幸せな時間を一緒に過ごせると思いますよ。

サイドバナー




関連記事

人的補償の巨人・高木勇人。西武へ行っても「僕は僕です!」だよ。

巨人軍から西武ライオンズへ・・・一人の投手が移籍することなりました。   その

記事を読む

国民栄誉賞の伊調馨にパワハラ?久々の文春ネタはドロドロした世界

久々に「週刊文春」がぶちまけました。今回のターゲットは、オリンピック4連覇中で地元東京オリンピック5

記事を読む

耐性が強くなった。笑顔がなかったイチローの「ハッピー」な復帰会見が非常に印象的。

44歳のイチロー。の、契約がとうとう決まった。契約した球団は、故郷とも言える「シアトル・マリナーズ」

記事を読む

史上初!伝統の一戦「阪神vs巨人」で日本一決定戦!

プロ野球も大詰めです。   そんな中、とうとう、あの「阪神」と「巨人」が、日本

記事を読む

懐かしいけど、どこか新鮮な感覚。金足農業の吉田輝星は「巨人が好き」

「絶対王者」対「雑草軍団」という決勝戦で幕を閉じた第100回全国高校野球選手権。通称「夏の甲子園」。

記事を読む

オリンピックからあのマークが消える日!?

来年の事を言えば鬼が笑う・・・と言いますが、かと言って来年になってしまえば、あっという間に「それ」が

記事を読む

女子カーリング「そだね~」は今年の流行語大賞だ!「そだね~」

平昌オリンピックの女子カーリングが俄然盛り上がってます。(そだね~)   この

記事を読む

羽生永世七冠の偉大さを、わかりやす~~~~~~く説明することにトライしてみました。

  羽生善治19世名が「永世七冠」を獲得した。と、一行で書けば書けるこの偉業。でもこ

記事を読む

松井秀喜よ。野球殿堂候補者入りをなんとか10年続けて欲しいね。

久々に日本人として晴れがましい、誇らしいニュースが飛び込んできました。  

記事を読む

何があったんだ?松倉悦郎!?

僕には憧れの職業がある。その1つが、スポーツアナウンサー。試合をお金を払って観るのではなく、お金を貰

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




新元号決定直前企画!新元号の本命はコレだ!?

いよいよあと数日で新元号が発表されます。発表は4月1日の月曜日、まさに

明らかに世代交代!新元号なんだから、新BIG3と呼ばずに(新元号の)新御三家と呼んで欲しいよね!?

キリンチャレンジの2試合が終りました。今回は南米の2ヶ国、コロンビアと

平成とともに走ってきたイチロー。元イチローになって、行ったり来たり!

あと10日で新元号が発表される平成31年3月21日。イチローが引退を発

イチローより有名な日本人!名前が動詞化したKon-Mariとは誰?

イチロー選手が2019年のメジャー開幕を日本で開催するマリナーズ。そこ

目からウロコ!「大人の文章講座」を読むと、文章への苦手意識がぶっ飛びますよ!

突然ですが、皆さん、文章を書くのは得意ですか?得意かどうかは別にして文

→もっと見る

  • 2019年4月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
PAGE TOP ↑