*

Jリーグの試合を観た人は幸せである

私は某キリスト教の学校出身です。

 

ですので、毎日、授業と同様に「礼拝」という時間があったし、そこでは讃美歌を歌い、聖書を読み、講話を聞いて学生時代を過ごしました。授業には「聖書」という科目もあり、そこではイエスの言葉を習ったりしました。

 

それが、今の人生で、どこまで役に立っているのか?は、よく解りませんが、少なくとも「聖書」というものは他の日本人よりは少しは身近にありました。そんな聖書では有名なフレーズがいくつかありまして、今回紹介するネタもそのフレーズを使ったある種のパロディであります。

 

ネタは、2008年の12月6日にアップしたものですので、もう10年前になりますが、そのネタの根本は10年経った今でも何ら変わるものではありません。いや、まさに、2000年前の聖書の教えは、まったくもって偉大です。

 

というわけで、前置きはこの辺にして、当時のネタを再掲載します。

 
 

<Sponsered Link>



 

2008年12月6日。

 

札幌で試合を観た人は幸いである。
何故なら彼等は「勝利者」の雄叫びを目の前で見ることができたから。「人生の成功」の瞬間に立ち会えたことで彼等の人生も、より成功者へとその道を進むことだろう。

 

大分で試合を観た人は幸いである。
何故なら人生でのたゆまぬ努力の継続の大切さと、人生で夢を追うことの大切さを、彼等は知ることができたから。「あと一歩」で真の勝利を目前にした彼等は、より「勝利への欲望」を今よりも強めていくことだろう。

 

神戸で試合を観た人は幸いである。
何故なら自分達が信じていたクラブが自分達の信じるに値するクラブへと成長する一里塚を越えるとことに立ち会えたのだから。彼等はより自分達の信じるクラブへそのエネルギーを注ぐことだろう。

 

新潟で試合を観た人は幸いである。
何故ならどんなときでも、本当は、自分達には力があるのだ・・・と、実感できたのだから。ACLチャンピオンを最終戦でホームで打ち破った彼等は、次なるステップへ悠々と羽ばたいて行くことだろう。

 

京都で試合を観た人は幸いである。
何故なら1年間戦ってきて自分達が掴んだものをしっかりと確認できたのだから。「中位クラブ」というしっかりとした?ブランドを身につけた彼等は、サッカーの本質を見極め、真のサッカークラブへと生まれ変わるきっかけを今日、掴んだことだろう。

 

磐田で試合を観た人は幸いである。
何故なら自分達が思っている以上に自分達以外も成長し、琢磨しているのだということを、彼等は知ることができたのだから。そしてそれを如何に自分達の力としてつぎの闘いに臨むのか?を、彼等は知ったことだろう。人生にはネクストチャンスが必ずあるんだ!ということを彼等ほど今、実感している者はいないだろう。

 

川崎で試合を観た人は幸いである。
何故なら彼等は人生で何をしてはいけないか?人生で失敗する途は何か?を知ることができたのだから。人は今ある力のみで生きるのではなく、人は長期的な視野とたゆまぬ努力で成功を掴み取るのだということを、彼等はこれから多くの人々に伝えていくことだろう。

 

浦和で試合を観た人は幸いである。
何故なら彼等は「幻想と錯覚」というものがどんなものか・・・?を知ることができたのだから。巨大になった組織を、巨大になった野望を、人はどうやって維持、実現するか?に彼等は頭を悩ますことだろう。堕ちることへの恐怖、崩れる時の速さを彼等が知ったとき、彼等の力がまた復活するのだろう。

 

千葉で試合を観た人はもっとも幸いである。
何故なら彼等は人生で大切なもの・・・を今日知ったのだから。彼等の今日の一日は、彼等の人生の中でもっとも光輝き、もっとも記憶に残ることだろう。彼等の人生で、今日という日を思い出すとき、彼等は決して諦めず、彼等の人生を雄々と生きて行くに違いない。

 

今日、サッカーに生きた、全ての人々は幸いである。
何故ならこのような素晴らしいスポーツに、このように愛する人々に、すべての選手に、すべてのサポーターに、感謝の念を持つことができたのだから。

 
 

このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」にて掲載された中で2008年12月06日にアップされた記事を加筆修正して再掲載したものです。メッチャ旧いネタですので今日現在で読んでも「あ?なに?これ?」てな感じなのですが、スポナビでアップしたネタをとりあえず全ネタこちらに引越しする過程として本日アップしております。どうぞご了承くださいますと同時に、芳香なワインを楽しむごとく、懐かしいネタを存分にお楽しみくださいませ(爆)
 

【サッカーショップKAMO】アディダス サッカー日本代表ユニフォーム

※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの広告の下のず~~~っと一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!
 
 

サイドバナー




関連記事

キンモクセイの薫る頃。それは〇〇〇の季節。

今まさに秋ど真ん中。空は高く青く、空気は澄んで、キンモクセイの香りが心地よい季節です。それに目に見え

記事を読む

これだから、僕はモウリーニョが好きなんだよ!

【お断り】このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」

記事を読む

ロシアワールドカップ直前、ハリルホジッチ大物助っ人と契約!?

先の欧州遠征で課題が浮き彫りになったハリルジャパン。毎回このタイミングで必ず「更迭」の提案をするセル

記事を読む

no image

パンペキ!ディミッタ~ル・ベルヴァ~ットフ!

僕の好きなプレーヤー。   「遠藤」・・・に、   「柏

記事を読む

バックパスは必要です!

今回は「バックパス」について触れてみたい。   みなさんは「バックパス」という

記事を読む

「ストッキング」を「ずらしてもいい」という時代

みなさんはサッカー選手が、「ストッキング」を「ずらしてもいい」という時代があったことをご存知でしょう

記事を読む

FIFA会長の恐ろしい発言

「選手が別の場所でプレーすることを望んでいるのであれば、そうする方法を見つけなければならない。居心地

記事を読む

アルゼンチンサッカー協会会長と日本サッカー協会会長との会話

今まであまり詳しいことは述べてこなかったが、我々「読裏グループ」は、世界にその情報網を張り巡らせてい

記事を読む

読裏クラブが選ぶ「私の理想のイレブン」(日本人編)

さぁ、今年もいよいよあとわずかでJリーグが開幕。そんな時節柄とも実はまったく関係なく(笑)、唐突で申

記事を読む

読裏クラブへの10の質問

今日は、ゆる~~く、私への質問コーナーを設けました。私の好みを知っていただくつもりで、雑談質問コーナ

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


サイドバナー




26回目の1月17日。この日はこの歌(満月の夕)を聴く日。

今年も1月17日がやってきました。あれから26回目。26年目、もう四半

今年は「忙しい人」にならないようにします!

あっという間に新年1月も半ばを過ぎました(汗)ほんま、あっと言う間。リ

中山雅史、引退じゃない事実上の引退。

中山雅史、53歳。選手としてJ3の沼田を退団し、今季から古巣ジュビロの

勘違いと思い込みは、真実に近づくときもある?

今日は「勘違い」と「思い込み」のお話。   誰で

君は読売サッカークラブを知っているか?

皆さんはこのブログのタイトル「読裏クラブのワンツー通し」という名称が、

→もっと見る

PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券