*

プラチナが輝くとき

私のような年齢になりますと、「時代が変わったなぁ~」と、思う瞬間を何度か経験します。

 

別の言い方をすると「俺の時代では考えられんなぁ~」という感情であったり「もう俺の時代ではないんやなぁ~」と痛感することだったり。ここで「昔は良かった」とは絶対に言ってはならないことも肝に銘じております。それを言えばほんとに「終わり」なんで・・・(苦笑)。

 

例えば「携帯で何でも済ませる」ことが当たり前になった今、どこかの瞬間で「時代が~~」を僕なりに感じていたはずです。

例えば「めちゃめちゃ足が長い若い子」を見たときにも、自分との相対として強く心に何かが走ったことを覚えています(苦笑)。

例えば「年下の部員が年上の部員を「あだ名」で呼んでいる光景を目にしたとき、僕は「時代」を感じたし

例えば「レコード大賞の曲名をもう知らない!」という事実に気付いたときも、僕の「時代」に一つの区切りが入りました。

 

さて、先日私はこれらに匹敵するような、痛切な想いを味わいました。
卑近な表現をすれば「何じゃ!?これ!?」です。

 

それは『プラチナ』と呼ばれている彼等のプレーぶりでした。
今まで「ゴールデン~」とか「~~天才」とか「若き~~」とか「~~2世」とかの美辞と麗句と修飾語と広告フレーズと宣伝文句をさんざ聞かされていた私としては「またか・・・もうええって・・・」と思っていたんですが、今回のブラジル戦で改めて強く「プラチナ時代」を感じましたね。

 

一言で言うと

 

あのブラジル相手に

 

天下のブラジルに

 

僕らならひたすら「名前負け」する相手に

 

物怖じもせず、堂々と立ち向かい、胸と胸をぶつけて、そして
「おちょくって」プレーしてるんですよ(本人達におちょくりの気持ちはないのでしょうが、見ていてそう感じてしまうわけです)!ブラジルを!相手に!ね!

 

ブラジル相手にカンカン回して、ブラジル相手にキープして、ブラジルを翻弄して
ブラジル相手にガンガン攻めて行っている・・・。

 
 

<Sponsered Link>



 

それもどう考えたって「偶然」や「マグレ」ではなく、完全に意識して「回して」「崩して」る。

 

1点目のあの落ち着き払った高木のインサイドの強烈なシュート!
2点目のあの「あれで勝負あった」の杉本のシルキートラップ!

 

「何じゃ!?これ!?」です。

「めちゃめちゃ巧いやんけ!?」です。

 

そしてその中心に位置する「宇佐美」。

完全にブラジル相手に飲んでますな。プレーも精神も。

こんな日本人・・・見たこと無い・・・。

 

いや、かすかに記憶が残っている範囲では「全盛時の小野」がそうだったかな。
でも小野よりも「前へ」の意識は遥かに上やし、スピードも抜く力もキープ力も上なんやないやろうか?

 

そして最も「気持ちええ」のは、そんな宇佐美のキープ力とドリブル突破を見越して、このチームは周りの連中がガンガン動いて、そのためにボールがカンカン回るということやね。だからこそ彼等が「プラチナ」のように輝くんやろうが。

 

いや~、めちゃめちゃ気持ちいい。

 

こんなチームをグループリーグで敗退させるのは、それこそ日本サッカー界の損失です。
是非、今夜のスイス戦で、「一発」かまして、メキシコ戦へ望みを繋げて欲しい。スイスに勝てば「突破」も夢やないでしょ?

 

時代やねぇ~~。こんな「日本代表」を見ることができるなんて。
長生きはするもんです。な。

 

このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」にて掲載された中で2009年10月27日にアップされた記事を加筆修正して再掲載したものです。メッチャ旧いネタですので今日現在で読んでも「あ?なに?これ?」てな感じなのですが、スポナビでアップしたネタをとりあえず全ネタこちらに引越しする過程として本日アップしております。どうぞご了承くださいますと同時に、芳香なワインを楽しむごとく、懐かしいネタを存分にお楽しみくださいませ(爆)

 
 

【サッカーショップKAMO】アディダス サッカー日本代表ユニフォーム

※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの広告の下のず~~~っと一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!

サイドバナー




関連記事

消えるスプレーに代わるもの

少し旧聞に属するが、皆さんはW杯で登場した、「消えるスプレー」を覚えているだろうか?フリーキックの時

記事を読む

つい手を出してしまったキーパーの取り調べ室での会話

ここはとある取調室。一人の男が取締官の尋問を受けている。今回はそんなシビアな状況の極秘会話を我々「読

記事を読む

ハリルホジッチ、日本代表監督就任秘話。

【お断り】このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」

記事を読む

元祖天才、あのレジェンド礒貝洋光が現役復帰でガンバ大阪へ!?

先日は、「40歳でJリーガーになった男 安彦考真」という、驚きのニュースが飛び込んできた矢先・・・

記事を読む

残ってポンテ!

今回は前回のエントリー「フィンケの退任に思うこと」の続編に当たります(苦笑)。いや、続編というより、

記事を読む

メッタに起きないことがメッタに起きたら、メッタに起きることがメッタに起きなくなってしまう話【1】

今日の検索ワードでは、「山形」や「GK」が上位に入っていた。そらそうやろう。一部昇格を懸けたPO(=

記事を読む

違いを生み出す違い。一流選手に学ぶこと。

このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」にて掲載さ

記事を読む

読裏クラブが選ぶ「私の理想のイレブン」(日本人編)

さぁ、今年もいよいよあとわずかでJリーグが開幕。そんな時節柄とも実はまったく関係なく(笑)、唐突で申

記事を読む

ブラジル戦評を、あの「岡田監督」にインタビューしました。

「日本、王国に惨敗!」   という、見出しがスポーツ紙の一面で踊りました。 &n

記事を読む

ハムストリングの別名は「紅茶の美味しい〇〇〇」

「歌は世につれ、世は歌につれ」とはよく言われるフレーズであるが、世につれるのは、歌だけではなく、コト

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




バルセロナvsマジョルカ戦後の久保建英のコメントがプレーよりも凄い!お洒落過ぎる!

「マジョルカの」久保が、カンプノウの地で、バルサと対戦した。 &

松本といえば・・・?

よく酒の席のネタで盛り上がるものがあります。  

あの「ディズニー」が、あの「アナ雪2」で、まさかの「ステマ」!?

「あのビッグゲームの!」 「あのナイトゲームを!」 「スリ

流行語大賞はやっぱり「ONE TEAM」かぁ~。でも僕なら「こっち」やなぁ~。

「歌は世につれ、世は歌につれ」と言いますが・・・それよりも僕としては「

「死の組」だらけ!だからオモロイ!ユーロ2020組合せ(ほぼ)決定!

今年もあと一ヵ月で終わろうとしております。そして、いよいよ来年はオリン

→もっと見る

  • 2019年12月
    « 11月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券