*

国立をウェンブレーに!

【お断り】このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」にて掲載された中で2008年03月01日にアップされた記事を再掲載したものです。従いまして、現在と時制や内容に整合が取れていないところもあります。スポナビにて掲載された(旧)「読裏クラブのワンツー通し」のアーカイブの意味も含めての再掲載としておりますので、予めご了承ください。でも、ネタ的には「ええ線」行ってるのもあるんで、一つの作品として、そしてまた「読裏クラブってこんなヤツやねんね・・・」と知っていただく意味でご一読いただければ望外の歓びでございます。

 

本日「ゼロックススーパーサッカー」という冠名で「鹿島」VS「広島」が行われました。結果や内容は他のブログさん等で詳しく記載されるでしょうから、そちらに譲るとして、今回はその試合が行われた場所。つまり、「国立」のお話しをば。

 

 

「国立」を使ったサッカーの試合って、年間何試合あるんでしょうか?詳しく調べていないのは「怠慢」のそしりを免れないのでしょうが、それでも少なくとも5~10試合はあるんじゃないですかね。

 

 

まずもって「天皇杯の決勝」に始まり、「高校サッカーの決勝」でしょう?それに、確か「ナビスコの決勝」もそうでしたよね?加えて「オリンピックの予選」や「W杯の予選」がある場合は、あと数試合プラスされて、最後に「Jリーグ」でも一部使用されるときがあったはずです。そんでもって「ゼロックス・スーパーサッカー」も。「オールスター」で使うこともあったかな?

 

 

え?「くどくど前置きして何をいいたいんや?」ですって?

 

 

つまり、その、「多すぎるんちゃうのん?」と思うわけですよ。国立を使用する試合が。

 

 

「そんなことないやろ?だいたいサッカーの決勝で国立を使うのに何の不思議があるねん?」

 

 

とおっしゃりたいのもよく解かります。が、もう少し「国立」を少なくして「国立」の稀少価値を高めてもいいのではないか?と。もっと言うなら「聖地」にしてもいいのではないか?と。思うのです。

 

 

もっともっと言うと

「国立」を「ウェンブリー」にしよう!。。。

と、いうわけです。

 

 

もちろん今のままでも充分かもしれんのですが、どうも「各大会」の値打ちというもんにバラつきがあるように思えるんですよ。で、「決勝だけはやっぱり国立」というものに限定させれば、「国立に立ちたい!」というモチベーションの力を借りて、各々の大会に「箔」がつくのではないかなぁ~と考えるわけです。

 

 

「夢」というか「憧れ」というか。

 

<Sponsered Link>



 

「俺って国立のピッチに立ったことがあるんだぜ!」というのはイコール「○○○大会の決勝・ファイナリストなんだぜ!」という意味にしてもらいたいのです。60・70歳になっても酒を飲みながら自慢できるように。プロのサッカー選手になったからと言っても必ずしも国立の芝を踏めるかどうかは判らない・・・という環境ですね。極端な話、年間でサッカーの試合での国立はカップ戦の「天皇杯決勝」と「ナビスコ決勝」だけとか。プラス「最も重要!とみなすアジア予選の時だけ急遽特別に」ぐらいに対象試合を絞って。高校サッカーの決勝をどうするか?はちょっと悩みますがね。

 

 

「それでもラグビーもぼこぼこ使ってるわけやし、陸上のハンマー投げも使ってるんやから、サッカーも使わんと損やろ!」というご意見は至極ごもっとも!

 

 

「だいたい年間2試合そこらで年間の芝の維持費のことをどう考えてるんや?」というご意見も至極ごもっとも!

 

 

でも、そこを!「百年計画」のJが、「ぐっと我慢の男の子!」になって応分を負担するんですよ!

 

「たった2試合」のために、残りの363日、来る日も来る日も、その日のために「最高の芝生」を保つために、専属のグリーンキーパーが丹精込めて手入れをするんです。ラグビーの試合やハンマー投げのためにも、芝生の維持はサッカー協会が持つのです。その崇高さはテニスのウィンブルドン・センターコートが近しいイメージでしょうか。別のイメージとしては「甲子園」でしょうか。日本の高校野球があそこまでの盛り上がりを地方大会から見せるのは「甲子園」という存在抜きには語れないでしょう!「やりました!これで夢の京セラドーム大阪です!」ではねぇ~~。

 

 

だからこそ、そんな「芝」だからこそ!「選手」はその「ピッチ」に立つことだけで「名誉」と「誇り」を感じ、「身体が震え」、90分間、力の限りを出し尽くすのです!

 

 

今の「国立」のピッチの状態。スタンドの寂しさ。値打ちがどんどん下がってます。加えて「老朽化」。でも、老朽というのは時間とともに発生するもので、その老朽という顔にはイコール歴史という皺が刻まれていると発想を変えるのです。

 

イングランドのFAカップがイタリアのコッパ・イタリアやスペインの国王杯のそれとは明らかに違う理由の一つに「決勝の地、ウェンブレー」というステータスがあるように聞いております。「ウェンブレーは、しょうもない中途半端な試合には絶対に使わせない!」と聞いております。。

 

 

そういう存在に「国立」がなってくれたら、また一つサッカー文化に奥行きが出るように思うのですが、いかがですか?川淵会長。

 

※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!

 

 

サイドバナー




関連記事

プラチナが輝くとき

私のような年齢になりますと、「時代が変わったなぁ~」と、思う瞬間を何度か経験します。 &nbs

記事を読む

私の大好きなサッカープレーヤー、「狂気の左サイドバック」!都並敏史

今回は「私の大好きなサッカープレーヤー」というお題のシリーズ。その第一弾!をお送りします。 &

記事を読む

あの人は今

旧い方には懐かしい響きかも知れません。ご存知でしょうか?「あの人は今」。日テレが創始のようですが、人

記事を読む

「ボスニアの巨匠」にインタビューしました。

今日は一人の「ボスニアの巨匠」に話しを聞けることができました。ので、そのインタビューを再現します。

記事を読む

久保建英はワールドカップに何回出られるか?

まったく唐突ではあるが、我々の生活の中心、フットボールの世界の中心、W杯は4年に1回行われる。前回の

記事を読む

ロシアワールドカップ直前、ハリルホジッチ大物助っ人と契約!?

先の欧州遠征で課題が浮き彫りになったハリルジャパン。毎回このタイミングで必ず「更迭」の提案をするセル

記事を読む

カウンターの魅力

以下のような状況を想像してみて欲しい。   皆さんの想像を助けるために、一方の

記事を読む

W杯を振り返っている男と「悪魔」と「天使」の会話

人は誰でも二重人格である。 一人の人間の中には、あらゆる葛藤がある。   「

記事を読む

ピチピチパンツ、略してピチパン!アディダスさんへ!復古のお願い。

今回は、前回の「ストッキング」つながりで、また「ユニフォーム系」の話しをば・・・。  

記事を読む

レッドカードとイエローカードは、日常用語となりました。

私、フットボーラー(サッカーを愛している人の意・・・です)にとって、日本の日常会話ですごく気になるこ

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




もしかして人生初?お盆に直撃!台風10号でUターンラッシュに大打撃。車も新幹線もどうなるのか?

お盆の真っただ中。帰省のラッシュも一段落して、あと数日すればUターンラ

サッカー解説者を解説します。

サッカーというスポーツを楽しむ最も一般的な方法は「TV観戦」だろう。

W杯を振り返っている男と「悪魔」と「天使」の会話

人は誰でも二重人格である。 一人の人間の中には、あらゆる葛藤がある。

楽天神戸の補強はどこまで続く?今度は酒井高徳を獲得!

ヴィッセル神戸。私の地元のサッカークラブであり、Jリーグの理念からすれ

吉野家の数量限定サーロイン使用「特選 すきやき重」は、本当に数量限定なんだろうか?

私(読裏)は、普段は広告戦略やマーケティングなどのコンサルティングをし

→もっと見る

  • 2019年8月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券