*

メッタに起きないことがメッタに起きたら、メッタに起きることがメッタに起きなくなってしまう話【1】

今日の検索ワードでは、「山形」や「GK」が上位に入っていた。そらそうやろう。一部昇格を懸けたPO(=プレーオフ)大一番で、1-1のアディッショナル・タイムで、おそらくこれがラストプレーという、コーナーキックを、山形のGKが、ヘッドで、決勝点を上げたんやからね。

 

あと1分!守れば、J1昇格の次のステップに進めると思っていたジュビロ磐田の、J1昇格のド本命の磐田の、その面々を地獄へ突き落したヘッド。

 

よく、ラストプレーで、ギャンブルプレーというか、破れ被れというか、自暴自棄というか(←これはちょっと違うか・・・)、そういう試合展開と時間帯でGKがコーナー時に上がるときはあるけれど、それでそのGKが点を入れるどころか、からむこともあまり見たことはない。例えは違うけれど、高校野球の最後のバッターが一塁へヘッドスライディングしてゲームセット!みたいな。。。どこか「これで試合が終わる」最後の形づくりのようなプレーだからね。

 

それが、なんと!点を入れて、それまたそれがなんと!山形のJ1昇格への可能性を残した試合なんだから、劇的も劇的、ドラマでもこんな脚本は書けないぐらいの劇的さ。

 

それにしても最近多いよねぇ~。つい先日は浦和のJ1優勝の可能性をほぼ事実上消したとも思えるゴールがアディッショナルに入ったり。

 

<Sponsered Link>



 

ドーハの悲劇のときによく言われた「経験」と言えばそれまでだけれど、こういう滅多に起きないことがリーグ最終戦とかPOの大一番とかにはよく起きる。もはや僕達は、滅多に起きないことが起きてもそうそう驚かなくなってきたよね。

 

これってつまり、サッカー文化というか、サッカーの歴史というか、つまりその、ようやく我々日本も、少しサッカー国らしくなってきたっていうことかな?

 

その昔ジーコが言っていた「サッカーの全てがラスト5分で起きる」というのは本当だと思うようになってきたもん。

 

しかし、こうも滅多に起きないことがこれだけ滅多に起きてくると、滅多に起きないことのほうが滅多に起きて、滅多に起きることが滅多に起きないようになってきたりして。

 

滅多に起きるような「前半の1点リードを、首位のチームが守り切って、優勝をたぐり寄せました」みたいな・・・。そんな滅多に起きることが、近い将来滅多に起きないことになって、そうなれば実況中継も、「おお!なんと!凄いことが起きました!例年、優勝が懸かった、昇格が懸かった、残留が懸かった試合になると、決まってラスト3分のアディッショナルで何かが起きるのに、今年はもうドラマというか、劇的な展開というか、なんと!この試合に勝てば優勝!というホームチームが、前半15分にあげたPKの得点をそのまま守り切って1-0で終了!○○年ぶりに優勝を決めました~!」みたいな(苦笑)。

 

こんなことになったら、滅多に起きないことが滅多に起きて、滅多に起きることが滅多に起きなくなって、もう常識がメッタメッタに崩れて、滅多やたらにメッタメッタの試合が滅多に起きないことが起きるというか、滅多に起きたら滅多に起きることが起きなくなるというか、自分でも何言うてるんんか解らへん!メッタメタやん!?(爆)

 

というわけで、このネタのオチ・・・。メッタ?(=ミエタ?・・・)

 

このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」にて掲載された中で2014年11月30日にアップされた記事を加筆修正して再掲載したものです。メッチャ旧いネタですので今日現在で読んでも「あ?なに?これ?」てな感じなのですが、スポナビでアップしたネタをとりあえず全ネタこちらに引越しする過程として本日アップしております。どうぞご了承くださいますと同時に、芳香なワインを楽しむごとく、懐かしいネタを存分にお楽しみくださいませ(爆)

 

サイドバナー




関連記事

チームコンセプト。それはサッカーの命です。皆んなでチームコンセプトを考えよう!

今回は、ある大会に向けてかなり戦術を練って練習を積み、切磋琢磨するある高校サッカーチームの練習風景を

記事を読む

猛暑の中のJリーグは、ここが心配!?

今日で甲子園、つまり、夏の高校野球の決勝が終了しました。ここは、「サッカーワールド」のブログなんで高

記事を読む

ブラジル戦評を、あの「岡田監督」にインタビューしました。

「日本、王国に惨敗!」   という、見出しがスポーツ紙の一面で踊りました。 &n

記事を読む

カウンターの魅力

以下のような状況を想像してみて欲しい。   皆さんの想像を助けるために、一方の

記事を読む

「ボスニアの巨匠」にインタビューしました。

今日は一人の「ボスニアの巨匠」に話しを聞けることができました。ので、そのインタビューを再現します。

記事を読む

負けているチームの残り5分。パワープレーへの切替は正しいのだろうか?

先日は「10年間のブログで最も読まれた記事」というタイトルで、ロングボール(放り込み)についても問題

記事を読む

移籍先よりも、そのタイミングが問題だと思うのです。

【お断り】  このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通

記事を読む

コパ・アメリカのセレソンのロッカールームでの会話

今まであまり詳しいことは述べてこなかったが、我々「読裏グループ」は、世界にその情報網を張り巡らせてい

記事を読む

10年間のブログで最も読まれた記事「なぜロングボールの放り込みに批判が集まるのか?」

今回は、私が2008年から2018年まで10年間スポナビさんでアップしたブログの記事1,063本の中

記事を読む

元祖天才、あのレジェンド礒貝洋光が現役復帰でガンバ大阪へ!?

先日は、「40歳でJリーガーになった男 安彦考真」という、驚きのニュースが飛び込んできた矢先・・・

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




もしかして人生初?お盆に直撃!台風10号でUターンラッシュに大打撃。車も新幹線もどうなるのか?

お盆の真っただ中。帰省のラッシュも一段落して、あと数日すればUターンラ

サッカー解説者を解説します。

サッカーというスポーツを楽しむ最も一般的な方法は「TV観戦」だろう。

W杯を振り返っている男と「悪魔」と「天使」の会話

人は誰でも二重人格である。 一人の人間の中には、あらゆる葛藤がある。

楽天神戸の補強はどこまで続く?今度は酒井高徳を獲得!

ヴィッセル神戸。私の地元のサッカークラブであり、Jリーグの理念からすれ

吉野家の数量限定サーロイン使用「特選 すきやき重」は、本当に数量限定なんだろうか?

私(読裏)は、普段は広告戦略やマーケティングなどのコンサルティングをし

→もっと見る

  • 2019年8月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券