*

レッドカードとイエローカードは、日常用語となりました。

私、フットボーラー(サッカーを愛している人の意・・・です)にとって、日本の日常会話ですごく気になることがありました。

 

 

それはどうしてもまだまだ「プロ野球」用語が飛び交うこと。あろうことか、あの一流新聞と自他(最近は自だけ?)ともに認める朝○新聞にまでが何の躊躇もなく使ってます。

 

 

代表的なのが「○○首相、春まで【続投】!?」なんて記事の「続投」という言葉。また、「○○会長、当期に限り緊急【リリーフ】」なんていう経済系新聞(日○経○新聞)の一面記事も見たことがあります。その他にも【代打】とか【最後の9回裏】とか、【トレードする】とか【ノックを浴びせる】とか【登板】とか【ホームラン】とか【ストレート】とか【直球勝負】とか、その逆の【変化球】とか。ね?意外なほど多く使ってるんよね。特に「おっさん系」の「営業畑」の辺りで。

 

 

それに比べてフットボール用語が日常会話に出てくることなんてなかなかないでしょ?
「今日は相手も手強そうやし、まともに【直球勝負】は無理やろ・・・。ちょっと【変化球】でやってみるか?」なぁ~んて営業のセリフはあっても「今日の相手は手強いから、『中央でワンツー』やるより、ちょっと『サイドから崩して』みるか?」なんてセリフをはく営業部長はまず皆無です。

 

 

また「なぁ、今日のコンパのレベル、めちゃめちゃ高かったよなぁ~、もう【満塁ホームラン】やで!」というセリフはあっても、「なぁ、今日のコンパのレベル、めちゃめちゃ高かったよなぁ~、あれはもう『ピンポイントクロス』やで!」とは絶対に言わん。

 

 

新聞の政治面だって「○○党幹事長、事態収束に【緊急リリーフ】」なんて一面段抜きはあっても「○○党幹事長、緊急事態で『カバーリング』」なんてのも、絶対に出ない。

 

 

ところが、そんな日陰もんのサッカー用語で唯一、陽の当る「優等生」がいます。

 

 

皆さん、お解かりですか?

 

<Sponsered Link>



 

そう・・・

 

 

「レッドカード」と「イエローカード」

 

 

ね?この2つは完全に市民権を得てるでしょ?

 

 

「あいつ今度やったら即レッドやで!」とか

 

 

「なぁ、こんなんイエローやで!?もう一回やったら退場してもらうからな?」とか

 

 

「俺、もうイエロー、1枚貰ってるからなぁ~・・・。ちょっとここでこれやるの、勇気要るよなぁ~」とか

 

 

「退場=レッドカード」、「警告(注意、訓戒)=イエローカード」ってのは完全に日本人の生活に入り込んでます。特にビジネス界隈で!

 

 

だからそういう場面でそういう言葉を自然に使っているシーンを見ると一人僕はほくそ笑んでおりました。
(よっしゃよっしゃ・・・サッカー用語が染み渡ってるぞ!)と。

 

 

で、そんな栄光の「レッド」と「イエロー」カードの仲間に、もう一枚、「オレンジ」が加わる可能性があったような。

 

 

「オ・・・オレンジ?カード?なんや?それ!?何で審判がJR乗るわけ?」という素朴な疑問を持つそこの貴方。
その疑問を膨らませておいてね!?「オレンジカード」の詳細については別のエントリーにてお伝えしようと思います。いわゆる「次回に続く!」または「続きはCMの後で!」

 

 

なんと!エントリーの一回分全部を「ツカミ」に使ってしまいました。こんなん初めてです。お怒りはごもっともですが、実はこのパターン、どっかでやってみたかったもんで(苦笑)。ゴメンね。

 

 
このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」にて掲載された中で2009年03月14日にアップされた記事を加筆修正して再掲載したものです。

※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!

 
 

 

 

サイドバナー




関連記事

ポグバとイブラ様のマンチェスター・ロッカールームでの会話

このブログを執筆、主幹している我々読裏グループは、世界中にその情報網を張り巡らせており、あらゆる情報

記事を読む

国立をウェンブレーに!

【お断り】このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」

記事を読む

カウンターの魅力

以下のような状況を想像してみて欲しい。   皆さんの想像を助けるために、一方の

記事を読む

これだから、僕はモウリーニョが好きなんだよ!

【お断り】このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」

記事を読む

もしも巨人軍に「巨人軍ユース」があったなら?

本日はちょっと「ハイブリッド(掛け合わせ)」なネタ展開です。   プロ野球恒例

記事を読む

サッカーの神様

ボスニアのW杯初出場のタイミングで某雑誌で「ドーハの悲劇」を特集しておりました。ボスニアだって、W杯

記事を読む

バックパスは必要です!

今回は「バックパス」について触れてみたい。   みなさんは「バックパス」という

記事を読む

アルゼンチンサッカー協会会長と日本サッカー協会会長との会話

今まであまり詳しいことは述べてこなかったが、我々「読裏グループ」は、世界にその情報網を張り巡らせてい

記事を読む

創刊30周年記念特集!ナンバー750号。その手は桑名の焼き蛤!

【お断り】このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」

記事を読む

川崎サポの横断幕がヒット!「マオタイ酒はみんなのもの」

【お断り】このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


サイドバナー




コロナ禍でも絶好調!あの「西松屋」って、メチャメチャ優良企業やったんやね。

♪「にっしぃ、まっつやぁ~~」というCMを見た人、どれぐらいいるのかな

メッシがどこに行っても「興味が湧かない」理由

メッシがバルセロナに決別の意思を示してからしばらく経ちました。

まさに2020年らしい、お盆にチャンピオンズリーグという違和感。

2020年。夏。とにかく暑い。暑い日は、「夏日」という表現から「猛暑」

もしかしたら、もしかするのか?と、思わせる試合結果。

延期になった東京オリンピックまであとちょうど1年となった20200年7

ブルックス・ブラザーズとニーマン・マーカスとモドリッチとクライフと。

JCペニー、ニーマン・マーカス、Jクルー・・・。こういうブランドを聞い

→もっと見る

  • 2020年9月
    « 8月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券