*

サッカーにおいて世界との距離を測る単位について

日本のサッカーが世界の中でどれぐらいの位置にいるのか?どれぐらいのポジションにいて、トップレベルとはどれぐらいの差があるのか?距離があるのか?そしてその世界との距離を測る尺度について、少し考えてみたいと思います。

 

まぁ、俗っぽく言えば「俺ら今どの辺につけてるんやろ?」っちゅうことです。

 

非常に常識的には「FIFAランキング」なんですが、これがまったく「当てにならん」というのもこれまた世界の常識です。

 

ドイツW杯の時の日本のFIFAランクを額面通りにとっていた人間なんて、日本のマスコミの一部しか世界に存在しなかったのではないですかな。だからオーストラリアに負けても、まったく驚かなかったしね。

 

FIFAランキングが当てにならん以上、それじゃ「W杯の出場回数」というのも一つの尺度ですが、それですと「今現在!」の尺度という要素が薄れます。

 

で、こういうのはいかがでしょうか?どこかで誰かも同様の意見をお持ちだったような気はしますが、敢えてもう一度。いわゆる現在世界で最もレベルが高いと称される「ヨーロッパ・チャンピオン・リーグ」のゲームでの自国選手の出場者数です。CLP(チャンピオンズ・リーグ・プレイヤーの略)という記号ででこれを数値化します。GNPやGDPと似てるでしょ!?・・・ちょっと違うか。

 

これを採用すると、CLPの現在の数値、過去4年間の数値、最高値、などが算出されます。もっと正確性を高めようとするのなら、その出場時間(分)数、CLPM(チャンピオンズ・リーグ・プレイヤー・ミニッツの略)というのも算出可能なはずです。

 

<Sponsered Link>



 

もちろん異論はあるでしょう。「おいおい!ヨーロッパのリーグで世界を計るってどういうこっちゃ!」という南米からの異論。

 

「W杯をいわした(勝ったという意。関西弁?)数で決めたらええやんけ!」という「ウルグアイ」や「フランス」の声。

 

チャンピオンズ・リーグの前身の「チャンピオンズ・カップ」や「カップ・ウィナーズ・カップ」また「TOYOTAカップ」は入れるのか?どうか?などなど。

 

 

まぁ、そこは適時決済していただければいいのですが、でもどんな計測の方法をとっても多分、おそらく、このCLPのトップは「ブラジル」なんでしょうねぇ。次は?ドイツ?それとも?僕はどんなトップクラブでもしっかりとそこに根付いて、きっちりと勝利のための駒に徹することが出来る「アルゼンチン」が、いつもギリギリとブラジルと首位争いをしているのではないか?と思っておりますです。

 

どなたかこれについて詳しい情報の方、「いっぺん僕が(私が)そのスコア、数えてみよか?」という、奇特な方はいらっしゃいませんか?その時、「日本」って何位なんでしょ?




このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」にて掲載された中で2008年1月21日にアップされた記事を加筆修正して再掲載したものです。

 

※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!

 

サイドバナー




関連記事

天皇杯で見られる夢

日本サッカー最大のオープン大会、天皇杯。先週の週末から天皇杯が始まりました。と、言っても本当の天皇杯

記事を読む

川崎サポの横断幕がヒット!「マオタイ酒はみんなのもの」

【お断り】このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」

記事を読む

ハリルホジッチ、日本代表監督就任秘話。

【お断り】このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」

記事を読む

レッドカードとイエローカードは、日常用語となりました。

私、フットボーラー(サッカーを愛している人の意・・・です)にとって、日本の日常会話ですごく気になるこ

記事を読む

元祖天才、あのレジェンド礒貝洋光が現役復帰でガンバ大阪へ!?

先日は、「40歳でJリーガーになった男 安彦考真」という、驚きのニュースが飛び込んできた矢先・・・

記事を読む

私が愛した「労働者」第1回目 ジャン・ティガナ

今回新たにシリーズを追加します!追加といっても、今までアップしたエントリーで、シリーズめいたもんは「

記事を読む

完全無欠な域に達したサッカー選手と、完全無欠な域に到達するブロガー

某所某サイトでこんな記事を見つけました。冒頭にお断りですが、このネタは、2008年から2018年まで

記事を読む

読裏クラブへの10の質問

今日は、ゆる~~く、私への質問コーナーを設けました。私の好みを知っていただくつもりで、雑談質問コーナ

記事を読む

私の天才列伝。3回目は「ジェイジェイ・オコチャ」

結構好きな私のシリーズネタ「私の天才列伝!」。今回はその3回目です。1回目は「礎貝洋光」、2回目は「

記事を読む

イングランドスポーツとアメリカンスポーツ

「イングランド」がフットボールの発祥の地である!と、いうフレーズは、皆さんどこかで聞かれたことがある

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




世界を知る101冊

皆さんは、秋の夜長、どのような本を手にお過ごしでしょうか? 僕は

消費税からみで最も秀逸な広告

いよいよ、ついに、本当に、消費税がアップされるらしいです。「上げる、上

つい手を出してしまったキーパーの取り調べ室での会話

ここはとある取調室。一人の男が取締官の尋問を受けている。今回はそんなシ

読裏クラブへの10の質問

今日は、ゆる~~く、私への質問コーナーを設けました。私の好みを知ってい

ドフリーが外れる科学的根拠についての論文発表です

今回は私の長年の研究の成果を皆さんにご披露したい。苦節○十年、ようやく

→もっと見る

  • 2018年10月
    « 9月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑