*

負けているチームの残り5分。パワープレーへの切替は正しいのだろうか?

先日は「10年間のブログで最も読まれた記事」というタイトルで、ロングボール(放り込み)についても問題提起をアップさせていただきました。で、今回のネタはその続きというわけではないのですが、ちょっとニアリーなお話し。

ロングボール(放り込み)の論議の延長戦として、必ず位置するであろう内容です。それは私自身が以前から感じていたこと。いわゆる「パワープレー」のことです。

 

1点差で負けているとき、後半残り5分(~10分?)を切る時間帯になると、負けているチームは、多くの割合でこの戦法を選択しますよね?上背のある、高いFWをセンターに置いて、ハーフラインあたりから、ロングボールを放り込む。もっと言えば、「最終ライン」から、あるいは、キーパーのパントキックで直接相手のペナコまで・・・どこからでも放り込む。。。なんてのも、パワープレーの名のもとに、平気で行われています。

 

これ、個人的には「ひっじょ~~~に」嫌いです。

 

<Sponsered Link>



 

僕の頭の上をボールが空中でいったりきたり・・・。メチャ、やる気失せます。急にやる気が失せて、急に運動量が落ちます(笑)。

 

しかし、ピッチサイドの監督さんは、手でメガホンを作って懸命に叫んでいます。「もう放り込め~~~!」「持つな~~~~」「○○○の頭に合わせろ~~~」と。

 

曰くこれが一番点を入れる確率が高いそうで・・・。そういうプレーをせずに、中盤でボールを足元でもらって、「前方ルックアップ」⇒「スペース探し」なんてことをしてたら、それこそ、後でどれだけ怒られるかわかったもんじゃない。

 

でもそれじゃ、聞きます。「そんなに点が入る確率が高い戦法なら、何で90分間続けないわけ?」元中盤選手の素朴な疑問です。「何でラスト5分はパワープレーに切り替えなければならないのか?」どなたか教えてください(苦笑)。

 

このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」にて掲載された中で2008年02月02日にアップされた記事を加筆修正して再掲載したものです。

※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの一番下にあります。ので・・・そっちもヨロシクね!

 

サイドバナー




関連記事

違いを生み出す違い。一流選手に学ぶこと。

このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」にて掲載さ

記事を読む

国立をウェンブレーに!

【お断り】このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」

記事を読む

サッカーの死語をアナタはどこまでご存知ですか?

ここに来られる皆さんの中で「インナー・ハーフ」という言葉をご存知の方は何人ぐらいいらっしゃるのでしょ

記事を読む

イングランドスポーツとアメリカンスポーツ

「イングランド」がフットボールの発祥の地である!と、いうフレーズは、皆さんどこかで聞かれたことがある

記事を読む

伝統とは何を守るものなのか?

先日の「東京○○ディ」の新体制発表会で新任監督の表明が少し気になりました。  

記事を読む

身体能力とは何ぞや?

今回は「【身体能力】について、その解明と分析をどなたかにお願いしたい」。という、「問い掛け」を含めた

記事を読む

創刊30周年記念特集!ナンバー750号。その手は桑名の焼き蛤!

【お断り】このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」

記事を読む

シュート練習で枠を外したら罰金100円!?

【お断り】このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」

記事を読む

サッカーにおいて世界との距離を測る単位について

日本のサッカーが世界の中でどれぐらいの位置にいるのか?どれぐらいのポジションにいて、トップレベルとは

記事を読む

完全無欠な域に達したサッカー選手と、完全無欠な域に到達するブロガー

某所某サイトでこんな記事を見つけました。冒頭にお断りですが、このネタは、2008年から2018年まで

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




「ローマは一日にしてならず」は、サッカー界の新しい「ことわざ」 です。

世の中にはいろいろ機知に富んだ「ことわざ」がある。アナタは「ことわざ」

後任は西野さん?ハリルホジッチ電撃解任で遠藤復帰も!?

ハリルホジッチ解任!の一報が携帯の速報で朝一番に飛び込んできました。ち

小柳ルミ子さんでなくても、普通の主婦でも解る!完全保存版「読裏サッカー用語辞典」【ヤ】【ワ】【ン】の巻

今年はワールドカップイヤー。サッカーフリーク、フットボール雀としては血

フィッカデンティの敗戦コメント、ソクラテスも顔負けの三段論法に脱帽!

マッシモ・フィッカデンティ。イタリア人。50歳。サガン鳥栖の監督です。

チャンピオンズリーグの準々決勝(ラウンド8)の結果をここで知ることが出来るとは!

4月4日は、桜の満開もピークを迎え、甲子園では選抜高校野球の決勝戦が行

→もっと見る

  • 2018年4月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
PAGE TOP ↑