*

8月10日は僕の「〇〇呪縛解放記念日」になりました。

彼等はいつも僕の目の前に立ちはだかっていた。

 

彼等に僕はいつも打ちのめされていた。

 

赤い壁がいつでも僕の前にはあり、赤い壁を乗り越えたり、ましては壁をぶち破るなんてことは到底出来ないと思っていた。

 

木村和があの伝説のフリーキックを決めても、試合は彼等がきっちりモノにしていた。

 

フランス行きを懸けた、山口素のあの度肝を抜くループの試合だって、結局勝ったのは彼等だった。

 

ハ・ソクジュはいつでもサイドを疾風のように駆けていたし
ホン・ミョンボはいつでも格好よかった
チェ・ヨンスはいつでも驚異だったし
ユ・サンチョルはいつでも汗まみれで走っていた
アン・ジョンハはいつでも目茶苦茶男前やったし
チェ・ソンヨンはいつでもシブく攻撃の芽をつんでいた

 

今でも

 

チャ・ドゥリはやっぱり怖そうだし
パゥ・チュヨンはやっぱり巧そうだし
パク・チソンはやっぱり凄い

 

だからいつからか、僕の身体にはこういうものが棲みついていた
いや、棲みついていたというよりは、擦りこまれていた。

 

「韓国には勝たれへん・・・」と。

 

そう、完全なるコンプレックスである。

 

哀しくて情けないが、実際はそうだったのだ。

 

どこかで、必ず、絶対、負ける・・・と。

 

どんなに押していても
「韓国相手にこのままで済むわけがない」と思い

 

どんなに綺麗にサッカーしても
「韓国相手にこんなんしてたら絶対やられる」と思い

 

譬え1-0で勝ってたとしても
「このまま終る韓国やない・・・」と思っていた。

 

他のアジア相手にどんなに素晴らしい試合をしたって
「韓国とやったらこんな綺麗には球は廻されへん!」と思っていたし

 

ヨーロッパや南米の中堅どころといい勝負をしたって
「韓国に勝てるようにならんと、アジアを勝ち抜かれへん!」と思っていた。

 

ある意味で、日本が強いかどうか?日本が強くなったかどうか?は、
もちろんFIFAのランキングの上下なんかではなく、もしかするとそれはW杯の戦績(実績)でもなく、端的に言えば「韓国にちゃんと勝てるか?どうか?」だったのだ。

 

どんなフレンドリーマッチであろうが、どんなレベルの試合であろうが、こと相手が「韓国」となれば、2-0で勝っていても全然勝っている気がしなかったのだ。

 

<Sponsered Link>



 

僕のサッカー人生は、それぐらい韓国に恐怖感を抱いていた。

だが・・・

それが・・・

今日・・・

消えた・・・

のだ。

何も怖くなかったのだ!

「全然」怖くないのだ!

 

いや、「じぇんじぇん!」怖くないのだ!(じぇんじぇん!は、全然!の比較上級)

いや、「でんでん!」怖くないのだ!(でんでん!は、全然の比較最上級)

 

チャ・ドゥリは「全然速くない」と感じた。

パク・チュヨンなんて「普通の平凡な選手」に感じた。

ク・ジャチョルだって「あれでブンデスリーガーか?」と感じた。

イ・グノなんて「イ・グノ、どこにイグノ?」と感じたぐらい消えてた。

 

あろうことか、とうとうこの僕が、遂に最後の10分なんかは

 

「韓国も可哀相に。このままやったら帰るの辛いやろ・・・。最後に1点ぐらい入れたらええのに!」と、思って韓国の攻撃をしっかり見届けようとしても、あの韓国が最後に「ふかす」。最後に「ミスる」。シュートが枠にも行かへん!

 

これがあの韓国か?え?

 

この僕の半生を苦しめた、あの「赤い悪魔」か?

 

だから今日、僕は、ここに高らかに宣言する。

 

広島に原爆が落とされた8月6日の4日後
長崎に原爆が落とされた8月9日の翌日。

8月10日。

この日は僕の「対韓国呪縛解放記念日」となった。

【サッカーショップKAMO】アディダス サッカー日本代表ユニフォーム

サイドバナー




関連記事

サッカーにおける旧くて新しい公式です

我々は、一つの出来事を記号で表わすことが多い。ひとつの事象を説明する際に「言葉の羅列」よりもより真実

記事を読む

猛暑の中のJリーグは、ここが心配!?

今日で甲子園、つまり、夏の高校野球の決勝が終了しました。ここは、「サッカーワールド」のブログなんで高

記事を読む

私が愛した「労働者」第1回目 ジャン・ティガナ

今回新たにシリーズを追加します!追加といっても、今までアップしたエントリーで、シリーズめいたもんは「

記事を読む

あの人は今

旧い方には懐かしい響きかも知れません。ご存知でしょうか?「あの人は今」。日テレが創始のようですが、人

記事を読む

不可能とは?

「不可能」とは、自らの力で世界を切り拓くことを放棄した、臆病者の言葉だ。 「不可能」とは現状に甘ん

記事を読む

Jリーグの試合を観た人は幸せである

私は某キリスト教の学校出身です。   ですので、毎日、授業と同様に「礼拝」とい

記事を読む

我思う。スポーツの原点とは?

最近ね、つくづく思うことがあるんですよ。いや、別に大して改めて言うことではないのかもしれんのですが、

記事を読む

シュート練習で枠を外したら罰金100円!?

【お断り】このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」

記事を読む

新記録が更新されたら連続記録は途切れるの法則

「記録は破られるためにある」   誰が最初に語ったのか?は僕は知らないけれど、

記事を読む

国際試合の意味は?本当の狙いは別なところにある説。

7月最後の日となった31日、各地でクラブ間の国際親善試合が行われた。浦和はあのバイエルンと、横浜Mは

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




世界で最も過酷なリーグが日本にある!?

J2が第14節を終了して、ちょうど「21試合×2=42試合」の3分の1

平成最後の日にはやっぱりこれかな?

いやぁ~~~、ずいぶんとご無沙汰してしまってました。こんだけネタを上げ

新元号決定直前企画!新元号の本命はコレだ!?

いよいよあと数日で新元号が発表されます。発表は4月1日の月曜日、まさに

明らかに世代交代!新元号なんだから、新BIG3と呼ばずに(新元号の)新御三家と呼んで欲しいよね!?

キリンチャレンジの2試合が終りました。今回は南米の2ヶ国、コロンビアと

平成とともに走ってきたイチロー。元イチローになって、行ったり来たり!

あと10日で新元号が発表される平成31年3月21日。イチローが引退を発

→もっと見る

  • 2019年5月
    « 4月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券