*

ハムストリングの別名は「紅茶の美味しい〇〇〇」

「歌は世につれ、世は歌につれ」とはよく言われるフレーズであるが、世につれるのは、歌だけではなく、コトバ自体もそうである。

で、コトバにはそれぞれの業界用語も当然に含まれており、我々フットボールの世界も例外ではない。

たとえば・・・

その昔は「ボランチ」なんてコトバはなくて、「インナー」とか「ハーフ」とか言われていた。

「クロス」よりは「ロビング」であったり「センタリング」であったりが主流。

「アディッショナルタイム」は「ロスタイム」だったし

「センターバック」は「ストッパー」だったり「スィーパー」だったりしていた。

そして、それはポジションや戦術だけの話ではなくて、例えばこんな例も。

今では当然のように言われている「ハムストリング」

あの清武が負傷した箇所もこの名称だ。

だが、我々の時代はこんな洒落た言い方ではなかったね。

<Sponsered Link>



 

「ハム」ストリングなのでどこかフーズ系なのかもしれんが、我々の時代は「ミート・グッバイ」

そう。日本語では「肉離れ」。

ただ、それをどこか茶化してどこか比喩して「モモ裏のミート・グッバイ」。どこか哀し気な焼肉系の部位の名称みたいな。そんな言い方やったような。

で、このミート・グッバイ。これになると当分の間、試合に出られないので、選手間の間ではこんな会話も交わされていた。

「どないしてん、やっぱりミート・グッバイか?」

「あかん。今日はもう紅茶の美味しい喫茶店・・・行ってくるわ」

♪わっかるかなぁ~?♪わっかんねぇ~だろうなぁ~・・・。

はい。このネタが分かるのであれば、アナタは完全に昭和人でっせ!ね?柏原さん!?
PS このブログでは、過去ネタのコメントを見ることができませんが・・・今回のネタは完全にdiamondsoccer12(通称ベルントさん)のコメントから拝借したネタです。
&nbsp

このネタはfacebook https://www.facebook.com/yomiuraclub1961/ でもご紹介しております。コメントはご面倒ですが、facebookの方でアップしていただけると、しっかり返信させていただきます。どうもコメント欄の管理が上手くいかず皆さんのご意見がオープンに掲示できませんもんで。

;
このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」にて掲載された中で2017年07月29日にアップされた記事を加筆修正して再掲載したものです。メッチャ旧いネタですので今日現在で読んでも「あ?なに?これ?」てな感じなのですが、スポナビでアップしたネタをとりあえず全ネタこちらに引越しする過程として本日アップしております。どうぞご了承くださいますと同時に、芳香なワインを楽しむごとく、懐かしいネタを存分にお楽しみくださいませ(爆)

 

サイドバナー




関連記事

読裏クラブが選ぶ「私の理想のイレブン」(日本人編)

さぁ、今年もいよいよあとわずかでJリーグが開幕。そんな時節柄とも実はまったく関係なく(笑)、唐突で申

記事を読む

国立をウェンブレーに!

【お断り】このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」

記事を読む

サッカーにおける旧くて新しい公式です

我々は、一つの出来事を記号で表わすことが多い。ひとつの事象を説明する際に「言葉の羅列」よりもより真実

記事を読む

私の天才列伝。その2回目。君は『佐々木博和』を知っているか?

皆さんはどこまでご存知だろうか?彼を・・・。その名は『佐々木博和』 もちろん大魔神とし

記事を読む

18×2=36。10年ひと昔!?まさに隔世の感があるJリーグネタです。

このブログは、スポナビブログで書き始めました。今年(2018年)の1月に、残念ながらスポナビさんがこ

記事を読む

ロシアワールドカップ直前、ハリルホジッチ大物助っ人と契約!?

先の欧州遠征で課題が浮き彫りになったハリルジャパン。毎回このタイミングで必ず「更迭」の提案をするセル

記事を読む

久保建英はワールドカップに何回出られるか?

まったく唐突ではあるが、我々の生活の中心、フットボールの世界の中心、W杯は4年に1回行われる。前回の

記事を読む

クライフの革命的なコトバ。もっと早くそれ言って欲しかったわ。

今回はクライフのネタです。     クライフの有名な言葉に「ボ

記事を読む

つい手を出してしまったキーパーの取り調べ室での会話

ここはとある取調室。一人の男が取締官の尋問を受けている。今回はそんなシビアな状況の極秘会話を我々「読

記事を読む

サッカー解説者を解説します。

サッカーというスポーツを楽しむ最も一般的な方法は「TV観戦」だろう。   もち

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




VARで疑念は減るのか?増えるのか?

  VARシステム。ビデオ・アシスタント・レフリーの頭文字を

25回目の1月17日。この日はこの歌(満月の夕)を聴く日。

今年も1月17日がやってきました。あれから25回目。25年目、とうとう

タイで最も有名になった日本人!?

  アジア選手権U23=東京五輪サッカーのアジア予選がいよい

森保解任論に見るオシムの凄さ

2020年1月。AFC-U23選手権。この大会は東京五輪サッカーアジア

成人の日に一番ふさわしい本

  成人の日。昔は1月15日という決まった日だったけど、今は

→もっと見る

PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券