*

完全無欠な域に達したサッカー選手と、完全無欠な域に到達するブロガー

某所某サイトでこんな記事を見つけました。冒頭にお断りですが、このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」にて掲載された中で2013年4月11日にアップされた記事を加筆修正して再掲載したものです。それでも「知っておいて損はない!」というネタなので、おヒマな方は是非ご一読ください。ま、時間だって全部読んでも1~2分やし!(爆)

 

では、どうぞ。

 

 

レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは今シーズン、公式戦45試合に出場して45得点を挙げている。1試合1得点ペースであるだけでなく、大会種別に見ても完璧な規則性に沿って得点を重ねていると、スペイン紙『アス』が伝えている。

 

 

今シーズンの公式戦で45戦45発のC・ロナウド。得点の内訳を見ると、リーグ戦28試合に出場して28得点、チャンピオンズリーグでは9試合出場、9得点で得点ランキング首位。コパ・デル・レイでは6試合で6得点、そしてバルセロナと争ったスーペル・コパでも2試合2得点で、あらゆる大会で1試合1得点ペースを保っているのである。同紙は、C・ロナウドを「完全無欠の時期に到達した」という表現で称賛している。

 

 

これがどこまでホンマか?を調べる力が僕にはないけれど、多分本当なんでしょう。

 

 

この驚異の規則性が、今日現在どうなっているか?を調べる気力も僕にはないけれど、現時点でそれがたとえ途絶えたり、損なわれたりしていたって、それで彼の価値が下がることもないでしょう。

 

 

それにしても凄いね。これ。

 

 

これが事実なら、僕は彼のイメージを完全に見誤っていました。

 

<Sponsered Link>



 

僕が持っていた彼のイメージは、自分勝手にボコボコとにかくシュートを撃ちまくる。中にドフリーがいようと、ペナコに走りこんだ選手がいようと、とにかく「撃つ」と決めたら、「撃つ」。ミドルもロングも距離は関係なし。自分のドリのリズムさえ合えば、コースさえ空いていれば、とにかく「撃つ」。

 

 

あとでどれだけ回り(つまり味方の選手・・・ね)から、「おぇ~~!フリーやんけぇ~~!?」みたいに両手を拡げられてアピール(抗議)されても、「悪い!悪い!」と、手を挙げてポーズだけは謝るけど、多分頭の中ではそんなこともお構いなし。

 

 

それがハマればいいけど、ハマらなければ回りもどこか狂ってしまうという、どちらかというと波のある選手。これを良く言えば「波に乗ったら手がつけられない選手」。まぁこれを悪く言えば「お調子もの」。それで解からなければ「調子のり」。それでも解からなければ「調子こき」。

 

 

そんな選手だと思ってました。

 

 

でも、1試合に1点。

 

 

確実に獲る。

のなら・・・。そりゃ、何しても許されるかもしれんね。

 

 

僕もこれから、クリロナを見習って、1日1回。必ずネタをアップさせる、「完全無欠の域に到達した」ブロガーになるように、日々努力します(爆)。
 



 
このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」にて掲載された中で2013年04月01日にアップされた記事を加筆修正して再掲載したものです。

 

※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!
 

 

サイドバナー




関連記事

「ストッキング」を「ずらしてもいい」という時代

みなさんはサッカー選手が、「ストッキング」を「ずらしてもいい」という時代があったことをご存知でしょう

記事を読む

レッドカードとイエローカードは、日常用語となりました。

私、フットボーラー(サッカーを愛している人の意・・・です)にとって、日本の日常会話ですごく気になるこ

記事を読む

消えるスプレーに代わるもの

少し旧聞に属するが、皆さんはW杯で登場した、「消えるスプレー」を覚えているだろうか?フリーキックの時

記事を読む

キンモクセイの薫る頃。それは〇〇〇の季節。

今まさに秋ど真ん中。空は高く青く、空気は澄んで、キンモクセイの香りが心地よい季節です。それに目に見え

記事を読む

あの人は今

旧い方には懐かしい響きかも知れません。ご存知でしょうか?「あの人は今」。日テレが創始のようですが、人

記事を読む

プラチナが輝くとき

私のような年齢になりますと、「時代が変わったなぁ~」と、思う瞬間を何度か経験します。 &nbs

記事を読む

新記録が更新されたら連続記録は途切れるの法則

「記録は破られるためにある」   誰が最初に語ったのか?は僕は知らないけれど、

記事を読む

もっともブランド価値の高い日本人選手の条件は?

実は僕も最近知ったのだが、阿部の所属先(レスターシティ)の監督が誰だか皆さんはご存知だろうか?阿部の

記事を読む

ピチピチパンツ、略してピチパン!アディダスさんへ!復古のお願い。

今回は、前回の「ストッキング」つながりで、また「ユニフォーム系」の話しをば・・・。  

記事を読む

「チンチン」と「ボコボコ」はどっちが「チンチン」?

サッカーで圧倒的に相手を叩きのめすときに「チンチンにする」という表現があります。「相手をチンチンにし

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




新元号決定直前企画!新元号の本命はコレだ!?

いよいよあと数日で新元号が発表されます。発表は4月1日の月曜日、まさに

明らかに世代交代!新元号なんだから、新BIG3と呼ばずに(新元号の)新御三家と呼んで欲しいよね!?

キリンチャレンジの2試合が終りました。今回は南米の2ヶ国、コロンビアと

平成とともに走ってきたイチロー。元イチローになって、行ったり来たり!

あと10日で新元号が発表される平成31年3月21日。イチローが引退を発

イチローより有名な日本人!名前が動詞化したKon-Mariとは誰?

イチロー選手が2019年のメジャー開幕を日本で開催するマリナーズ。そこ

目からウロコ!「大人の文章講座」を読むと、文章への苦手意識がぶっ飛びますよ!

突然ですが、皆さん、文章を書くのは得意ですか?得意かどうかは別にして文

→もっと見る

  • 2019年4月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
PAGE TOP ↑