*

創刊30周年記念特集!ナンバー750号。その手は桑名の焼き蛤!

【お断り】このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」にて掲載された中で2010年03月21日にアップされた記事を再掲載したものです。従いまして、現在と時制や内容に整合が取れていないところもあります。スポナビにて掲載された(旧)「読裏クラブのワンツー通し」のアーカイブの意味も含めての再掲載としておりますので、予めご了承ください。でも、ネタ的には「ええ線」行ってるのもあるんで、一つの作品として、そしてまた「読裏クラブってこんなヤツやねんね・・・」と知っていただく意味でご一読いただければ望外の歓びでございます。

 

ナ○バーという雑誌を編集・発行している出版社に私は物申す。

 

 

それは創刊30周年特別編集、750号についてだ。

 

 

あんまり読者、購読者を軽んじていないか?と。

 

 

いや、表現を許してもらえるなら「NAMETE」んじゃねぇ~か?と。

 

 

あんなタイトルをつければ誰でもが「買う」と思っているのか?

 

 

この私がいつもいつも「オシム」という名前に反応するから・・・。

 

 

オシムをメニューに、コンテンツに、タイトルに、入れれば

 

 

「まず買うだろう」と。

 

 

「鉄板だな」と。

 

 

そう思ってるんじゃないか?と。

 

 

馬と鹿にしてんじゃない!

 

 

そうそういつまでも、その手には乗るわけがないだろう?

 

 

これを買ってしまえば、貴誌達はまた調子に乗って

 

 

「売りに困ればオシムを入れる」というロジックで

 

 

これからもW杯直前特集を組んで、読者から購読料を吸い上げようとするんだろう?

 

 

馬と鹿にしてんじゃないぞ!?

 

 

そうそういつまでも、その手に乗るもんか!

 

 

¥550といったって、小さいようで馬と鹿にできないんだぞ!

 

 

乗って(買って)たまるか!というこちとらの意地もあるんだ!

<Sponsered Link>




それに冒頭のロングインタビューに、カズやヒデは許すが、その次にゴン、オカダ、ツネ、ボンバー・・・。オイオイ!オシムはいつ出てくるんだ?っていうネーションはどうよ?

 

 

それにヤットが「黄金世代」のワン・オブ・ゼムで扱われてるのにも苦言を呈したい。ヤットで巻頭8頁は組めるだろ?ヤット⇒オシム⇒というネーションで巻頭を組む方が自然だろ?

 

 

ベストゲームと言いながら、「もっとも思い出に残るゲーム」という風に編集が流れてないか?という読者の疑問へはどう答えるんだ?

 

 

まぁ、広報スタッフが選ぶ「Jリーグ全37クラブ」のベストゲームというのはなかなか視点的には新鮮だったが・・・。

 

 

そんなこんな企画やネタ編集でこの私から¥550を奪取しようとしても、そうは問屋が卸さないということを肝に銘じてもらいたいね。

 

 

え?「そんなこと言って、何でそんなに中身に詳しいんだ?」って?「まさか、買わない=立ち読みなんて格好悪い、反社会的な行為に及んでるんじゃないだろうね?」って?

 

 

馬と鹿も休み休み言ってもらいたいね!僕がそんなことするわけじないじゃないか!

 

 

「何だかんだ言って買ったんだろ?オシムにつられて買ってしまったんだろ?悔しいけどそういう身体になってしまったんだろ?正直に言ったらどうなんだ?文春さん有難う!って言ったらどうなんだ?」って?

 

 

違うね!僕は確かにこの雑誌を家で読んでいる。いや、正確には「家で立ち読み」してるんだ。その「家で立ち読みする権利」を本屋との間で¥550という金銭で委託契約したというわけさ!もちろんレジの女の子には「委託契約」という複雑な契約内容は説明しなかったよ。これぞ紳士のマナーというやつさ。解ったかい!?僕は「ミエミエの出版社の手」に乗るような愚かな人間ではないのだよ!そこの所はしっかり覚えておいて欲しいね。

 

 

(しかし、ちゃんと平積みの一番下から(一番きれいな)この雑誌を手に取ることは忘れなかったよ。そうさ、僕は紳士でもあるが、小市民でもあるのさ。そこの所も覚えておいて欲しいね。 爆泣)

エディー・バウアー オンラインストア

※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!

 

 

サイドバナー




関連記事

抱腹絶倒サッカー中継「めっちゃ風邪ひいてんねん!」

今回は、まったく、他人様(=ひとさま)からの受け売りです。オリジナリティーもなにもないです。ええ。

記事を読む

「ボスニアの巨匠」にインタビューしました。

今日は一人の「ボスニアの巨匠」に話しを聞けることができました。ので、そのインタビューを再現します。

記事を読む

読裏クラブは正しく生きるために、懺悔します。

ある記事を見て、僕は、今まで自分の人生で隠していた、犯していた罪を思い出し、ここに告白しようと思いま

記事を読む

美しきもの

我々が生きる人生において「美しきもの」はどれぐらいあるだろう?   「美」意識

記事を読む

伝統とは何を守るものなのか?

先日の「東京○○ディ」の新体制発表会で新任監督の表明が少し気になりました。  

記事を読む

メッタに起きないことがメッタに起きたら、メッタに起きることがメッタに起きなくなってしまう話【1】

今日の検索ワードでは、「山形」や「GK」が上位に入っていた。そらそうやろう。一部昇格を懸けたPO(=

記事を読む

W杯を振り返っている男と「悪魔」と「天使」の会話

人は誰でも二重人格である。 一人の人間の中には、あらゆる葛藤がある。   「

記事を読む

Jリーグの試合を観た人は幸せである

私は某キリスト教の学校出身です。   ですので、毎日、授業と同様に「礼拝」とい

記事を読む

サッカーの神様

ボスニアのW杯初出場のタイミングで某雑誌で「ドーハの悲劇」を特集しておりました。ボスニアだって、W杯

記事を読む

ブラジル戦評を、あの「岡田監督」にインタビューしました。

「日本、王国に惨敗!」   という、見出しがスポーツ紙の一面で踊りました。 &n

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




崎陽軒のシウマイと似た世界はここにもあるよ。関西学院の読み方の都市伝説について

ひょんなことから話題になった「崎陽軒のシウマイ」。”ひょんなこと”とい

もしかして人生初?お盆に直撃!台風10号でUターンラッシュに大打撃。車も新幹線もどうなるのか?

お盆の真っただ中。帰省のラッシュも一段落して、あと数日すればUターンラ

サッカー解説者を解説します。

サッカーというスポーツを楽しむ最も一般的な方法は「TV観戦」だろう。

W杯を振り返っている男と「悪魔」と「天使」の会話

人は誰でも二重人格である。 一人の人間の中には、あらゆる葛藤がある。

楽天神戸の補強はどこまで続く?今度は酒井高徳を獲得!

ヴィッセル神戸。私の地元のサッカークラブであり、Jリーグの理念からすれ

→もっと見る

  • 2019年8月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券