*

サッカーにおいて世界との距離を測る単位について

日本のサッカーが世界の中でどれぐらいの位置にいるのか?どれぐらいのポジションにいて、トップレベルとはどれぐらいの差があるのか?距離があるのか?そしてその世界との距離を測る尺度について、少し考えてみたいと思います。

 

まぁ、俗っぽく言えば「俺ら今どの辺につけてるんやろ?」っちゅうことです。

 

非常に常識的には「FIFAランキング」なんですが、これがまったく「当てにならん」というのもこれまた世界の常識です。

 

ドイツW杯の時の日本のFIFAランクを額面通りにとっていた人間なんて、日本のマスコミの一部しか世界に存在しなかったのではないですかな。だからオーストラリアに負けても、まったく驚かなかったしね。

 

FIFAランキングが当てにならん以上、それじゃ「W杯の出場回数」というのも一つの尺度ですが、それですと「今現在!」の尺度という要素が薄れます。

 

で、こういうのはいかがでしょうか?どこかで誰かも同様の意見をお持ちだったような気はしますが、敢えてもう一度。いわゆる現在世界で最もレベルが高いと称される「ヨーロッパ・チャンピオン・リーグ」のゲームでの自国選手の出場者数です。CLP(チャンピオンズ・リーグ・プレイヤーの略)という記号ででこれを数値化します。GNPやGDPと似てるでしょ!?・・・ちょっと違うか。

 

これを採用すると、CLPの現在の数値、過去4年間の数値、最高値、などが算出されます。もっと正確性を高めようとするのなら、その出場時間(分)数、CLPM(チャンピオンズ・リーグ・プレイヤー・ミニッツの略)というのも算出可能なはずです。

 

<Sponsered Link>



 

もちろん異論はあるでしょう。「おいおい!ヨーロッパのリーグで世界を計るってどういうこっちゃ!」という南米からの異論。

 

「W杯をいわした(勝ったという意。関西弁?)数で決めたらええやんけ!」という「ウルグアイ」や「フランス」の声。

 

チャンピオンズ・リーグの前身の「チャンピオンズ・カップ」や「カップ・ウィナーズ・カップ」また「TOYOTAカップ」は入れるのか?どうか?などなど。

 

 

まぁ、そこは適時決済していただければいいのですが、でもどんな計測の方法をとっても多分、おそらく、このCLPのトップは「ブラジル」なんでしょうねぇ。次は?ドイツ?それとも?僕はどんなトップクラブでもしっかりとそこに根付いて、きっちりと勝利のための駒に徹することが出来る「アルゼンチン」が、いつもギリギリとブラジルと首位争いをしているのではないか?と思っておりますです。

 

どなたかこれについて詳しい情報の方、「いっぺん僕が(私が)そのスコア、数えてみよか?」という、奇特な方はいらっしゃいませんか?その時、「日本」って何位なんでしょ?




このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」にて掲載された中で2008年1月21日にアップされた記事を加筆修正して再掲載したものです。

 

※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!

 

サイドバナー




関連記事

「ボスニアの巨匠」にインタビューしました。

今日は一人の「ボスニアの巨匠」に話しを聞けることができました。ので、そのインタビューを再現します。

記事を読む

サッカーの神様

ボスニアのW杯初出場のタイミングで某雑誌で「ドーハの悲劇」を特集しておりました。ボスニアだって、W杯

記事を読む

サガン鳥栖の選手が、腰痛や筋肉痛にならない理由をご存知ですか?

実は最近腰痛が酷いんです。だから毎日ほぼ24時間、僕の腰には例のものが貼ってあります。そう・・・かの

記事を読む

我思う。スポーツの原点とは?

最近ね、つくづく思うことがあるんですよ。いや、別に大して改めて言うことではないのかもしれんのですが、

記事を読む

持っている男 と 持っていない男

【お断り】このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」

記事を読む

勢いって何?勢いという名の生き物っているの?

どんなスポーツにも出てくる言葉があります。「勢い」って言葉。   例えば・・・

記事を読む

美しきもの

我々が生きる人生において「美しきもの」はどれぐらいあるだろう?   「美」意識

記事を読む

残ってポンテ!

今回は前回のエントリー「フィンケの退任に思うこと」の続編に当たります(苦笑)。いや、続編というより、

記事を読む

シュート練習で枠を外したら罰金100円!?

【お断り】このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」

記事を読む

創刊30周年記念特集!ナンバー750号。その手は桑名の焼き蛤!

【お断り】このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




崎陽軒のシウマイと似た世界はここにもあるよ。関西学院の読み方の都市伝説について

ひょんなことから話題になった「崎陽軒のシウマイ」。”ひょんなこと”とい

もしかして人生初?お盆に直撃!台風10号でUターンラッシュに大打撃。車も新幹線もどうなるのか?

お盆の真っただ中。帰省のラッシュも一段落して、あと数日すればUターンラ

サッカー解説者を解説します。

サッカーというスポーツを楽しむ最も一般的な方法は「TV観戦」だろう。

W杯を振り返っている男と「悪魔」と「天使」の会話

人は誰でも二重人格である。 一人の人間の中には、あらゆる葛藤がある。

楽天神戸の補強はどこまで続く?今度は酒井高徳を獲得!

ヴィッセル神戸。私の地元のサッカークラブであり、Jリーグの理念からすれ

→もっと見る

  • 2019年8月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券