*

完全無欠な域に達したサッカー選手と、完全無欠な域に到達するブロガー

某所某サイトでこんな記事を見つけました。冒頭にお断りですが、このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」にて掲載された中で2013年4月11日にアップされた記事を加筆修正して再掲載したものです。それでも「知っておいて損はない!」というネタなので、おヒマな方は是非ご一読ください。ま、時間だって全部読んでも1~2分やし!(爆)

 

では、どうぞ。

 

 

レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは今シーズン、公式戦45試合に出場して45得点を挙げている。1試合1得点ペースであるだけでなく、大会種別に見ても完璧な規則性に沿って得点を重ねていると、スペイン紙『アス』が伝えている。

 

 

今シーズンの公式戦で45戦45発のC・ロナウド。得点の内訳を見ると、リーグ戦28試合に出場して28得点、チャンピオンズリーグでは9試合出場、9得点で得点ランキング首位。コパ・デル・レイでは6試合で6得点、そしてバルセロナと争ったスーペル・コパでも2試合2得点で、あらゆる大会で1試合1得点ペースを保っているのである。同紙は、C・ロナウドを「完全無欠の時期に到達した」という表現で称賛している。

 

 

これがどこまでホンマか?を調べる力が僕にはないけれど、多分本当なんでしょう。

 

 

この驚異の規則性が、今日現在どうなっているか?を調べる気力も僕にはないけれど、現時点でそれがたとえ途絶えたり、損なわれたりしていたって、それで彼の価値が下がることもないでしょう。

 

 

それにしても凄いね。これ。

 

 

これが事実なら、僕は彼のイメージを完全に見誤っていました。

 

<Sponsered Link>



 

僕が持っていた彼のイメージは、自分勝手にボコボコとにかくシュートを撃ちまくる。中にドフリーがいようと、ペナコに走りこんだ選手がいようと、とにかく「撃つ」と決めたら、「撃つ」。ミドルもロングも距離は関係なし。自分のドリのリズムさえ合えば、コースさえ空いていれば、とにかく「撃つ」。

 

 

あとでどれだけ回り(つまり味方の選手・・・ね)から、「おぇ~~!フリーやんけぇ~~!?」みたいに両手を拡げられてアピール(抗議)されても、「悪い!悪い!」と、手を挙げてポーズだけは謝るけど、多分頭の中ではそんなこともお構いなし。

 

 

それがハマればいいけど、ハマらなければ回りもどこか狂ってしまうという、どちらかというと波のある選手。これを良く言えば「波に乗ったら手がつけられない選手」。まぁこれを悪く言えば「お調子もの」。それで解からなければ「調子のり」。それでも解からなければ「調子こき」。

 

 

そんな選手だと思ってました。

 

 

でも、1試合に1点。

 

 

確実に獲る。

のなら・・・。そりゃ、何しても許されるかもしれんね。

 

 

僕もこれから、クリロナを見習って、1日1回。必ずネタをアップさせる、「完全無欠の域に到達した」ブロガーになるように、日々努力します(爆)。
 



 
このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」にて掲載された中で2013年04月01日にアップされた記事を加筆修正して再掲載したものです。

 

※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!
 

 

サイドバナー




関連記事

アルゼンチンの兄貴と弟分の会話

弟分1)暑いっすねぇ~。兄貴!日本ってこんなに暑いんすか?   (兄貴)ああ。

記事を読む

独占!モイーズ監督単独インタビュー。(香川真司のプレート自身のスタイルを語る)

今回、我々読裏グループは、マンチェスター・ユナイテッドの新監督に就任し、すでに数か月を経過した「デイ

記事を読む

残ってポンテ!

今回は前回のエントリー「フィンケの退任に思うこと」の続編に当たります(苦笑)。いや、続編というより、

記事を読む

ハリルホジッチ、日本代表監督就任秘話。

【お断り】このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」

記事を読む

伝統とは何を守るものなのか?

先日の「東京○○ディ」の新体制発表会で新任監督の表明が少し気になりました。  

記事を読む

オシム「名将になるための10カ条」

ここに来られる聡明な読者の皆さんの中には、私の「癖」というか「性」をよくご存知の方も多いでしょう。

記事を読む

シュート練習で枠を外したら罰金100円!?

【お断り】このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」

記事を読む

サッカーの死語をアナタはどこまでご存知ですか?

ここに来られる皆さんの中で「インナー・ハーフ」という言葉をご存知の方は何人ぐらいいらっしゃるのでしょ

記事を読む

持っている男 と 持っていない男

【お断り】このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」

記事を読む

それに僕は風邪も引いていない

11月も終盤になると、もう季節は冬。通勤電車ではコートの襟を立てるサラリーマンが増えるし、マフラーを

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




僕にも巨人軍の後輩ができました!その名は坂本!

皆さんは、出身の学校で有名人のOBや、有名人の後輩がいらっしゃるでしょ

池江璃花子が白血病を公表。頑張れ!頑張れ!そして・・・頑張って・・・勝ってまえ!

競泳の池江璃花子選手が自身の白血病を公表した。日本水泳連盟も緊急会見し

2月12日はレトルトカレーの日!

先日、とある企画で「今日は何の日?」という書き物をしたのですが、そこで

何があったんだ?松倉悦郎!?

僕には憧れの職業がある。その1つが、スポーツアナウンサー。試合をお金を

バレンタインデーが近づくと考える、男前論

もうすぐバレンタインデー。昔と違って最近はずいぶんと僕の周りもバレンタ

→もっと見る

  • 2019年2月
    « 1月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728  
PAGE TOP ↑