*

10年間のブログで最も読まれた記事「なぜロングボールの放り込みに批判が集まるのか?」

今回は、私が2008年から2018年まで10年間スポナビさんでアップしたブログの記事1,063本の中で、最も読まれ、最も「人気が高い」ネタを再度ここで掲載させていただきます。

 

記事がアップされたのは2008年1月31日。ずいぶんと前にアップしたネタですが、2018年まで、この記事を抜くページビューは存在しませんでした。それぐらい皆さんが興味を持たれた内容なんだろうなぁ~・・・と。いうことです。

 

それは当時いただいた、あるコメントの中の質問が始まりでした。それは私としても「目からウロコ」、とまでは行かなくても、「おっしゃる通り!御意にござりまする!」という質問でしたので、それについて私見を述べさせていただいたわけです。

 

そのテーマ(お題)とは・・・

 

【どうして日本のクラブチームが「カウンター・ロングボール放り込み」サッカーをやると批判の集中放火を浴びるんですか?】
です。

 

ごもっとも。

 

 

考えてみれば我々には知らず知らずのうちに

 

 

「日本人」=「体格的に劣っている」=「身体能力にあかせたプレーをしても徒労に終わる・というより愚の骨頂・もっと言えば身の程知らず」=「だから組織で守って、組織で攻める」=「そのためには~~」
という構図を持ってしまってますよねぇ~。

 

 

まぁ、ロングボール放り込み一辺倒とまではいかなくても、「カウンターの上手い」チームというのは絶対に必要であるというか、リーグを生き抜くための知恵として生まれてきても充分おかしくないと思っております。

 

<Sponsered Link>



 

そうですねぇ~。例えて言えば、「バレンシア」とかなんか、雰囲気かなぁ~と。基本的には「リバプール」なんかもその範疇に入るのですが、最近はちょっと違うイメージかな。得点シーンだけをよぉく吟味すれば、「マンU」なんかも意外に「カウンター型」ですし、正確に言えば、今年の「浦和」も体質はカウンターです。

 

 

「あかん!あいつらの術中に嵌まって、何も考えんと気持ちよくパス廻ししてたら、悪魔のようなカウンターが待ってるぞ!」というように警戒させるチームがしぶとく上位をうろつくと、それはそれで「リーグ」として中身が濃いくなると思いますね。リーグへの絶好のスパイス的存在と申しましょうか。

 

 

勝手に申し上げると「東京FC」と「広島」なんかが、その候補というイメージなんですが、広島はまさかJ2で「カウンター」で生きていこうとは考えないでしょうね(笑)

 

このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」にて掲載された中で2008年2月1日にアップされた記事を加筆修正して再掲載したものです。

※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!

 

サイドバナー




関連記事

プラチナが輝くとき

私のような年齢になりますと、「時代が変わったなぁ~」と、思う瞬間を何度か経験します。 &nbs

記事を読む

コパ・アメリカのセレソンのロッカールームでの会話

今まであまり詳しいことは述べてこなかったが、我々「読裏グループ」は、世界にその情報網を張り巡らせてい

記事を読む

持っている男 と 持っていない男

【お断り】このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」

記事を読む

君はあの(芸術的)スルーパスを見たか?

美しい星、地球。   その美しい星、地球には、美しいものが数多く存在している。

記事を読む

世界一幸せなサッカー選手

自分の国の代表が、自分のプレースタイルを認めて、その後の自分のサッカー哲学をそのまま代表のDNAとし

記事を読む

新記録が更新されたら連続記録は途切れるの法則

「記録は破られるためにある」   誰が最初に語ったのか?は僕は知らないけれど、

記事を読む

ハムストリングの別名は「紅茶の美味しい〇〇〇」

「歌は世につれ、世は歌につれ」とはよく言われるフレーズであるが、世につれるのは、歌だけではなく、コト

記事を読む

25年前と25年後のベスト10

突然ですが。。。   1位 住友金属 2位 富士通 3位 松下電器 4位

記事を読む

サッカーにおいて世界との距離を測る単位について

日本のサッカーが世界の中でどれぐらいの位置にいるのか?どれぐらいのポジションにいて、トップレベルとは

記事を読む

キンモクセイの薫る頃。それは〇〇〇の季節。

今まさに秋ど真ん中。空は高く青く、空気は澄んで、キンモクセイの香りが心地よい季節です。それに目に見え

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


サイドバナー




コロナ禍でも絶好調!あの「西松屋」って、メチャメチャ優良企業やったんやね。

♪「にっしぃ、まっつやぁ~~」というCMを見た人、どれぐらいいるのかな

メッシがどこに行っても「興味が湧かない」理由

メッシがバルセロナに決別の意思を示してからしばらく経ちました。

まさに2020年らしい、お盆にチャンピオンズリーグという違和感。

2020年。夏。とにかく暑い。暑い日は、「夏日」という表現から「猛暑」

もしかしたら、もしかするのか?と、思わせる試合結果。

延期になった東京オリンピックまであとちょうど1年となった20200年7

ブルックス・ブラザーズとニーマン・マーカスとモドリッチとクライフと。

JCペニー、ニーマン・マーカス、Jクルー・・・。こういうブランドを聞い

→もっと見る

  • 2020年10月
    « 9月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券