*

新しい「矛」と「盾」のお話

先生) さぁ、みんないいかい?今日は「矛」と「盾」、いわゆる「矛盾」の話をしよう。みんなは「矛盾」という言葉を聞いたことがあるかい?

生徒) ありませーん!

先生) よし、それなら、先生が今からひとつの物語を話すよ。いいね?

生徒) はーい!

先生) あるとき、ある国の王様に一人の商人が自分の品物を売ろうとしたんだ。今でいう「軍事産業」とでも言うのかな・・・。その商人の商品は二つあって、一つは「矛」、そしてもう一つは「盾」だったんだ。

生徒) ・・・。

先生) その商人は、この「矛」を売るときには「この矛は、世界で一番の攻撃力を誇ります。この攻撃にさらされて無事に守り通せるものは一つもありません。この「矛」さえあれば世界を制覇できます!」と、売り込んだんだ。もちろん「攻撃は最大の防御ですよ!王様」というセリフとともにね。

生徒) ・・・。

先生) 一方、その商人の商品はもう一つあって、それは「盾」だった。「この盾は、世界の中で最強の防御を誇ります。どんな攻撃にさらされてもこの盾さえあればそれらから防ぐことが出来ます。この盾があれば王様の国は無敵です。世界を支配できます。」と、売り込んだんだ。

生徒) ・・・。

先生) さて、君たちにここで質問だ。この話はどこかおかしくないかい?

生徒A) はい!先生!(挙手)

先生) はい、A君。

生徒A) それはおかしいです。その商人の盾の売り文句の言うことが本当なら、その商人の矛でその商人の盾は破ることが出来なくなって、そうなるとその商人の矛は欠陥商品になります。また、その商人の矛の売り文句の言うことが本当なら、その商人の盾でその矛の攻撃を守ることが出来なくなって、その商人の盾は欠陥商品になります。データ改ざんの兆候も感じますし、不正データを使用している可能性も充分にあります。その矛と盾を製造している会社は組織ぐるみでこういう事を25年もやり続けていたのでしょうか?名門グループの驕りというか、コンプライアンス軽視というか、非常に問題です。

 

<Sponsered Link>



 

先生) ・・・そ、そうだね。君の前半の部分は非常に正しいよ。後半の部分・・・は、ちょっと君の想像と妄想の範囲じゃないのかな?この矛と盾を作ったのは、グループ会社でもないし、もっともっと昔の話だよ。自動車も重工業も商社も銀行も何も無かった時代だからね。結局ここから「矛盾」という言葉が生まれたんだ。この話の王様もこういう質問をこの商人にしたんだ。「それならあなたの矛で、あなたの盾を突いたらどうなるんだい?」ってね。このことから、物事のつじつまが合わない、論理が通らない、そういう事を「矛盾」と言うようなったんだよ。

生徒B) 先生!それは旧いよ・・・。

先生) どういう意味だい?B君。

生徒B) だから、それは昔の話だよ。最新の理論は違うんだ。

先生) ほう。。。それは先生も知らないな。どういう理論なんだい?

生徒B) 困るなぁ~。。。先生、ちゃんと最新の情報で理論を見直してもらわないと・・・。

先生) それなら君はその最新の矛盾に関する理論を知っていると言うんだね?

生徒B) もちろんさ。

先生) じゃ、いい機会だから先生に説明してもらうと同時に教室のみんなにも「新しい矛盾」というのを説明してくれるかな?

生徒B) いいよ。それはね。もう「矛盾」は無いんだ。

先生) 矛盾が無い?それはどういう意味だい?もう少し詳しく説明してくれるかな?

生徒B) つまり、何でもやぶれる破れる「矛」ってのは無いのさ。あるのは何からも守れる「盾」があるだけさ。だから「矛盾」というのは前提として成立しないのさ。

先生) ・・・?

生徒B) 最近その事実が明らかになったんだよ。先生知らないのかい?

先生) ・・・どこの論文に載ってたのか・・・先生は知らなかったよ。

生徒B) 論文じゃないよ。昨日TVでやってたじゃん!?

先生 ・・・テレビ?そんなテレビやってたかい?

生徒B) これだから困るよ。何でも好奇心と探求心を持てば簡単に解かるのに。

先生)  い、いいから、その先を説明したまえ!

生徒B) シメオネ盾がまたペップ矛を完璧に防いだじゃないか?あの何でも突き通す世界一の攻撃力を持つバイエルン矛を!それにその前には、あのMSN盾も防いだんだ。あれこそ世界一だったのに。つまり、世界で何でも突き通す矛なんて無いのさ。いや、正確にはシメオネ盾さえあれば、どんな攻撃力も防ぐことが出来るんだ。先生!シメオネ盾、エグイよ!見た?先生!?それも一回や二回じゃないじゃん?ずっとさ。去年からずっと。リーガだってCLだって全部この盾で支配してるじゃん!これこそ新しい理論、新しい真実だよ!先生!新しい「矛」と「盾」の逸話に相応しいと思わない?先生!

先生)  B君、その結論は5月3日まで持ち越そうじゃないか。はい、結果は今日の授業はここまで。

 

<Sponsered Link>



 
 

このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」にて掲載された中で2008年04月11日にアップされた記事を加筆修正して再掲載したものです。メッチャ旧いネタですので今日現在で読んでも「あ?なに?これ?」てな感じなのですが、スポナビでアップしたネタをとりあえず全ネタこちらに引越しする過程として本日アップしております。どうぞご了承くださいますと同時に、芳香なワインを楽しむごとく、懐かしいネタを存分にお楽しみくださいませ(爆)

 

サイドバナー




関連記事

「チンチン」と「ボコボコ」はどっちが「チンチン」?

サッカーで圧倒的に相手を叩きのめすときに「チンチンにする」という表現があります。「相手をチンチンにし

記事を読む

ハムストリングの別名は「紅茶の美味しい〇〇〇」

「歌は世につれ、世は歌につれ」とはよく言われるフレーズであるが、世につれるのは、歌だけではなく、コト

記事を読む

日本代表を分析する「あ・い・う・え・お」

今日はかの有名な「あ・い・う・え・お研究」の大家、松本先生にお越しいただきました。日本サッカーと【あ

記事を読む

読裏クラブが選ぶ「私の理想のイレブン」(日本人編)

さぁ、今年もいよいよあとわずかでJリーグが開幕。そんな時節柄とも実はまったく関係なく(笑)、唐突で申

記事を読む

もしも巨人軍に「巨人軍ユース」があったなら?

本日はちょっと「ハイブリッド(掛け合わせ)」なネタ展開です。   プロ野球恒例

記事を読む

抱腹絶倒サッカー中継「めっちゃ風邪ひいてんねん!」

今回は、まったく、他人様(=ひとさま)からの受け売りです。オリジナリティーもなにもないです。ええ。

記事を読む

チームコンセプト。それはサッカーの命です。皆んなでチームコンセプトを考えよう!

今回は、ある大会に向けてかなり戦術を練って練習を積み、切磋琢磨するある高校サッカーチームの練習風景を

記事を読む

あの人は今

旧い方には懐かしい響きかも知れません。ご存知でしょうか?「あの人は今」。日テレが創始のようですが、人

記事を読む

不可能とは?

「不可能」とは、自らの力で世界を切り拓くことを放棄した、臆病者の言葉だ。 「不可能」とは現状に甘ん

記事を読む

ブラジル戦評を、あの「岡田監督」にインタビューしました。

「日本、王国に惨敗!」   という、見出しがスポーツ紙の一面で踊りました。 &n

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




VARで疑念は減るのか?増えるのか?

  VARシステム。ビデオ・アシスタント・レフリーの頭文字を

25回目の1月17日。この日はこの歌(満月の夕)を聴く日。

今年も1月17日がやってきました。あれから25回目。25年目、とうとう

タイで最も有名になった日本人!?

  アジア選手権U23=東京五輪サッカーのアジア予選がいよい

森保解任論に見るオシムの凄さ

2020年1月。AFC-U23選手権。この大会は東京五輪サッカーアジア

成人の日に一番ふさわしい本

  成人の日。昔は1月15日という決まった日だったけど、今は

→もっと見る

PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券