*

レッドカードとイエローカードは、日常用語となりました。

私、フットボーラー(サッカーを愛している人の意・・・です)にとって、日本の日常会話ですごく気になることがありました。

 

 

それはどうしてもまだまだ「プロ野球」用語が飛び交うこと。あろうことか、あの一流新聞と自他(最近は自だけ?)ともに認める朝○新聞にまでが何の躊躇もなく使ってます。

 

 

代表的なのが「○○首相、春まで【続投】!?」なんて記事の「続投」という言葉。また、「○○会長、当期に限り緊急【リリーフ】」なんていう経済系新聞(日○経○新聞)の一面記事も見たことがあります。その他にも【代打】とか【最後の9回裏】とか、【トレードする】とか【ノックを浴びせる】とか【登板】とか【ホームラン】とか【ストレート】とか【直球勝負】とか、その逆の【変化球】とか。ね?意外なほど多く使ってるんよね。特に「おっさん系」の「営業畑」の辺りで。

 

 

それに比べてフットボール用語が日常会話に出てくることなんてなかなかないでしょ?
「今日は相手も手強そうやし、まともに【直球勝負】は無理やろ・・・。ちょっと【変化球】でやってみるか?」なぁ~んて営業のセリフはあっても「今日の相手は手強いから、『中央でワンツー』やるより、ちょっと『サイドから崩して』みるか?」なんてセリフをはく営業部長はまず皆無です。

 

 

また「なぁ、今日のコンパのレベル、めちゃめちゃ高かったよなぁ~、もう【満塁ホームラン】やで!」というセリフはあっても、「なぁ、今日のコンパのレベル、めちゃめちゃ高かったよなぁ~、あれはもう『ピンポイントクロス』やで!」とは絶対に言わん。

 

 

新聞の政治面だって「○○党幹事長、事態収束に【緊急リリーフ】」なんて一面段抜きはあっても「○○党幹事長、緊急事態で『カバーリング』」なんてのも、絶対に出ない。

 

 

ところが、そんな日陰もんのサッカー用語で唯一、陽の当る「優等生」がいます。

 

 

皆さん、お解かりですか?

 

<Sponsered Link>



 

そう・・・

 

 

「レッドカード」と「イエローカード」

 

 

ね?この2つは完全に市民権を得てるでしょ?

 

 

「あいつ今度やったら即レッドやで!」とか

 

 

「なぁ、こんなんイエローやで!?もう一回やったら退場してもらうからな?」とか

 

 

「俺、もうイエロー、1枚貰ってるからなぁ~・・・。ちょっとここでこれやるの、勇気要るよなぁ~」とか

 

 

「退場=レッドカード」、「警告(注意、訓戒)=イエローカード」ってのは完全に日本人の生活に入り込んでます。特にビジネス界隈で!

 

 

だからそういう場面でそういう言葉を自然に使っているシーンを見ると一人僕はほくそ笑んでおりました。
(よっしゃよっしゃ・・・サッカー用語が染み渡ってるぞ!)と。

 

 

で、そんな栄光の「レッド」と「イエロー」カードの仲間に、もう一枚、「オレンジ」が加わる可能性があったような。

 

 

「オ・・・オレンジ?カード?なんや?それ!?何で審判がJR乗るわけ?」という素朴な疑問を持つそこの貴方。
その疑問を膨らませておいてね!?「オレンジカード」の詳細については別のエントリーにてお伝えしようと思います。いわゆる「次回に続く!」または「続きはCMの後で!」

 

 

なんと!エントリーの一回分全部を「ツカミ」に使ってしまいました。こんなん初めてです。お怒りはごもっともですが、実はこのパターン、どっかでやってみたかったもんで(苦笑)。ゴメンね。

 

 
このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」にて掲載された中で2009年03月14日にアップされた記事を加筆修正して再掲載したものです。

※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!

 
 

 

 

サイドバナー




関連記事

私の天才列伝。その2回目。君は『佐々木博和』を知っているか?

皆さんはどこまでご存知だろうか?彼を・・・。その名は『佐々木博和』 もちろん大魔神とし

記事を読む

身体能力とは何ぞや?

今回は「【身体能力】について、その解明と分析をどなたかにお願いしたい」。という、「問い掛け」を含めた

記事を読む

持っている男 と 持っていない男

【お断り】このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」

記事を読む

サッカーの神様

ボスニアのW杯初出場のタイミングで某雑誌で「ドーハの悲劇」を特集しておりました。ボスニアだって、W杯

記事を読む

アルゼンチンの兄貴と弟分の会話

弟分1)暑いっすねぇ~。兄貴!日本ってこんなに暑いんすか?   (兄貴)ああ。

記事を読む

サッカーにおける旧くて新しい公式です

我々は、一つの出来事を記号で表わすことが多い。ひとつの事象を説明する際に「言葉の羅列」よりもより真実

記事を読む

25年前と25年後のベスト10

突然ですが。。。   1位 住友金属 2位 富士通 3位 松下電器 4位

記事を読む

no image

パンペキ!ディミッタ~ル・ベルヴァ~ットフ!

僕の好きなプレーヤー。   「遠藤」・・・に、   「柏

記事を読む

我思う。スポーツの原点とは?

最近ね、つくづく思うことがあるんですよ。いや、別に大して改めて言うことではないのかもしれんのですが、

記事を読む

独占!モイーズ監督単独インタビュー。(香川真司のプレート自身のスタイルを語る)

今回、我々読裏グループは、マンチェスター・ユナイテッドの新監督に就任し、すでに数か月を経過した「デイ

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




僕らは連戦になるとこの選手の名前を叫んでいた。

レンセンブリンクが亡くなったらしい。クライフもいなくなり、また一人、あ

クリロナのルーティーンを彼のルーティーンと比べてみた!

  スペインのメディアに、メッシとクリロナが日々行っているル

VARで疑念は減るのか?増えるのか?

  VARシステム。ビデオ・アシスタント・レフリーの頭文字を

25回目の1月17日。この日はこの歌(満月の夕)を聴く日。

今年も1月17日がやってきました。あれから25回目。25年目、とうとう

タイで最も有名になった日本人!?

  アジア選手権U23=東京五輪サッカーのアジア予選がいよい

→もっと見る

PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券