*

ロシアワールドカップ直前、ハリルホジッチ大物助っ人と契約!?

先の欧州遠征で課題が浮き彫りになったハリルジャパン。毎回このタイミングで必ず「更迭」の提案をするセルジ●越後氏でなくても、ハリルホジッチのサッカーがどのようなものを目指しているのか?が、解らなくなってきているのも事実で、ハリルホジッチもそのあたりのまわりの自分への目はかなり過剰なほど意識しているらしい。

 

 

そんなハリルジャパンの将来にとって大きな力となる存在が今日明らかとなったのだ(★)。

 

 

就任以来、異例づくしのハリルジャパンがまた異例の契約を結んだ(★)。

 

 

それはハリルジャパン専属公式広報担当兼コメンテーター兼ブロガーとして、そして何と「ハリルホジッチ」個人の専属広報兼スポークスマンとして、あのスポナビの伝説ブロガー「読裏クラブ」氏と特別契約を結んだことが明らかになった(★)。

 

 

多くのクラブで監督業を営んできたハリルホジッチ氏であるが、そのパーソナリティーはかなり個性的ともいえ、最も有名なものは対マスコミへのスタンスである。

 

 

自らのフットボール観を理解しようとせず、「答えが先にありき」という質問をするマスコミに対しては容赦ない態度を今まで見せてきた。それが一部には「マスコミ嫌い」で「偏狭」というレッテルを貼られてきた原因の一つとなっている。

 

 

ハリルホジッチ氏もこのことについては自覚もあり、日本代表監督のオファーを受けるに当たってもっとも考慮した要素の一つだと言う。

 

 

そんなハリルホジッチ氏が目につけたのが「読裏クラブのワンツー通し」というブログだった(★)。

<Sponsered Link>




「なんじゃ!これは!?このフットボールに対する限りない愛情と寛容を感じる筆力は筆舌に尽くし難い!」と、ハリルホジッチ氏自身が認め、日本代表監督就任以来、協会を通じて、またあらゆるコネクションを通じて「読裏クラブ氏」に接触を持とうとしていた(★)。

 

 

「彼の表現力とフットボールへの造詣は、我々日本代表の大きな力となるだろう」とハリルホジッチ氏ははっきりと断言している(★)。

 

 

ちなみに、「読裏クラブのワンツー通し」は、かのフランスでもフランス語に訳されて発信されており、ハリルホジッチ氏も以前からこのブログの愛読者の一人だった(★)。

 

 

「僕のブログのあの関西弁の部分をどうやってフランス語で表現できるねん?信じられへんわ!」と言いながらもこの話を聞いた読裏氏はまんざらでもなさそう(★)。

 

 

「読裏氏」も「前向きに検討」と言いながらも、「仕事がめちゃめちゃ忙しいし、私生活もそれなりにやらなアカンことがごっつぃ多いんよねぇ~」と、就任には慎重な態度を示していた(★)。

 

 

しかし、本日4月1日、正式に読裏氏から就任要請受諾の返事がハリルホジッチ氏に伝えられ、さきほど3時間前に正式契約に至ったという(★)。

 

 

今後はハリルホジッチが活動するところに影のように寄り添い、そしてハリルホジッチのフットボール観を読裏クラブが解り易く、時に勇壮に、時にユーモラスに、そして時に威厳に満ちていくに違いない(★)。

 

 

(★)には「・・・という噂がないわけでもないらしいが、かと言ってこれがまったくの真実ではないという事もないということもあり得ないことではないという噂を聞いたことがある」という言葉を代入して、上記文章を完成させてください。

 

 

「なぁ、読裏さんよ、ようもまぁこんだけベタベタなエイプリルフールネタをアップさせよんなぁ~。その神経、信じられへんわ!」と、仰る方。誰がエイプリルフールやねん!?そんなん解らへんやろ!?もしかしてもしかしたらこれがキッカケでホンマに専属広報の契約話が舞い込みかもしれんやん!?

 

ちなみに過去のエイプリルフールの日にアップしたネタはこんなんです。残念ながらまだこのうちのどれも実現してません!(爆)

 

ガンバ大阪の遠藤保仁、マンチェスター・ユナイテッドへ移籍か!?

元祖天才、あのレジェンド礒貝洋光が現役復帰でガンバ大阪へ!?

ジョゼ・モウリーニョ、今夏、ガンバ大阪監督就任内定へ!?

「読裏クラブワンツー通し」が遂に書籍化決定へ!?

※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!

 
 

 

サイドバナー




関連記事

サッカーにおいて世界との距離を測る単位について

日本のサッカーが世界の中でどれぐらいの位置にいるのか?どれぐらいのポジションにいて、トップレベルとは

記事を読む

伝統とは何を守るものなのか?

先日の「東京○○ディ」の新体制発表会で新任監督の表明が少し気になりました。  

記事を読む

サッカーにおける旧くて新しい公式です

我々は、一つの出来事を記号で表わすことが多い。ひとつの事象を説明する際に「言葉の羅列」よりもより真実

記事を読む

負けているチームの残り5分。パワープレーへの切替は正しいのだろうか?

先日は「10年間のブログで最も読まれた記事」というタイトルで、ロングボール(放り込み)についても問題

記事を読む

サッカーの死語をアナタはどこまでご存知ですか?

ここに来られる皆さんの中で「インナー・ハーフ」という言葉をご存知の方は何人ぐらいいらっしゃるのでしょ

記事を読む

違いを生み出す違い。一流選手に学ぶこと。

このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」にて掲載さ

記事を読む

10年間のブログで最も読まれた記事「なぜロングボールの放り込みに批判が集まるのか?」

今回は、私が2008年から2018年まで10年間スポナビさんでアップしたブログの記事1,063本の中

記事を読む

元祖天才、あのレジェンド礒貝洋光が現役復帰でガンバ大阪へ!?

先日は、「40歳でJリーガーになった男 安彦考真」という、驚きのニュースが飛び込んできた矢先・・・

記事を読む

完全無欠な域に達したサッカー選手と、完全無欠な域に到達するブロガー

某所某サイトでこんな記事を見つけました。冒頭にお断りですが、このネタは、2008年から2018年まで

記事を読む

移籍先よりも、そのタイミングが問題だと思うのです。

【お断り】  このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




『ホンマに来るの?度』史上最大!あのイニエスタがやってくる!その計り知れない影響度

イニエスタが神戸にやってくる?というニュースを最初に見たときには「おう

アーセン・ヴェンゲル退任。遂にこの時がきた!さぁ、次はどこへ?言いたいことは解るよね?

ふと気付くと、4月も終盤に差し掛かってきているではないか?あと何日かす

「ローマは一日にしてならず」は、サッカー界の新しい「ことわざ」 です。

世の中にはいろいろ機知に富んだ「ことわざ」がある。アナタは「ことわざ」

後任は西野さん?ハリルホジッチ電撃解任で遠藤復帰も!?

ハリルホジッチ解任!の一報が携帯の速報で朝一番に飛び込んできました。ち

小柳ルミ子さんでなくても、普通の主婦でも解る!完全保存版「読裏サッカー用語辞典」【ヤ】【ワ】【ン】の巻

今年はワールドカップイヤー。サッカーフリーク、フットボール雀としては血

→もっと見る

  • 2018年5月
    « 4月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
PAGE TOP ↑