*

創刊30周年記念特集!ナンバー750号。その手は桑名の焼き蛤!

【お断り】このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」にて掲載された中で2010年03月21日にアップされた記事を再掲載したものです。従いまして、現在と時制や内容に整合が取れていないところもあります。スポナビにて掲載された(旧)「読裏クラブのワンツー通し」のアーカイブの意味も含めての再掲載としておりますので、予めご了承ください。でも、ネタ的には「ええ線」行ってるのもあるんで、一つの作品として、そしてまた「読裏クラブってこんなヤツやねんね・・・」と知っていただく意味でご一読いただければ望外の歓びでございます。

 

ナ○バーという雑誌を編集・発行している出版社に私は物申す。

 

 

それは創刊30周年特別編集、750号についてだ。

 

 

あんまり読者、購読者を軽んじていないか?と。

 

 

いや、表現を許してもらえるなら「NAMETE」んじゃねぇ~か?と。

 

 

あんなタイトルをつければ誰でもが「買う」と思っているのか?

 

 

この私がいつもいつも「オシム」という名前に反応するから・・・。

 

 

オシムをメニューに、コンテンツに、タイトルに、入れれば

 

 

「まず買うだろう」と。

 

 

「鉄板だな」と。

 

 

そう思ってるんじゃないか?と。

 

 

馬と鹿にしてんじゃない!

 

 

そうそういつまでも、その手には乗るわけがないだろう?

 

 

これを買ってしまえば、貴誌達はまた調子に乗って

 

 

「売りに困ればオシムを入れる」というロジックで

 

 

これからもW杯直前特集を組んで、読者から購読料を吸い上げようとするんだろう?

 

 

馬と鹿にしてんじゃないぞ!?

 

 

そうそういつまでも、その手に乗るもんか!

 

 

¥550といったって、小さいようで馬と鹿にできないんだぞ!

 

 

乗って(買って)たまるか!というこちとらの意地もあるんだ!

<Sponsered Link>




それに冒頭のロングインタビューに、カズやヒデは許すが、その次にゴン、オカダ、ツネ、ボンバー・・・。オイオイ!オシムはいつ出てくるんだ?っていうネーションはどうよ?

 

 

それにヤットが「黄金世代」のワン・オブ・ゼムで扱われてるのにも苦言を呈したい。ヤットで巻頭8頁は組めるだろ?ヤット⇒オシム⇒というネーションで巻頭を組む方が自然だろ?

 

 

ベストゲームと言いながら、「もっとも思い出に残るゲーム」という風に編集が流れてないか?という読者の疑問へはどう答えるんだ?

 

 

まぁ、広報スタッフが選ぶ「Jリーグ全37クラブ」のベストゲームというのはなかなか視点的には新鮮だったが・・・。

 

 

そんなこんな企画やネタ編集でこの私から¥550を奪取しようとしても、そうは問屋が卸さないということを肝に銘じてもらいたいね。

 

 

え?「そんなこと言って、何でそんなに中身に詳しいんだ?」って?「まさか、買わない=立ち読みなんて格好悪い、反社会的な行為に及んでるんじゃないだろうね?」って?

 

 

馬と鹿も休み休み言ってもらいたいね!僕がそんなことするわけじないじゃないか!

 

 

「何だかんだ言って買ったんだろ?オシムにつられて買ってしまったんだろ?悔しいけどそういう身体になってしまったんだろ?正直に言ったらどうなんだ?文春さん有難う!って言ったらどうなんだ?」って?

 

 

違うね!僕は確かにこの雑誌を家で読んでいる。いや、正確には「家で立ち読み」してるんだ。その「家で立ち読みする権利」を本屋との間で¥550という金銭で委託契約したというわけさ!もちろんレジの女の子には「委託契約」という複雑な契約内容は説明しなかったよ。これぞ紳士のマナーというやつさ。解ったかい!?僕は「ミエミエの出版社の手」に乗るような愚かな人間ではないのだよ!そこの所はしっかり覚えておいて欲しいね。

 

 

(しかし、ちゃんと平積みの一番下から(一番きれいな)この雑誌を手に取ることは忘れなかったよ。そうさ、僕は紳士でもあるが、小市民でもあるのさ。そこの所も覚えておいて欲しいね。 爆泣)

エディー・バウアー オンラインストア

※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!

 

 

サイドバナー




関連記事

それに僕は風邪も引いていない

11月も終盤になると、もう季節は冬。通勤電車ではコートの襟を立てるサラリーマンが増えるし、マフラーを

記事を読む

不可能とは?

「不可能」とは、自らの力で世界を切り拓くことを放棄した、臆病者の言葉だ。 「不可能」とは現状に甘ん

記事を読む

完全無欠な域に達したサッカー選手と、完全無欠な域に到達するブロガー

某所某サイトでこんな記事を見つけました。冒頭にお断りですが、このネタは、2008年から2018年まで

記事を読む

FIFA会長の恐ろしい発言

「選手が別の場所でプレーすることを望んでいるのであれば、そうする方法を見つけなければならない。居心地

記事を読む

ジョゼ・モウリーニョ、今夏、ガンバ大阪監督就任内定へ!?

本日驚愕のニュースが我々の元に飛び込んできた(★)     あ

記事を読む

身体能力とは何ぞや?

今回は「【身体能力】について、その解明と分析をどなたかにお願いしたい」。という、「問い掛け」を含めた

記事を読む

サッカー解説者を解説します。

サッカーというスポーツを楽しむ最も一般的な方法は「TV観戦」だろう。   もち

記事を読む

25年前と25年後のベスト10

突然ですが。。。   1位 住友金属 2位 富士通 3位 松下電器 4位

記事を読む

あの人は今

旧い方には懐かしい響きかも知れません。ご存知でしょうか?「あの人は今」。日テレが創始のようですが、人

記事を読む

私の天才列伝。3回目は「ジェイジェイ・オコチャ」

結構好きな私のシリーズネタ「私の天才列伝!」。今回はその3回目です。1回目は「礎貝洋光」、2回目は「

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




僕らは連戦になるとこの選手の名前を叫んでいた。

レンセンブリンクが亡くなったらしい。クライフもいなくなり、また一人、あ

クリロナのルーティーンを彼のルーティーンと比べてみた!

  スペインのメディアに、メッシとクリロナが日々行っているル

VARで疑念は減るのか?増えるのか?

  VARシステム。ビデオ・アシスタント・レフリーの頭文字を

25回目の1月17日。この日はこの歌(満月の夕)を聴く日。

今年も1月17日がやってきました。あれから25回目。25年目、とうとう

タイで最も有名になった日本人!?

  アジア選手権U23=東京五輪サッカーのアジア予選がいよい

→もっと見る

PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券