*

8月10日は僕の「〇〇呪縛解放記念日」になりました。

彼等はいつも僕の目の前に立ちはだかっていた。

 

彼等に僕はいつも打ちのめされていた。

 

赤い壁がいつでも僕の前にはあり、赤い壁を乗り越えたり、ましては壁をぶち破るなんてことは到底出来ないと思っていた。

 

木村和があの伝説のフリーキックを決めても、試合は彼等がきっちりモノにしていた。

 

フランス行きを懸けた、山口素のあの度肝を抜くループの試合だって、結局勝ったのは彼等だった。

 

ハ・ソクジュはいつでもサイドを疾風のように駆けていたし
ホン・ミョンボはいつでも格好よかった
チェ・ヨンスはいつでも驚異だったし
ユ・サンチョルはいつでも汗まみれで走っていた
アン・ジョンハはいつでも目茶苦茶男前やったし
チェ・ソンヨンはいつでもシブく攻撃の芽をつんでいた

 

今でも

 

チャ・ドゥリはやっぱり怖そうだし
パゥ・チュヨンはやっぱり巧そうだし
パク・チソンはやっぱり凄い

 

だからいつからか、僕の身体にはこういうものが棲みついていた
いや、棲みついていたというよりは、擦りこまれていた。

 

「韓国には勝たれへん・・・」と。

 

そう、完全なるコンプレックスである。

 

哀しくて情けないが、実際はそうだったのだ。

 

どこかで、必ず、絶対、負ける・・・と。

 

どんなに押していても
「韓国相手にこのままで済むわけがない」と思い

 

どんなに綺麗にサッカーしても
「韓国相手にこんなんしてたら絶対やられる」と思い

 

譬え1-0で勝ってたとしても
「このまま終る韓国やない・・・」と思っていた。

 

他のアジア相手にどんなに素晴らしい試合をしたって
「韓国とやったらこんな綺麗には球は廻されへん!」と思っていたし

 

ヨーロッパや南米の中堅どころといい勝負をしたって
「韓国に勝てるようにならんと、アジアを勝ち抜かれへん!」と思っていた。

 

ある意味で、日本が強いかどうか?日本が強くなったかどうか?は、
もちろんFIFAのランキングの上下なんかではなく、もしかするとそれはW杯の戦績(実績)でもなく、端的に言えば「韓国にちゃんと勝てるか?どうか?」だったのだ。

 

どんなフレンドリーマッチであろうが、どんなレベルの試合であろうが、こと相手が「韓国」となれば、2-0で勝っていても全然勝っている気がしなかったのだ。

 

<Sponsered Link>



 

僕のサッカー人生は、それぐらい韓国に恐怖感を抱いていた。

だが・・・

それが・・・

今日・・・

消えた・・・

のだ。

何も怖くなかったのだ!

「全然」怖くないのだ!

 

いや、「じぇんじぇん!」怖くないのだ!(じぇんじぇん!は、全然!の比較上級)

いや、「でんでん!」怖くないのだ!(でんでん!は、全然の比較最上級)

 

チャ・ドゥリは「全然速くない」と感じた。

パク・チュヨンなんて「普通の平凡な選手」に感じた。

ク・ジャチョルだって「あれでブンデスリーガーか?」と感じた。

イ・グノなんて「イ・グノ、どこにイグノ?」と感じたぐらい消えてた。

 

あろうことか、とうとうこの僕が、遂に最後の10分なんかは

 

「韓国も可哀相に。このままやったら帰るの辛いやろ・・・。最後に1点ぐらい入れたらええのに!」と、思って韓国の攻撃をしっかり見届けようとしても、あの韓国が最後に「ふかす」。最後に「ミスる」。シュートが枠にも行かへん!

 

これがあの韓国か?え?

 

この僕の半生を苦しめた、あの「赤い悪魔」か?

 

だから今日、僕は、ここに高らかに宣言する。

 

広島に原爆が落とされた8月6日の4日後
長崎に原爆が落とされた8月9日の翌日。

8月10日。

この日は僕の「対韓国呪縛解放記念日」となった。

【サッカーショップKAMO】アディダス サッカー日本代表ユニフォーム

サイドバナー




関連記事

コパ・アメリカのセレソンのロッカールームでの会話

今まであまり詳しいことは述べてこなかったが、我々「読裏グループ」は、世界にその情報網を張り巡らせてい

記事を読む

不可能とは?

「不可能」とは、自らの力で世界を切り拓くことを放棄した、臆病者の言葉だ。 「不可能」とは現状に甘ん

記事を読む

Jリーグの試合を観た人は幸せである

私は某キリスト教の学校出身です。   ですので、毎日、授業と同様に「礼拝」とい

記事を読む

出来過ぎた話。だからスポーツは、だからサッカーは面白い!

「スポーツは、筋書きのないドラマ・・・」だからこそ面白い。なぁ~んてフレーズを一度は聞いたことが誰し

記事を読む

新しい「矛」と「盾」のお話

先生) さぁ、みんないいかい?今日は「矛」と「盾」、いわゆる「矛盾」の話をしよう。みんなは「矛盾」と

記事を読む

サガン鳥栖の選手が、腰痛や筋肉痛にならない理由をご存知ですか?

実は最近腰痛が酷いんです。だから毎日ほぼ24時間、僕の腰には例のものが貼ってあります。そう・・・かの

記事を読む

キンモクセイの薫る頃。それは〇〇〇の季節。

今まさに秋ど真ん中。空は高く青く、空気は澄んで、キンモクセイの香りが心地よい季節です。それに目に見え

記事を読む

サッカーの神様

ボスニアのW杯初出場のタイミングで某雑誌で「ドーハの悲劇」を特集しておりました。ボスニアだって、W杯

記事を読む

国際試合の意味は?本当の狙いは別なところにある説。

7月最後の日となった31日、各地でクラブ間の国際親善試合が行われた。浦和はあのバイエルンと、横浜Mは

記事を読む

私の大好きなサッカープレーヤー、「狂気の左サイドバック」!都並敏史

今回は「私の大好きなサッカープレーヤー」というお題のシリーズ。その第一弾!をお送りします。 &

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




金田正一氏死去。永遠に生きると思ってた人の一人でした。

「かねやん」こと、金田正一さんが亡くなられました。享年86歳。

6得点が入るリーグってどうよ?

「サッカーは得点が少ないから面白くない」   昔

ウレシ、ハズカシ、タノシ、クヤシ。ワールドカップ開催中!の、ラガーマンの気持ちを察します。

ラグビーワールドカップが開催されています。日本代表がアイルランドに大金

ついに消費税10%時代に。消費税と言えば僕はやっぱりこの広告!

とうとう、いよいよ、ついに、本当に、消費税がアップされました。今まで「

視聴率100%!?デサントレディース東海で見た渋野日向子の別の顔

最近、僕がハマっているというか、ネタが上がるとついついクリックしてしま

→もっと見る

  • 2019年10月
    « 9月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券