*

ジョゼ・モウリーニョ、今夏、ガンバ大阪監督就任内定へ!?

本日驚愕のニュースが我々の元に飛び込んできた(★)

 

 

あのジョゼ・モウリーニョが今夏「ガンバ大阪」の監督に就任することが正式に内定した(★)のだ。

 

 

現在「ガンバ大阪」は長谷川監督の長期政権から、クルピ監督を迎えて新たなスタートを切ろうとしているが、その立ち上がりはまだ上手くいっていない。世代交代の波もあるが、ここで手を打たなければ一気にJ2への降格の可能性もある・・・という、首脳陣の危機感がこのような驚愕の次期監督オファーへと繋がったようだ。

 

 

そして何とあのジョゼ・モウリーニョが日本のサッカーに興味を示している(★)という情報をいち早く入手したらしい。いや、正確に言うと、ガンバ大阪の遠藤保仁に興味を持っているというのだ。昨年夏にはポグバか遠藤かということでモウリーニョはかなりマンチェスターサイドと激論を交わしたらしいが、ジョゼの気持ちの中ではポグバよりも遠藤をその候補に入れていたという(★)。

 

 

ご存知天下の「パナソニック」をメインスポンサードに持つガンバである。世界中に張り巡らせた「パナソニック販売店網」の、文字通り網の目のような情報網が、モウリーニョの野心を確認した(★)。

 

<Sponsered Link>



 

モウリーニョの野心。それはもちろん「リーグ・トロフィーコレクション」である。ポルトガル、イングランド、イタリア、そして今スペインのリーグでチャンピオンの座を手に入れようとしている彼にとっては、次のターゲットが必要である(★)ことは想像に難くない。

 

 

もちろん彼がまだ手に入れていないコレクション、次のターゲットに、「リーグ・アン」や「ブンデス・リーガ」の名が上がっても不思議ではないだろう。だが、既に栄光と名声を手に入れている彼には、これらのリーグでは「挑戦」という刺激が少なすぎるらしい。端的に言えば「燃えない」のだ。「優勝して当たり前」の彼にとっては、もっと未知なる世界、挑戦に値する世界でないとダメらしい(★)。

 

 

それが日本のJリーグ、そして「ガンバ大阪」だった(★)。

 

 

もちろん彼がこの決断に至るまでには、遠藤のプレー映像も決め手になった(★)という話だ。そうなれば彼の優勝へのツールに必要ないくつかのパーツもガンバ大阪に集結する可能性がある。リカルド・カルバーリョ、そしてもう一人エジルも声が掛かっているという(★)。

 

 

ロシアワールドカップが終わり、その翌日に「パナソニック・マンチェスター」の事務所でジョゼ・モウリーニョのガンバ大阪監督就任発表が既に予定されている(★)。

 

 

2018年開幕スタートに失敗したガンバ。6月までにどこまで態勢を立て直せるか?は、解らないが、今夏にモウリーニョを迎え(★)、起死回生の大逆転優勝を狙うために、今は静かに、不気味な潜行を続けていくのだろう!

 

 

モウリーニョ+遠藤+エジル。

 

 

我々はその時何が見えるのだろうか?

 

(★)には「らしい・・・という噂がないわけでもないらしいが、かと言ってこれがまったくの真実ではないという事もないということもあり得ないことではない」という言葉を代入して上記文章を完成させてください。

「なぁ、読裏さんよ、ようもまぁこんだけベタベタなエイプリルフールネタをアップさせよんなぁ~。その神経、信じられへんわ!」と、仰る方。誰がエイプリルフールやねん!?そんなん解らへんやろ!?もしかしてもしかしたらこれと同じニュースが6月上旬ぐらいに出回るかも知れへんやん!?

 

このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」にて掲載された中で2012年04月01日にアップされた記事を加筆修正して再掲載したものです。(このネタは4月1日にアップすることでその価値が何倍にも増しますので・・・今日この日に過去ネタをラッシュでアップしております。 爆)

 



 

 
※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!

 
 

 

 

サイドバナー




関連記事

レッドカードとイエローカードは、日常用語となりました。

私、フットボーラー(サッカーを愛している人の意・・・です)にとって、日本の日常会話ですごく気になるこ

記事を読む

クライフの革命的なコトバ。もっと早くそれ言って欲しかったわ。

今回はクライフのネタです。     クライフの有名な言葉に「ボ

記事を読む

川崎サポの横断幕がヒット!「マオタイ酒はみんなのもの」

【お断り】このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」

記事を読む

「ストッキング」を「ずらしてもいい」という時代

みなさんはサッカー選手が、「ストッキング」を「ずらしてもいい」という時代があったことをご存知でしょう

記事を読む

アルゼンチンの兄貴と弟分の会話

弟分1)暑いっすねぇ~。兄貴!日本ってこんなに暑いんすか?   (兄貴)ああ。

記事を読む

サッカーの死語をアナタはどこまでご存知ですか?

ここに来られる皆さんの中で「インナー・ハーフ」という言葉をご存知の方は何人ぐらいいらっしゃるのでしょ

記事を読む

持っている男 と 持っていない男

【お断り】このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」

記事を読む

私の天才列伝。3回目は「ジェイジェイ・オコチャ」

結構好きな私のシリーズネタ「私の天才列伝!」。今回はその3回目です。1回目は「礎貝洋光」、2回目は「

記事を読む

伝統とは何を守るものなのか?

先日の「東京○○ディ」の新体制発表会で新任監督の表明が少し気になりました。  

記事を読む

国立をウェンブレーに!

【お断り】このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




抱腹絶倒サッカー中継「めっちゃ風邪ひいてんねん!」

今回は、まったく、他人様(=ひとさま)からの受け売りです。オリジナリテ

「ブラックホールで死んでみる」

僕は宇宙が好きだ。そして宇宙の事を知ろうとすれば、星のことや、光のこと

何故か不思議なセブンとイレブンの話!?

今回は「7」と「11」のお話し。   で、「7」

国際試合の意味は?本当の狙いは別なところにある説。

7月最後の日となった31日、各地でクラブ間の国際親善試合が行われた。浦

アルゼンチンの兄貴と弟分の会話

弟分1)暑いっすねぇ~。兄貴!日本ってこんなに暑いんすか? &n

→もっと見る

  • 2018年8月
    « 7月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑