*

レッドカードとイエローカードは、日常用語となりました。

私、フットボーラー(サッカーを愛している人の意・・・です)にとって、日本の日常会話ですごく気になることがありました。

 

 

それはどうしてもまだまだ「プロ野球」用語が飛び交うこと。あろうことか、あの一流新聞と自他(最近は自だけ?)ともに認める朝○新聞にまでが何の躊躇もなく使ってます。

 

 

代表的なのが「○○首相、春まで【続投】!?」なんて記事の「続投」という言葉。また、「○○会長、当期に限り緊急【リリーフ】」なんていう経済系新聞(日○経○新聞)の一面記事も見たことがあります。その他にも【代打】とか【最後の9回裏】とか、【トレードする】とか【ノックを浴びせる】とか【登板】とか【ホームラン】とか【ストレート】とか【直球勝負】とか、その逆の【変化球】とか。ね?意外なほど多く使ってるんよね。特に「おっさん系」の「営業畑」の辺りで。

 

 

それに比べてフットボール用語が日常会話に出てくることなんてなかなかないでしょ?
「今日は相手も手強そうやし、まともに【直球勝負】は無理やろ・・・。ちょっと【変化球】でやってみるか?」なぁ~んて営業のセリフはあっても「今日の相手は手強いから、『中央でワンツー』やるより、ちょっと『サイドから崩して』みるか?」なんてセリフをはく営業部長はまず皆無です。

 

 

また「なぁ、今日のコンパのレベル、めちゃめちゃ高かったよなぁ~、もう【満塁ホームラン】やで!」というセリフはあっても、「なぁ、今日のコンパのレベル、めちゃめちゃ高かったよなぁ~、あれはもう『ピンポイントクロス』やで!」とは絶対に言わん。

 

 

新聞の政治面だって「○○党幹事長、事態収束に【緊急リリーフ】」なんて一面段抜きはあっても「○○党幹事長、緊急事態で『カバーリング』」なんてのも、絶対に出ない。

 

 

ところが、そんな日陰もんのサッカー用語で唯一、陽の当る「優等生」がいます。

 

 

皆さん、お解かりですか?

 

<Sponsered Link>



 

そう・・・

 

 

「レッドカード」と「イエローカード」

 

 

ね?この2つは完全に市民権を得てるでしょ?

 

 

「あいつ今度やったら即レッドやで!」とか

 

 

「なぁ、こんなんイエローやで!?もう一回やったら退場してもらうからな?」とか

 

 

「俺、もうイエロー、1枚貰ってるからなぁ~・・・。ちょっとここでこれやるの、勇気要るよなぁ~」とか

 

 

「退場=レッドカード」、「警告(注意、訓戒)=イエローカード」ってのは完全に日本人の生活に入り込んでます。特にビジネス界隈で!

 

 

だからそういう場面でそういう言葉を自然に使っているシーンを見ると一人僕はほくそ笑んでおりました。
(よっしゃよっしゃ・・・サッカー用語が染み渡ってるぞ!)と。

 

 

で、そんな栄光の「レッド」と「イエロー」カードの仲間に、もう一枚、「オレンジ」が加わる可能性があったような。

 

 

「オ・・・オレンジ?カード?なんや?それ!?何で審判がJR乗るわけ?」という素朴な疑問を持つそこの貴方。
その疑問を膨らませておいてね!?「オレンジカード」の詳細については別のエントリーにてお伝えしようと思います。いわゆる「次回に続く!」または「続きはCMの後で!」

 

 

なんと!エントリーの一回分全部を「ツカミ」に使ってしまいました。こんなん初めてです。お怒りはごもっともですが、実はこのパターン、どっかでやってみたかったもんで(苦笑)。ゴメンね。

 

 
このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」にて掲載された中で2009年03月14日にアップされた記事を加筆修正して再掲載したものです。

※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!

 
 

 

 

サイドバナー




関連記事

「ストッキング」を「ずらしてもいい」という時代

みなさんはサッカー選手が、「ストッキング」を「ずらしてもいい」という時代があったことをご存知でしょう

記事を読む

読裏クラブが選ぶ「私の理想のイレブン」(日本人編)

さぁ、今年もいよいよあとわずかでJリーグが開幕。そんな時節柄とも実はまったく関係なく(笑)、唐突で申

記事を読む

ロシアワールドカップ直前、ハリルホジッチ大物助っ人と契約!?

先の欧州遠征で課題が浮き彫りになったハリルジャパン。毎回このタイミングで必ず「更迭」の提案をするセル

記事を読む

天皇杯で見られる夢

日本サッカー最大のオープン大会、天皇杯。先週の週末から天皇杯が始まりました。と、言っても本当の天皇杯

記事を読む

クライフの革命的なコトバ。もっと早くそれ言って欲しかったわ。

今回はクライフのネタです。     クライフの有名な言葉に「ボ

記事を読む

元祖天才、あのレジェンド礒貝洋光が現役復帰でガンバ大阪へ!?

先日は、「40歳でJリーガーになった男 安彦考真」という、驚きのニュースが飛び込んできた矢先・・・

記事を読む

負けているチームの残り5分。パワープレーへの切替は正しいのだろうか?

先日は「10年間のブログで最も読まれた記事」というタイトルで、ロングボール(放り込み)についても問題

記事を読む

宝石と原石の間(ハザマ)で。

【お断り】このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」

記事を読む

国際試合の意味は?本当の狙いは別なところにある説。

7月最後の日となった31日、各地でクラブ間の国際親善試合が行われた。浦和はあのバイエルンと、横浜Mは

記事を読む

つい手を出してしまったキーパーの取り調べ室での会話

ここはとある取調室。一人の男が取締官の尋問を受けている。今回はそんなシビアな状況の極秘会話を我々「読

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




世界を知る101冊

皆さんは、秋の夜長、どのような本を手にお過ごしでしょうか? 僕は

消費税からみで最も秀逸な広告

いよいよ、ついに、本当に、消費税がアップされるらしいです。「上げる、上

つい手を出してしまったキーパーの取り調べ室での会話

ここはとある取調室。一人の男が取締官の尋問を受けている。今回はそんなシ

読裏クラブへの10の質問

今日は、ゆる~~く、私への質問コーナーを設けました。私の好みを知ってい

ドフリーが外れる科学的根拠についての論文発表です

今回は私の長年の研究の成果を皆さんにご披露したい。苦節○十年、ようやく

→もっと見る

  • 2018年10月
    « 9月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑