*

天皇杯で見られる夢

日本サッカー最大のオープン大会、天皇杯。先週の週末から天皇杯が始まりました。と、言っても本当の天皇杯はGWぐらいから始まってるんやけどね。

 

市や地域のそれこそ4部のチームが戦っていく天皇杯って、ホンマのスタートってその辺からでしょ?で、そんな連中が県のトップの座を狙って(市の4部レベルが県のトップに勝てるわけないんやけど)、その県のトップが登場しだしたのが、この週末からということです。

 

僕はこの天皇杯って結構好きなんですよ。

 

何と言っても「アマ」が「プロ」とガチンコ勝負するってのがいいですよね。
ジャイアントキリングが生まれれば生まれるほど、天皇杯が自分の中で盛り上がっていきます。

 

<Sponsered Link>



 

で、その県のトップの顔ぶれを見ますと、「お馴染みの常連さん」から「新参者」までいろいろな顔ぶれです。この中で目立つのが「○○○○+地域名」というクラブ。いわゆる、「お?こいつら、J目指してるんやな?」というスタンスがクラブ名で感じるところが、一昔前にくらべてグンバツに増えてきたように思います。

 

「カターレ富山」とか「ファジアーノ岡山」とか「ガイナーレ鳥取」とかは既に準加盟ということで確認できますし、その他、準加盟はまだとはいえ「時期が来たら」というクラブもあるでしょう。
「バンディオンセ加古川」とかは明確にその姿勢を公表していますし、「かりゆし」なんかもそれを眼中に入れているのかな?「グルージャ盛岡」さんなんかもそうらしいですよね?どんどん増えていって欲しいですな、こういうクラブって。

 

それに、今回「都道府県代表」に出られなかったクラブの中にも「いずれは・・・」Jを目指しているところもあるんでしょう。もしかしたら、来年、その夢の一歩を踏み出してやろうというサッカークラブがどこかでいま、力と情熱を秘めているのかもしれません。

 

いやぁ~、勉強不足なもんで、そういう地道な努力を続けて今日の今を迎えている人達を知ることができるのも「天皇杯」のまたもう一つの魅力だとも思います。「マンU」や「バルサ」でサッカーを楽しむのももちろんありなんですが、こういう人達の大切な一戦を見る(知る)のも僕なんかは楽しいし、好きですね。

 

そういう人達がもっともっと増えて、J加盟のクラブがもっともっと増えて、J3やJ4が出来て、隣町のJ3のクラブからJ1のクラブに買われる若者が出て来たり、、隣町のあの○○屋の親父が、昔J3の○○○が天皇杯であのビッグクラブを倒したときの決勝ヘッドを決めたんだろ?」みたいな、町の伝説が生まれたり、そういう土壌がどんどん拡がって、そういう土壌からどんどん誇れるような選手が生まれて、その全ての頂点に「代表」がある・・・。そういう世界って・・・ええよなぁ~~。

 

毎年の天皇杯の1回戦の参加クラブ(チーム)の名前を見ると、毎年その夢へ近づいている実感があって、少し幸せな気分になれます。

 

【お断り】このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」にて掲載された中で2008年9月16日にアップされた記事を再掲載したものです。従いまして、現在と時制や内容に整合が取れていないところもあります。スポナビにて掲載された(旧)「読裏クラブのワンツー通し」のアーカイブの意味も含めての再掲載としておりますので、予めご了承ください。でも、ネタ的には「ええ線」行ってるのもあるんで、一つの作品として、そしてまた「読裏クラブってこんなヤツやねんね・・・」と知っていただく意味でご一読いただければ望外の歓びでございます。

 

【サッカーショップKAMO】アディダス サッカー日本代表ユニフォーム

※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの広告の下のず~~~っと一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!

 

サイドバナー




関連記事

20世紀で輝いたサッカープレイヤー100人

少し旧聞に属しますが、先日いつもチェックしているブログにて紹介されていたのが、「20世紀で輝いたサッ

記事を読む

あの人は今

旧い方には懐かしい響きかも知れません。ご存知でしょうか?「あの人は今」。日テレが創始のようですが、人

記事を読む

サッカーの神様

ボスニアのW杯初出場のタイミングで某雑誌で「ドーハの悲劇」を特集しておりました。ボスニアだって、W杯

記事を読む

Jリーグの試合を観た人は幸せである

私は某キリスト教の学校出身です。   ですので、毎日、授業と同様に「礼拝」とい

記事を読む

抱腹絶倒サッカー中継「めっちゃ風邪ひいてんねん!」

今回は、まったく、他人様(=ひとさま)からの受け売りです。オリジナリティーもなにもないです。ええ。

記事を読む

勢いって何?勢いという名の生き物っているの?

どんなスポーツにも出てくる言葉があります。「勢い」って言葉。   例えば・・・

記事を読む

負けているチームの残り5分。パワープレーへの切替は正しいのだろうか?

先日は「10年間のブログで最も読まれた記事」というタイトルで、ロングボール(放り込み)についても問題

記事を読む

それに僕は風邪も引いていない

11月も終盤になると、もう季節は冬。通勤電車ではコートの襟を立てるサラリーマンが増えるし、マフラーを

記事を読む

イングランドスポーツとアメリカンスポーツ

「イングランド」がフットボールの発祥の地である!と、いうフレーズは、皆さんどこかで聞かれたことがある

記事を読む

違いを生み出す違い。一流選手に学ぶこと。

このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」にて掲載さ

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


サイドバナー




もしかしたら、もしかするのか?と、思わせる試合結果。

延期になった東京オリンピックまであとちょうど1年となった20200年7

ブルックス・ブラザーズとニーマン・マーカスとモドリッチとクライフと。

JCペニー、ニーマン・マーカス、Jクルー・・・。こういうブランドを聞い

「彼」のような立場になるとマトモに生きる自信がない。

「彼」の評判がどんどん上がっている。 今「彼」は、超ビッグなワー

ついに再開したJリーグ。そこでは懐かしい景色が

コロナ禍で止まっていたJリーグが、ついに再開。  

ブンデスリーガ66日ぶりに再開!世界にフットボールが戻ってきた!

世界にフットボールが戻ってきた!と、大袈裟に言いたくなる気持ちをおさえ

→もっと見る

  • 2020年8月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券