*

天皇杯で見られる夢

日本サッカー最大のオープン大会、天皇杯。先週の週末から天皇杯が始まりました。と、言っても本当の天皇杯はGWぐらいから始まってるんやけどね。

 

市や地域のそれこそ4部のチームが戦っていく天皇杯って、ホンマのスタートってその辺からでしょ?で、そんな連中が県のトップの座を狙って(市の4部レベルが県のトップに勝てるわけないんやけど)、その県のトップが登場しだしたのが、この週末からということです。

 

僕はこの天皇杯って結構好きなんですよ。

 

何と言っても「アマ」が「プロ」とガチンコ勝負するってのがいいですよね。
ジャイアントキリングが生まれれば生まれるほど、天皇杯が自分の中で盛り上がっていきます。

 

<Sponsered Link>



 

で、その県のトップの顔ぶれを見ますと、「お馴染みの常連さん」から「新参者」までいろいろな顔ぶれです。この中で目立つのが「○○○○+地域名」というクラブ。いわゆる、「お?こいつら、J目指してるんやな?」というスタンスがクラブ名で感じるところが、一昔前にくらべてグンバツに増えてきたように思います。

 

「カターレ富山」とか「ファジアーノ岡山」とか「ガイナーレ鳥取」とかは既に準加盟ということで確認できますし、その他、準加盟はまだとはいえ「時期が来たら」というクラブもあるでしょう。
「バンディオンセ加古川」とかは明確にその姿勢を公表していますし、「かりゆし」なんかもそれを眼中に入れているのかな?「グルージャ盛岡」さんなんかもそうらしいですよね?どんどん増えていって欲しいですな、こういうクラブって。

 

それに、今回「都道府県代表」に出られなかったクラブの中にも「いずれは・・・」Jを目指しているところもあるんでしょう。もしかしたら、来年、その夢の一歩を踏み出してやろうというサッカークラブがどこかでいま、力と情熱を秘めているのかもしれません。

 

いやぁ~、勉強不足なもんで、そういう地道な努力を続けて今日の今を迎えている人達を知ることができるのも「天皇杯」のまたもう一つの魅力だとも思います。「マンU」や「バルサ」でサッカーを楽しむのももちろんありなんですが、こういう人達の大切な一戦を見る(知る)のも僕なんかは楽しいし、好きですね。

 

そういう人達がもっともっと増えて、J加盟のクラブがもっともっと増えて、J3やJ4が出来て、隣町のJ3のクラブからJ1のクラブに買われる若者が出て来たり、、隣町のあの○○屋の親父が、昔J3の○○○が天皇杯であのビッグクラブを倒したときの決勝ヘッドを決めたんだろ?」みたいな、町の伝説が生まれたり、そういう土壌がどんどん拡がって、そういう土壌からどんどん誇れるような選手が生まれて、その全ての頂点に「代表」がある・・・。そういう世界って・・・ええよなぁ~~。

 

毎年の天皇杯の1回戦の参加クラブ(チーム)の名前を見ると、毎年その夢へ近づいている実感があって、少し幸せな気分になれます。

 

【お断り】このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」にて掲載された中で2008年9月16日にアップされた記事を再掲載したものです。従いまして、現在と時制や内容に整合が取れていないところもあります。スポナビにて掲載された(旧)「読裏クラブのワンツー通し」のアーカイブの意味も含めての再掲載としておりますので、予めご了承ください。でも、ネタ的には「ええ線」行ってるのもあるんで、一つの作品として、そしてまた「読裏クラブってこんなヤツやねんね・・・」と知っていただく意味でご一読いただければ望外の歓びでございます。

 

【サッカーショップKAMO】アディダス サッカー日本代表ユニフォーム

※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの広告の下のず~~~っと一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!

 

サイドバナー




関連記事

もっともブランド価値の高い日本人選手の条件は?

実は僕も最近知ったのだが、阿部の所属先(レスターシティ)の監督が誰だか皆さんはご存知だろうか?阿部の

記事を読む

私が愛した「労働者」第1回目 ジャン・ティガナ

今回新たにシリーズを追加します!追加といっても、今までアップしたエントリーで、シリーズめいたもんは「

記事を読む

私の天才列伝。その2回目。君は『佐々木博和』を知っているか?

皆さんはどこまでご存知だろうか?彼を・・・。その名は『佐々木博和』 もちろん大魔神とし

記事を読む

チームコンセプト。それはサッカーの命です。皆んなでチームコンセプトを考えよう!

今回は、ある大会に向けてかなり戦術を練って練習を積み、切磋琢磨するある高校サッカーチームの練習風景を

記事を読む

「ボスニアの巨匠」にインタビューしました。

今日は一人の「ボスニアの巨匠」に話しを聞けることができました。ので、そのインタビューを再現します。

記事を読む

「ストッキング」を「ずらしてもいい」という時代

みなさんはサッカー選手が、「ストッキング」を「ずらしてもいい」という時代があったことをご存知でしょう

記事を読む

川崎サポの横断幕がヒット!「マオタイ酒はみんなのもの」

【お断り】このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」

記事を読む

これだから、僕はモウリーニョが好きなんだよ!

【お断り】このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」

記事を読む

完璧な選手とは?

バルセロナのアンドレス・イニエスタが、「完璧な選手とは?」という質問に対し、このように答えたらしい。

記事を読む

プラチナが輝くとき

私のような年齢になりますと、「時代が変わったなぁ~」と、思う瞬間を何度か経験します。 &nbs

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




新元号決定直前企画!新元号の本命はコレだ!?

いよいよあと数日で新元号が発表されます。発表は4月1日の月曜日、まさに

明らかに世代交代!新元号なんだから、新BIG3と呼ばずに(新元号の)新御三家と呼んで欲しいよね!?

キリンチャレンジの2試合が終りました。今回は南米の2ヶ国、コロンビアと

平成とともに走ってきたイチロー。元イチローになって、行ったり来たり!

あと10日で新元号が発表される平成31年3月21日。イチローが引退を発

イチローより有名な日本人!名前が動詞化したKon-Mariとは誰?

イチロー選手が2019年のメジャー開幕を日本で開催するマリナーズ。そこ

目からウロコ!「大人の文章講座」を読むと、文章への苦手意識がぶっ飛びますよ!

突然ですが、皆さん、文章を書くのは得意ですか?得意かどうかは別にして文

→もっと見る

  • 2019年4月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
PAGE TOP ↑