*

サッカーの神様

ボスニアのW杯初出場のタイミングで某雑誌で「ドーハの悲劇」を特集しておりました。ボスニアだって、W杯ではないものの、ユーロでは「あと一歩」というところの挫折というか、辛苦を味わっています。だからこそ掴んだ夢の大きさや、歩んできた道程の長さを想い、あのオシムでも涙を流したのかもしれません。

 

こういう苦難や挫折や絶望を乗り越えて掴む勝利。

 

ええねぇ~。

 

これぞスポーツの醍醐味。

 

これぞフットボールの醍醐味だと思います。

 

で、ちょっと秋の夜長に考えたりしたわけです。

本当の勝利とは?本当の勝利を掴む者とは?

なんてことをね。

ここで問題です。

 

A)めちゃめちゃ巧くて、めちゃめちゃテクニックがあって、負けることなんて考えてない・・・けど、ちょっとサッカーを舐めてるような感じの実力派チーム。

 

B)巧くはないけど、いつもサッカーの事を考えていて、サッカーが大好きで、だけどいつもあと一歩というところで勝ちから見放されて・・・でも、それでも、サッカーに捧げる気持ちは誰よりも強いというチーム。

 

このA)とB)が、「ここぞ!」という大一番に臨んだら、どちらが「勝つ」でしょうか?ポストに嫌われるのはどちらで、ルーズボールが転がってくるのはどちらにでしょうか?

 

昔はね、僕もね、若い頃はね、こんな問題を出されてもね・・・

 

「何言ってるの?●●ちゃうか?そんなのA)に決まってるじゃん!?巧いもんが勝つわけ!それが現実やねん!そんなんどうしようもないねん!」

 

って答えてたと思うわけですよ。

 
 

<Sponsered Link>



 

でもね、僕もね、それなりに年齢を重ねてきたわけよ。

 

ドーハの悲劇も見てきたわけよ。

 

サッカーを通して人生を見てしまうわけよ。

 

そうするとね。

 

どっちかというとね。

 

思い入れが入っちゃってね。

 

「B)に勝って欲しいよなぁ~。B)が勝たんとあかんよなぁ~。そらB)やろう?B)や!B)!」

 

みたいになっちまうわけ。

「サッカーの神様」っていると思うようになってきたわけよ。

 

「サッカーの神様」がきっと見てくれているさ!だから頑張ろうぜ!」って思うようになってきてるわけよ。

歳かな(爆)
 

このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」にて掲載された中で2013年10月23日にアップされた記事を加筆修正して再掲載したものです。メッチャ旧いネタですので今日現在で読んでも「あ?なに?これ?」てな感じなのですが、スポナビでアップしたネタをとりあえず全ネタこちらに引越しする過程として本日アップしております。どうぞご了承くださいますと同時に、芳香なワインを楽しむごとく、懐かしいネタを存分にお楽しみくださいませ(爆)

 

サイドバナー




関連記事

君はあの(芸術的)スルーパスを見たか?

美しい星、地球。   その美しい星、地球には、美しいものが数多く存在している。

記事を読む

オシム「名将になるための10カ条」

ここに来られる聡明な読者の皆さんの中には、私の「癖」というか「性」をよくご存知の方も多いでしょう。

記事を読む

キンモクセイの薫る頃。それは〇〇〇の季節。

今まさに秋ど真ん中。空は高く青く、空気は澄んで、キンモクセイの香りが心地よい季節です。それに目に見え

記事を読む

国際試合の意味は?本当の狙いは別なところにある説。

7月最後の日となった31日、各地でクラブ間の国際親善試合が行われた。浦和はあのバイエルンと、横浜Mは

記事を読む

美しきもの

我々が生きる人生において「美しきもの」はどれぐらいあるだろう?   「美」意識

記事を読む

完璧な選手とは?

バルセロナのアンドレス・イニエスタが、「完璧な選手とは?」という質問に対し、このように答えたらしい。

記事を読む

あの人は今

旧い方には懐かしい響きかも知れません。ご存知でしょうか?「あの人は今」。日テレが創始のようですが、人

記事を読む

身体能力とは何ぞや?

今回は「【身体能力】について、その解明と分析をどなたかにお願いしたい」。という、「問い掛け」を含めた

記事を読む

クライフの革命的なコトバ。もっと早くそれ言って欲しかったわ。

今回はクライフのネタです。     クライフの有名な言葉に「ボ

記事を読む

サッカーにおいて世界との距離を測る単位について

日本のサッカーが世界の中でどれぐらいの位置にいるのか?どれぐらいのポジションにいて、トップレベルとは

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




祝!50年ぶりの優勝!関西学院高サッカー部が兵庫県代表に!

50年と言えば、半世紀。半世紀といえば、一世紀の半分。つまり四半世紀の

オーナーの中のオーナー。まさにKING OF OWNER!

昔から「〇〇の中の〇〇」という表現があります。例えば「男の中の男」とか

25年前と25年後のベスト10

突然ですが。。。   1位 住友金属 2位 富

おめでとうヤット!でもヤットの偉業は、まだまだ続く!

このブログを「スポナビ」時代から読んでいただいている読者の方々であれば

11月4日は何の日でしょうか?はい、私もそのうちの一人です。

今このブログは11月4日に書いています。   さ

→もっと見る

  • 2018年11月
    « 10月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
PAGE TOP ↑