*

8月10日は僕の「〇〇呪縛解放記念日」になりました。

彼等はいつも僕の目の前に立ちはだかっていた。

 

彼等に僕はいつも打ちのめされていた。

 

赤い壁がいつでも僕の前にはあり、赤い壁を乗り越えたり、ましては壁をぶち破るなんてことは到底出来ないと思っていた。

 

木村和があの伝説のフリーキックを決めても、試合は彼等がきっちりモノにしていた。

 

フランス行きを懸けた、山口素のあの度肝を抜くループの試合だって、結局勝ったのは彼等だった。

 

ハ・ソクジュはいつでもサイドを疾風のように駆けていたし
ホン・ミョンボはいつでも格好よかった
チェ・ヨンスはいつでも驚異だったし
ユ・サンチョルはいつでも汗まみれで走っていた
アン・ジョンハはいつでも目茶苦茶男前やったし
チェ・ソンヨンはいつでもシブく攻撃の芽をつんでいた

 

今でも

 

チャ・ドゥリはやっぱり怖そうだし
パゥ・チュヨンはやっぱり巧そうだし
パク・チソンはやっぱり凄い

 

だからいつからか、僕の身体にはこういうものが棲みついていた
いや、棲みついていたというよりは、擦りこまれていた。

 

「韓国には勝たれへん・・・」と。

 

そう、完全なるコンプレックスである。

 

哀しくて情けないが、実際はそうだったのだ。

 

どこかで、必ず、絶対、負ける・・・と。

 

どんなに押していても
「韓国相手にこのままで済むわけがない」と思い

 

どんなに綺麗にサッカーしても
「韓国相手にこんなんしてたら絶対やられる」と思い

 

譬え1-0で勝ってたとしても
「このまま終る韓国やない・・・」と思っていた。

 

他のアジア相手にどんなに素晴らしい試合をしたって
「韓国とやったらこんな綺麗には球は廻されへん!」と思っていたし

 

ヨーロッパや南米の中堅どころといい勝負をしたって
「韓国に勝てるようにならんと、アジアを勝ち抜かれへん!」と思っていた。

 

ある意味で、日本が強いかどうか?日本が強くなったかどうか?は、
もちろんFIFAのランキングの上下なんかではなく、もしかするとそれはW杯の戦績(実績)でもなく、端的に言えば「韓国にちゃんと勝てるか?どうか?」だったのだ。

 

どんなフレンドリーマッチであろうが、どんなレベルの試合であろうが、こと相手が「韓国」となれば、2-0で勝っていても全然勝っている気がしなかったのだ。

 

<Sponsered Link>



 

僕のサッカー人生は、それぐらい韓国に恐怖感を抱いていた。

だが・・・

それが・・・

今日・・・

消えた・・・

のだ。

何も怖くなかったのだ!

「全然」怖くないのだ!

 

いや、「じぇんじぇん!」怖くないのだ!(じぇんじぇん!は、全然!の比較上級)

いや、「でんでん!」怖くないのだ!(でんでん!は、全然の比較最上級)

 

チャ・ドゥリは「全然速くない」と感じた。

パク・チュヨンなんて「普通の平凡な選手」に感じた。

ク・ジャチョルだって「あれでブンデスリーガーか?」と感じた。

イ・グノなんて「イ・グノ、どこにイグノ?」と感じたぐらい消えてた。

 

あろうことか、とうとうこの僕が、遂に最後の10分なんかは

 

「韓国も可哀相に。このままやったら帰るの辛いやろ・・・。最後に1点ぐらい入れたらええのに!」と、思って韓国の攻撃をしっかり見届けようとしても、あの韓国が最後に「ふかす」。最後に「ミスる」。シュートが枠にも行かへん!

 

これがあの韓国か?え?

 

この僕の半生を苦しめた、あの「赤い悪魔」か?

 

だから今日、僕は、ここに高らかに宣言する。

 

広島に原爆が落とされた8月6日の4日後
長崎に原爆が落とされた8月9日の翌日。

8月10日。

この日は僕の「対韓国呪縛解放記念日」となった。

【サッカーショップKAMO】アディダス サッカー日本代表ユニフォーム

サイドバナー




関連記事

身体能力とは何ぞや?

今回は「【身体能力】について、その解明と分析をどなたかにお願いしたい」。という、「問い掛け」を含めた

記事を読む

チームコンセプト。それはサッカーの命です。皆んなでチームコンセプトを考えよう!

今回は、ある大会に向けてかなり戦術を練って練習を積み、切磋琢磨するある高校サッカーチームの練習風景を

記事を読む

もっともブランド価値の高い日本人選手の条件は?

実は僕も最近知ったのだが、阿部の所属先(レスターシティ)の監督が誰だか皆さんはご存知だろうか?阿部の

記事を読む

プラチナが輝くとき

私のような年齢になりますと、「時代が変わったなぁ~」と、思う瞬間を何度か経験します。 &nbs

記事を読む

シュート練習で枠を外したら罰金100円!?

【お断り】このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」

記事を読む

不可能とは?

「不可能」とは、自らの力で世界を切り拓くことを放棄した、臆病者の言葉だ。 「不可能」とは現状に甘ん

記事を読む

移籍先よりも、そのタイミングが問題だと思うのです。

【お断り】  このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通

記事を読む

つい手を出してしまったキーパーの取り調べ室での会話

ここはとある取調室。一人の男が取締官の尋問を受けている。今回はそんなシビアな状況の極秘会話を我々「読

記事を読む

私が愛した「労働者」第1回目 ジャン・ティガナ

今回新たにシリーズを追加します!追加といっても、今までアップしたエントリーで、シリーズめいたもんは「

記事を読む

君はあの(芸術的)スルーパスを見たか?

美しい星、地球。   その美しい星、地球には、美しいものが数多く存在している。

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




イチローより有名な日本人!名前が動詞化したKon-Mariとは誰?

イチロー選手が2019年のメジャー開幕を日本で開催するマリナーズ。そこ

目からウロコ!「大人の文章講座」を読むと、文章への苦手意識がぶっ飛びますよ!

突然ですが、皆さん、文章を書くのは得意ですか?得意かどうかは別にして文

セブン・イレブンよ。初心に帰ろうぜ!?

セブン・イレブン。   こう聞いて &nb

新記録が更新されたら連続記録は途切れるの法則

「記録は破られるためにある」   誰が最初に語っ

洒落ゴコロ満載!ダムカレーが食べたい!

「ダムカレー」というものを最近知りました。これ、ダムの名前ではありませ

→もっと見る

  • 2019年3月
    « 2月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑