*

ピチピチパンツ、略してピチパン!アディダスさんへ!復古のお願い。

今回は、前回の「ストッキング」つながりで、また「ユニフォーム系」の話しをば・・・。

 

もう今ではまずお目にかかれなくなってしまいましたが、往時のサッカーパンツってすっごく「短く」て、しかも、「ピチピチ」だったんよねぇ。もう太ももが「ムッチィ~」っと剥き出してて。それに「ユニフォーム」の裾を出してプレーするもんだから、ほとんどパンツの上半分が見えなくて、余計にサッカーパンツが小さく見えてました。

 

初めてその「ピチパンスタイル」を見たのが78年のアルゼンチンワールドカップ。ケンペスはストッキングを下してピチパン。ルーケだって、パサレラだってピチパン。ベルトーニのピチパンが一番ピチピチやったんやないかなぁ~(苦笑)

 

引用:http://www.fifa.com/worldcup/archive/argentina1978/index.html

 

その8年後。

 

86メキシコのアジア予選の木村和の伝説のフリーキックの映像は今でも時々流れていますが、その時の木村和も「ピチパン」でした。それほど全盛時はどこもかしこも(ヨーロッパも南米も。もちろんその流れでアジアでも)そういうユニフォームだったと思います。その時代から今のような「ダブダブパンツ」を着用してたのは確か「ユベントス」ぐらいじゃなかったかなぁ~。

<Sponsered Link>



 

で、私も、あのとき、「ストッキング」を降ろして、「ピチパン」を穿いて、胸を反らせながら、ドリブルに入ったら、もうその瞬間から自分が「ワールドクラス」になった気がして、陽が暮れたグラウンドで一人「名ドリブラー」になってた自分でした。でもグラウンド(今ではピッチ?)は緑の芝生ではなく、茶色の土だったですけどね(苦笑)。

 

僕なんかはこのスタイル、結構「カッコええ」と思ってるんやけど、来年ぐらいJのどこかが、この「ピチパン」をまた復古させてくれないかなぁ~・・・?どうです?アディダスさん?プーマさん?是非一度ご検討を。



 

このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」にて掲載された中で2008年1月19日にアップされた記事を加筆修正して再掲載したものです。

※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!

 

 

サイドバナー




関連記事

日本代表を分析する「あ・い・う・え・お」

今日はかの有名な「あ・い・う・え・お研究」の大家、松本先生にお越しいただきました。日本サッカーと【あ

記事を読む

私の天才列伝。3回目は「ジェイジェイ・オコチャ」

結構好きな私のシリーズネタ「私の天才列伝!」。今回はその3回目です。1回目は「礎貝洋光」、2回目は「

記事を読む

シュート練習で枠を外したら罰金100円!?

【お断り】このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」

記事を読む

ロシアワールドカップ直前、ハリルホジッチ大物助っ人と契約!?

先の欧州遠征で課題が浮き彫りになったハリルジャパン。毎回このタイミングで必ず「更迭」の提案をするセル

記事を読む

創刊30周年記念特集!ナンバー750号。その手は桑名の焼き蛤!

【お断り】このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」

記事を読む

国際試合の意味は?本当の狙いは別なところにある説。

7月最後の日となった31日、各地でクラブ間の国際親善試合が行われた。浦和はあのバイエルンと、横浜Mは

記事を読む

サッカーにおいて世界との距離を測る単位について

日本のサッカーが世界の中でどれぐらいの位置にいるのか?どれぐらいのポジションにいて、トップレベルとは

記事を読む

8月10日は僕の「〇〇呪縛解放記念日」になりました。

彼等はいつも僕の目の前に立ちはだかっていた。   彼等に僕はいつも打ちのめされ

記事を読む

「ストッキング」を「ずらしてもいい」という時代

みなさんはサッカー選手が、「ストッキング」を「ずらしてもいい」という時代があったことをご存知でしょう

記事を読む

伝統とは何を守るものなのか?

先日の「東京○○ディ」の新体制発表会で新任監督の表明が少し気になりました。  

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




世界を知る101冊

皆さんは、秋の夜長、どのような本を手にお過ごしでしょうか? 僕は

消費税からみで最も秀逸な広告

いよいよ、ついに、本当に、消費税がアップされるらしいです。「上げる、上

つい手を出してしまったキーパーの取り調べ室での会話

ここはとある取調室。一人の男が取締官の尋問を受けている。今回はそんなシ

読裏クラブへの10の質問

今日は、ゆる~~く、私への質問コーナーを設けました。私の好みを知ってい

ドフリーが外れる科学的根拠についての論文発表です

今回は私の長年の研究の成果を皆さんにご披露したい。苦節○十年、ようやく

→もっと見る

  • 2018年10月
    « 9月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑