*

読裏クラブが選ぶ「私の理想のイレブン」(日本人編)

公開日: : 最終更新日:2018/02/17 旧スポナビ・ワンツー通し , ,

さぁ、今年もいよいよあとわずかでJリーグが開幕。そんな時節柄とも実はまったく関係なく(笑)、唐突で申し訳ありませんが、本日はちょっと嗜好を替えて「これぞ私の理想のイレブン」を発表してみたいと思います。

 

スポナビさんの時代からこのブログを読まれている方々であれば、「はいはい。解ったって。読裏さんの好みで言えば、あれとこれと。。。で、たぶんあれも入れてるんやろ?」というところなのでしょうが、スポナビ時代のこのブログを知らない、そんな新鮮でフレッシュな(←読裏名物、これぞ二重表記!)新規読者さんもいらっしゃると思うので、改めて私(読裏クラブ)のサッカー観を感じてもらうためにもここに「私の理想のイレブン」を発表したいと思います。

 

で、もう一度念押しさせていただきますが、ここには全くもって私の好み(偏見)のみで構成されています。ので、「勝てるチーム」という意味の『ベスト』イレブンとも、『オールスター』とも違う、一つの時空を超えたチームとなっております。あくまで「理想の~」というヤツです。ノスタルジックな至高のワインを味わうごとく、彼らのプレーを満喫しお楽しみください。

<Sponsered Link>




GK 慶越  プレーの質はともかくとして、あのいかつい顔面は「これぞゴールマウスを死守する男」の代名詞たるもの。関西出身のGKとして当事松永とのライバル関係にあり、敗北の地にまみれた。私の頭では光輝いている。そういう意味ではサブには曽ケ端なんかをお薦めします。

 

 

DF 加藤(久)初代アジアの壁。我々の世代では誰しもが尊敬と畏敬の念を抱く。キュウさんに、「引いてこい!」と叫ばれれば、何をおいても全力でもどってしまう、私の大好きな人格者。ちなみにプレーの質も当時のレベルでは相当上質の部類に入っていたと思うよ。スマートな容姿でやること「相当エゲつなく汚い」2代目壁井原と比較しましたが、初代に軍配です。

 

 

DF 勝矢  大阪商業大学(僕らの間ではショウダイ)が生んだTHIS ISショウダイ。あの伝説の両足タックル。ガチガチ削り。これぞDFの鑑。その反面技術はゼロ。技術の高さを常に選考の基準としているように見える私が彼を選ぶのは一見矛盾しているように思うって?私の中のもう一人の私は「DFは身体を張って守っとかんかい!」というDNAが存在しておるんです。はい。すみません。まったく根拠のない偏見です。その意味からDFのサブには秋田と金子を入れておきます。

 

 

DF 都並  日本サッカーのレベルを大幅に引き上げた功績は大。彼の先代の松木とはプレーの質が全然違う。ある試合のピッチサイドでの集音マイクから「オフサイやんけ!!」という声が聞こえたときがありました。あの瞬間から私は彼が好きになりました。

 

 

DF 佐々木(博)彼はサッカー人生の3分の1を不本意ながらもDFとして過ごしました。我々の年代のほとんどのプレーヤーが佐々木フェイントというやつにサッカー人生を狂わされました。「枚方にごっつーうまい奴がおるらしいど!ペレが今すぐブラジルへ連れて帰りたい!って言うたらしいで」そんな彼の全盛期に是非とも右サイドを任せたい。

 

 

MF 小見 この人本当にうまかった。ボールを持てばほとんどとられなかった。あの技術きらめく「読ク」で一番頼りにされたMF。ラモスもジョージ与那城もボールを持てばすぐ小見を探してました。稲本君と比較して、最後の最後までで迷いました。

 

 

MF 磯貝 彼こそ私が最も愛したプレーヤー。天才という言葉を体現した男。詳細は少し前のエントリーをご覧ください。

 

 

MF 菊原 小さな天才。彼は今どこで何をしているのだろう。と、思ってたら、今度「ヴェルディ」のコーチに就任したとか。しかし、彼のようなタイプってなかなか自分がやったことを人に伝えるのって大変やろうねえ~。

 

 

MF 木村(和)KAZUが帰ってくるまで、日本のカズと言えばこの人でした。彼の現役全盛時は今の年代でも通用すると私は固く信じてます。大昔、私が神戸の中央球技場で「日本代表VSワシントンディプロマッツ(クライフがアメリカで余生を暮らしたチーム)」の試合を観にいった時に、彼が金田に向かって『キンタ!もうええから、ぬいちゃれや!』と叫んでいました。その時から私は彼が好きになりました。

 

 

FW KAZUUUU もう一人のKAZU!日本サッカーの前に重く大きく立ち塞がっていた、鉄の扉を一人で懸命に押し開けようとした、その彼の人生があったからこそ、我々はこうやって至福の時代(世の中の多くの人達が選手を語り、システムを語る時代)を迎えることができたのです。98の最後に彼が落とされた時、柱谷のインタビューが印象的でした。「岡田さん!あんたやってくれたなっていう感じですわ!!」最近のカズの報道を見るたびに「哀しさ」が募ります。今の子供は「カズ」をどう見てるんやろ?

 

 

FW 奥寺 意外な感じがしました?彼の1FCケルン時代のトップとしての切れ味は今の連中と比べても決して劣るものではありません。意外にヘッドも強くて、当時もっと中盤が強ければ、彼の代表得点ももっと増えていたでしょう。今の代表に彼がいれば!と、思っても致し方なく・・・。いつもいつもダイヤモンドサッカーで金子さんと、岡野さんが絶賛してました。当時のあの二人は奥寺を語ることだけが「世界へつながる」道だったのでしょうね。

 

 

皆様各々が頭に描く「理想のイレブン」はどのようなメンバーでしょうか?皆さんの描くベストイレブンに、このメンバーが一人でもエントリーされておれば、この上ない「悦び」でございます。

 

 

 

このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」にて掲載された中で2008年02月14日にアップされた記事を加筆修正して再掲載したものです。

※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!

 

サイドバナー




関連記事

W杯を振り返っている男と「悪魔」と「天使」の会話

人は誰でも二重人格である。 一人の人間の中には、あらゆる葛藤がある。   「

記事を読む

消えるスプレーに代わるもの

少し旧聞に属するが、皆さんはW杯で登場した、「消えるスプレー」を覚えているだろうか?フリーキックの時

記事を読む

サッカーの死語をアナタはどこまでご存知ですか?

ここに来られる皆さんの中で「インナー・ハーフ」という言葉をご存知の方は何人ぐらいいらっしゃるのでしょ

記事を読む

私の大好きなサッカープレーヤー、「狂気の左サイドバック」!都並敏史

今回は「私の大好きなサッカープレーヤー」というお題のシリーズ。その第一弾!をお送りします。 &

記事を読む

完全無欠な域に達したサッカー選手と、完全無欠な域に到達するブロガー

某所某サイトでこんな記事を見つけました。冒頭にお断りですが、このネタは、2008年から2018年まで

記事を読む

あの人は今

旧い方には懐かしい響きかも知れません。ご存知でしょうか?「あの人は今」。日テレが創始のようですが、人

記事を読む

国立をウェンブレーに!

【お断り】このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」

記事を読む

猛暑の中のJリーグは、ここが心配!?

今日で甲子園、つまり、夏の高校野球の決勝が終了しました。ここは、「サッカーワールド」のブログなんで高

記事を読む

ブラジル戦評を、あの「岡田監督」にインタビューしました。

「日本、王国に惨敗!」   という、見出しがスポーツ紙の一面で踊りました。 &n

記事を読む

レッドカードとイエローカードは、日常用語となりました。

私、フットボーラー(サッカーを愛している人の意・・・です)にとって、日本の日常会話ですごく気になるこ

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




VARで疑念は減るのか?増えるのか?

  VARシステム。ビデオ・アシスタント・レフリーの頭文字を

25回目の1月17日。この日はこの歌(満月の夕)を聴く日。

今年も1月17日がやってきました。あれから25回目。25年目、とうとう

タイで最も有名になった日本人!?

  アジア選手権U23=東京五輪サッカーのアジア予選がいよい

森保解任論に見るオシムの凄さ

2020年1月。AFC-U23選手権。この大会は東京五輪サッカーアジア

成人の日に一番ふさわしい本

  成人の日。昔は1月15日という決まった日だったけど、今は

→もっと見る

PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券