*

国際試合の意味は?本当の狙いは別なところにある説。

7月最後の日となった31日、各地でクラブ間の国際親善試合が行われた。浦和はあのバイエルンと、横浜Mはあの(?)ボーフムと、そしてFC東京はオリンピアと。結果はともかく、はっきり言いまして、この3試合、私(わたくし)は、その存在自体よく把握しておりませんでした。水曜日ではなく木曜日というのもそれに拍車を掛けてました。各報道を見て「え?そんなんやってたん?」てのが正直な感想です。

この試合を実現させた関係者各位のご努力には敬意を表します。またこの試合で何かを得た選手(特に若手)もいることでしょう。特にバイエルン・ミュンヘンなんていうビッグネームを目の前で見ることができた「ちびっ子」諸君は、きっと忘れられない光景を目に焼き付けたでしょう。その光景を脳裏に刻み込んで将来のJリーガーを目指して欲しいとも思います。

それでも、やっぱり、思うんです。

何で今こんな親善試合をやるわけ?
って。

「お前も素人やのぅ~。向こうがオフの間やからに決まってるやん?」ですか?

それならこう質問したい。

「向こうはオフでもこっちはオンでっせ?」と。

それでもこうおっしゃるかも知れません。

「ええやないか!?こんなビッグクラブが来て試合するんやから。嫌なら見んとけや!」って。

それでもこうお答えしたい。

「ビッグクラブってボーフムが?」と。

百歩譲って「ウラワvsバイエルン」は提携同士のフレンドリーマッチメイクの結果だからと思えんこともないんですが、「ボーフム」なんて完全に「小野」目当てでしょ?「小野の凱旋」という売りをカマして、チケット売りさばこうという魂胆が見え隠れしてしまうわけですよ。小野が行ってなかったらこのクラブ、ぜぇ~~~ったいに日本には来てないでしょ?

小野だって内心「そんなん、せんでもええって・・・」って思ってるんじゃないのかな?

例えばこういうノリなんじゃないでしょうか?あちら側は。

 

<Sponsered Link>



 

同僚「おう!今度のオフはどうするんや?」

当人「え?監督から聞いてない?今度のオフに遠征があるって・・・」

同僚「え~?聞いてへんで?で、遠征ってどこよ?」

当人「僕の故郷(田舎)のチームと練習試合してもらうらしいんだ」

同僚「お前の故郷(田舎)って・・・え~~~?あんな遠いとこ?そんなん聞いてへんで~~オフは?俺のオフは?」

当人「だから、その遠征が終わってからってことになるんじゃないかな?」

同僚「そんなん知らんで。俺。関係ないし!俺は行かへんで!」

当人「そうかぁ~・・・」

同僚「当たり前やん!何が悲しゅうて、お前の故郷まで行ってクソ暑い中、試合せんとあかんねん。お前の凱旋ツアーやろ?お前がやれや!」

当人「そりゃそうなんだけどさ」

同僚「若い連中を連れて行ったらええんとちゃう?レベル的に考えてもさ」

当人「まぁ、それでもいいんだけど。でも、クラブから何も聞いてないの?」

同僚「だから、何も聞いてないって!何がよ?」

当人「お小遣い・・・貰えるらしいんだ。」

同僚「!!??」

当人「それに、試合が終わったら・・・」

同僚「終わったら?」

当人「コンパ・・・もあるんだって。俺の高校の卒業生も故郷に帰ってるらしいから」

同僚「それって・・・?」

当人「うん。一人はアナウンサーになってるらしいし、一人は東京で社長秘書してる・・・」

同僚「来るの?そいつら」

当人「うん。多分」

同僚「飯は?飯はどうするわけ?」

当人「もちろん、故郷の有名な【しゃぶしゃぶ】か【てんぷら】か【すし】なんじゃないかな?」

同僚「・・・・」

当人「食べたこと、ある?」

同僚「・・・・ない」

当人「どうする?行く?それともここでオフにする?」

同僚「しゃぁないなぁ~~。他でもないお前の凱旋やしな。つきあわへんかったらお前に恨まれるやないか!」

当人「そんなんじゃないけど。行く?」

同僚「ああ。当たり前やないか!何回も言わせんなよ!俺も身体を鈍らせないためには試合の一つや二つはこなさな

あかんと思ってたんや!試合は適当に流すけど、試合後はきっちりゴール決めたるからな!」

まぁ、ここまで「お品」が下がっているかどうかは解りませんが、彼等のモチベーションを「上」げるためには多少「下」も必要なのかもしれません。

だから、もう一度言いたいんです。

「そこまでしてこの時期にこの試合する意味あるの?」って。

【サッカーショップKAMO】スパイク&シューズ特集

 

このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」にて掲載された中で2008年08月01日にアップされた記事を加筆修正して再掲載したものです。

 

サイドバナー




関連記事

「ボスニアの巨匠」にインタビューしました。

今日は一人の「ボスニアの巨匠」に話しを聞けることができました。ので、そのインタビューを再現します。

記事を読む

「ストッキング」を「ずらしてもいい」という時代

みなさんはサッカー選手が、「ストッキング」を「ずらしてもいい」という時代があったことをご存知でしょう

記事を読む

伝統とは何を守るものなのか?

先日の「東京○○ディ」の新体制発表会で新任監督の表明が少し気になりました。  

記事を読む

違いを生み出す違い。一流選手に学ぶこと。

このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」にて掲載さ

記事を読む

私の天才列伝。その2回目。君は『佐々木博和』を知っているか?

皆さんはどこまでご存知だろうか?彼を・・・。その名は『佐々木博和』 もちろん大魔神とし

記事を読む

イングランドスポーツとアメリカンスポーツ

「イングランド」がフットボールの発祥の地である!と、いうフレーズは、皆さんどこかで聞かれたことがある

記事を読む

創刊30周年記念特集!ナンバー750号。その手は桑名の焼き蛤!

【お断り】このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」

記事を読む

持っている男 と 持っていない男

【お断り】このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」

記事を読む

サッカーの死語をアナタはどこまでご存知ですか?

ここに来られる皆さんの中で「インナー・ハーフ」という言葉をご存知の方は何人ぐらいいらっしゃるのでしょ

記事を読む

宝石と原石の間(ハザマ)で。

【お断り】このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




秋は引退の季節。一人の男が引退を決めた理由に「それ、わかるな~」。

秋です。秋といえば?まぁ、いろいろありますが、これでもアスリートの端く

試合に負けて勝負に勝った!FC石破。次こそリベンジだ!

自民党総裁選が終わりました。結果は、「安倍晋三」現首相の3選。前評判通

神戸の新監督はグラディオーラの師匠、ファン・リージョ。いよいよ本気か!?

異例だった。「ヴィッセル神戸の吉田監督が退任し、午後から新監督が発表さ

no image
パンペキ!ディミッタ~ル・ベルヴァ~ットフ!

僕の好きなプレーヤー。   「遠藤」・・・に、

天皇杯で見られる夢

日本サッカー最大のオープン大会、天皇杯。先週の週末から天皇杯が始まりま

→もっと見る

  • 2018年9月
    « 8月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
PAGE TOP ↑