*

国立をウェンブレーに!

【お断り】このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」にて掲載された中で2008年03月01日にアップされた記事を再掲載したものです。従いまして、現在と時制や内容に整合が取れていないところもあります。スポナビにて掲載された(旧)「読裏クラブのワンツー通し」のアーカイブの意味も含めての再掲載としておりますので、予めご了承ください。でも、ネタ的には「ええ線」行ってるのもあるんで、一つの作品として、そしてまた「読裏クラブってこんなヤツやねんね・・・」と知っていただく意味でご一読いただければ望外の歓びでございます。

 

本日「ゼロックススーパーサッカー」という冠名で「鹿島」VS「広島」が行われました。結果や内容は他のブログさん等で詳しく記載されるでしょうから、そちらに譲るとして、今回はその試合が行われた場所。つまり、「国立」のお話しをば。

 

 

「国立」を使ったサッカーの試合って、年間何試合あるんでしょうか?詳しく調べていないのは「怠慢」のそしりを免れないのでしょうが、それでも少なくとも5~10試合はあるんじゃないですかね。

 

 

まずもって「天皇杯の決勝」に始まり、「高校サッカーの決勝」でしょう?それに、確か「ナビスコの決勝」もそうでしたよね?加えて「オリンピックの予選」や「W杯の予選」がある場合は、あと数試合プラスされて、最後に「Jリーグ」でも一部使用されるときがあったはずです。そんでもって「ゼロックス・スーパーサッカー」も。「オールスター」で使うこともあったかな?

 

 

え?「くどくど前置きして何をいいたいんや?」ですって?

 

 

つまり、その、「多すぎるんちゃうのん?」と思うわけですよ。国立を使用する試合が。

 

 

「そんなことないやろ?だいたいサッカーの決勝で国立を使うのに何の不思議があるねん?」

 

 

とおっしゃりたいのもよく解かります。が、もう少し「国立」を少なくして「国立」の稀少価値を高めてもいいのではないか?と。もっと言うなら「聖地」にしてもいいのではないか?と。思うのです。

 

 

もっともっと言うと

「国立」を「ウェンブリー」にしよう!。。。

と、いうわけです。

 

 

もちろん今のままでも充分かもしれんのですが、どうも「各大会」の値打ちというもんにバラつきがあるように思えるんですよ。で、「決勝だけはやっぱり国立」というものに限定させれば、「国立に立ちたい!」というモチベーションの力を借りて、各々の大会に「箔」がつくのではないかなぁ~と考えるわけです。

 

 

「夢」というか「憧れ」というか。

 

<Sponsered Link>



 

「俺って国立のピッチに立ったことがあるんだぜ!」というのはイコール「○○○大会の決勝・ファイナリストなんだぜ!」という意味にしてもらいたいのです。60・70歳になっても酒を飲みながら自慢できるように。プロのサッカー選手になったからと言っても必ずしも国立の芝を踏めるかどうかは判らない・・・という環境ですね。極端な話、年間でサッカーの試合での国立はカップ戦の「天皇杯決勝」と「ナビスコ決勝」だけとか。プラス「最も重要!とみなすアジア予選の時だけ急遽特別に」ぐらいに対象試合を絞って。高校サッカーの決勝をどうするか?はちょっと悩みますがね。

 

 

「それでもラグビーもぼこぼこ使ってるわけやし、陸上のハンマー投げも使ってるんやから、サッカーも使わんと損やろ!」というご意見は至極ごもっとも!

 

 

「だいたい年間2試合そこらで年間の芝の維持費のことをどう考えてるんや?」というご意見も至極ごもっとも!

 

 

でも、そこを!「百年計画」のJが、「ぐっと我慢の男の子!」になって応分を負担するんですよ!

 

「たった2試合」のために、残りの363日、来る日も来る日も、その日のために「最高の芝生」を保つために、専属のグリーンキーパーが丹精込めて手入れをするんです。ラグビーの試合やハンマー投げのためにも、芝生の維持はサッカー協会が持つのです。その崇高さはテニスのウィンブルドン・センターコートが近しいイメージでしょうか。別のイメージとしては「甲子園」でしょうか。日本の高校野球があそこまでの盛り上がりを地方大会から見せるのは「甲子園」という存在抜きには語れないでしょう!「やりました!これで夢の京セラドーム大阪です!」ではねぇ~~。

 

 

だからこそ、そんな「芝」だからこそ!「選手」はその「ピッチ」に立つことだけで「名誉」と「誇り」を感じ、「身体が震え」、90分間、力の限りを出し尽くすのです!

 

 

今の「国立」のピッチの状態。スタンドの寂しさ。値打ちがどんどん下がってます。加えて「老朽化」。でも、老朽というのは時間とともに発生するもので、その老朽という顔にはイコール歴史という皺が刻まれていると発想を変えるのです。

 

イングランドのFAカップがイタリアのコッパ・イタリアやスペインの国王杯のそれとは明らかに違う理由の一つに「決勝の地、ウェンブレー」というステータスがあるように聞いております。「ウェンブレーは、しょうもない中途半端な試合には絶対に使わせない!」と聞いております。。

 

 

そういう存在に「国立」がなってくれたら、また一つサッカー文化に奥行きが出るように思うのですが、いかがですか?川淵会長。

 

※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!

 

 

サイドバナー




関連記事

持っている男 と 持っていない男

【お断り】このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」

記事を読む

川崎サポの横断幕がヒット!「マオタイ酒はみんなのもの」

【お断り】このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」

記事を読む

もしも巨人軍に「巨人軍ユース」があったなら?

本日はちょっと「ハイブリッド(掛け合わせ)」なネタ展開です。   プロ野球恒例

記事を読む

あの人は今

旧い方には懐かしい響きかも知れません。ご存知でしょうか?「あの人は今」。日テレが創始のようですが、人

記事を読む

抱腹絶倒サッカー中継「めっちゃ風邪ひいてんねん!」

今回は、まったく、他人様(=ひとさま)からの受け売りです。オリジナリティーもなにもないです。ええ。

記事を読む

残ってポンテ!

今回は前回のエントリー「フィンケの退任に思うこと」の続編に当たります(苦笑)。いや、続編というより、

記事を読む

完璧な選手とは?

バルセロナのアンドレス・イニエスタが、「完璧な選手とは?」という質問に対し、このように答えたらしい。

記事を読む

サッカーの死語をアナタはどこまでご存知ですか?

ここに来られる皆さんの中で「インナー・ハーフ」という言葉をご存知の方は何人ぐらいいらっしゃるのでしょ

記事を読む

私の天才列伝。3回目は「ジェイジェイ・オコチャ」

結構好きな私のシリーズネタ「私の天才列伝!」。今回はその3回目です。1回目は「礎貝洋光」、2回目は「

記事を読む

10年間のブログで最も読まれた記事「なぜロングボールの放り込みに批判が集まるのか?」

今回は、私が2008年から2018年まで10年間スポナビさんでアップしたブログの記事1,063本の中

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




新元号決定直前企画!新元号の本命はコレだ!?

いよいよあと数日で新元号が発表されます。発表は4月1日の月曜日、まさに

明らかに世代交代!新元号なんだから、新BIG3と呼ばずに(新元号の)新御三家と呼んで欲しいよね!?

キリンチャレンジの2試合が終りました。今回は南米の2ヶ国、コロンビアと

平成とともに走ってきたイチロー。元イチローになって、行ったり来たり!

あと10日で新元号が発表される平成31年3月21日。イチローが引退を発

イチローより有名な日本人!名前が動詞化したKon-Mariとは誰?

イチロー選手が2019年のメジャー開幕を日本で開催するマリナーズ。そこ

目からウロコ!「大人の文章講座」を読むと、文章への苦手意識がぶっ飛びますよ!

突然ですが、皆さん、文章を書くのは得意ですか?得意かどうかは別にして文

→もっと見る

  • 2019年4月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
PAGE TOP ↑