*

フィンケ退任に思うこと。

名古屋が優勝したその日、もう一つのニュースが飛び込んできていました。浦和のフィンケ(監督)の退任が決定的だそうな。

 

「ああ。とうとうか・・・」という思いもあったし、「まぁ、そうやろうな・・・」という感覚もありました。正直「浦和・フィンケ続投へ!」なんて記事が飛び込んできたほうが「ええ~~?マジ?」と、たぶん思ったと思います。

 

フィンケが来日(浦和に就任)したときは、それはもう「期待」に胸膨らませたものでした。ちょうど「オシム」と入れ替わりだったことも相まって、また「ドイツのオシム」という評判も相まって、オシムがジェフを変えたごとく、あの浦和を、「面白くないカウンターオンリーの浦和サッカー」を真のビッグクラブ(規模や名前と同様に内容も伴うの意)に変えてくれるのではないか?と・・・。

 

どこかのインタビュー記事で、フィンケのことを聞かれたオシムも「時間を与えればフィンケが成功するのは間違いない。問題は浦和がそこまで辛抱強く耐えることが出来るかどうかだ」と言っていたように記憶しています。

 

またあの祖母井氏をして「20年来の恋人。フィンケがフライブルクの監督である頃から『いつか一緒に仕事をしたい』といわしめた人物。日本食が好きで、自宅には日本文化についての本が何十冊も山積みになっていて、奥さんにも日本語の特訓コースを受講させ、日本の文化を吸収しようとしていたとか。

 

「浦和で成功したら、末は日本代表監督の筆頭候補か!?」と、思ったときもあったのに。

 

そして就任当初は原口元気や山田(直輝)や高橋なんかを重用して、僕好みのショートパス連発のコンビネーションサッカー、コンチネンタルサッカーを彷彿させて、僕の期待感を増幅させてくれたのになぁ~。今年だって、あの「柏木」を獲って、いよいよフィンケサッカーの実現か?と開幕時には思わせてくれた時もあったのになぁ~。

 

<Sponsered Link>



 

が・・・

 

その期待はいつも期待だけで終り、気付いてみれば「闘莉王」は去り、「高原」も去り、「都築」も去り、「阿部」もいなくなってしまい、いつ頃か、「今の浦和は(強さで言えば)普通のクラブ」というイメージに固まっちゃってきて、順位もリーグの中位どころを行ったり来たり。

 

ある意味あの浦和にしたら、「ここまでフィンケに賭けた」感があったのに、2年も任せてこの戦績とこの内容じゃねぇ~。逆に「よくぞここまで我慢したよな」というのが一般的な見方でしょう。

 

ただ、フィンケの実績とフィンケの名声からすれば、「浦和を変えることができなかったフィンケが失格」というよりは「フィンケに見てもらったのに強化に失敗した日本のクラブが悪い」みたいな風潮がヨーロッパで漂わないか?がちと心配(苦笑)。

だからできれば浦和以外でもう一度フィンケにオファーを出すようなJのクラブが出てきてくれればいいんやけどねぇ~。
無理かな(苦笑)

レッズサポさんからすれば「何悠長なこと言うとんねん!?こっちの身にもなってみぃ~!」と、僕の「偏り」と「甘さ」と「知らなさ過ぎ」に感情を害される方も多いのかもしれんですが、こうやって日本からあのフィンケが去るというのはちと淋しい気がしたもんでね。

 

このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」にて掲載された中で2010年11月23日にアップされた記事を加筆修正して再掲載したものです。メッチャ旧いネタですので今日現在で読んでも「あ?なに?これ?」てな感じなのですが、スポナビでアップしたネタをとりあえず全ネタこちらに引越しする過程として本日アップしております。どうぞご了承くださいますと同時に、芳香なワインを楽しむごとく、懐かしいネタを存分にお楽しみくださいませ(爆)

 

MoMA STORE

※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの広告の下のず~~~っと一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!

サイドバナー




関連記事

私の大好きなサッカープレーヤー、「狂気の左サイドバック」!都並敏史

今回は「私の大好きなサッカープレーヤー」というお題のシリーズ。その第一弾!をお送りします。 &

記事を読む

ポグバとイブラ様のマンチェスター・ロッカールームでの会話

このブログを執筆、主幹している我々読裏グループは、世界中にその情報網を張り巡らせており、あらゆる情報

記事を読む

ブラジル戦評を、あの「岡田監督」にインタビューしました。

「日本、王国に惨敗!」   という、見出しがスポーツ紙の一面で踊りました。 &n

記事を読む

no image

パンペキ!ディミッタ~ル・ベルヴァ~ットフ!

僕の好きなプレーヤー。   「遠藤」・・・に、   「柏

記事を読む

美しきもの

我々が生きる人生において「美しきもの」はどれぐらいあるだろう?   「美」意識

記事を読む

アルゼンチンサッカー協会会長と日本サッカー協会会長との会話

今まであまり詳しいことは述べてこなかったが、我々「読裏グループ」は、世界にその情報網を張り巡らせてい

記事を読む

レッドカードとイエローカードは、日常用語となりました。

私、フットボーラー(サッカーを愛している人の意・・・です)にとって、日本の日常会話ですごく気になるこ

記事を読む

不可能とは?

「不可能」とは、自らの力で世界を切り拓くことを放棄した、臆病者の言葉だ。 「不可能」とは現状に甘ん

記事を読む

消えるスプレーに代わるもの

少し旧聞に属するが、皆さんはW杯で登場した、「消えるスプレー」を覚えているだろうか?フリーキックの時

記事を読む

サッカーの神様

ボスニアのW杯初出場のタイミングで某雑誌で「ドーハの悲劇」を特集しておりました。ボスニアだって、W杯

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




金田正一氏死去。永遠に生きると思ってた人の一人でした。

「かねやん」こと、金田正一さんが亡くなられました。享年86歳。

6得点が入るリーグってどうよ?

「サッカーは得点が少ないから面白くない」   昔

ウレシ、ハズカシ、タノシ、クヤシ。ワールドカップ開催中!の、ラガーマンの気持ちを察します。

ラグビーワールドカップが開催されています。日本代表がアイルランドに大金

ついに消費税10%時代に。消費税と言えば僕はやっぱりこの広告!

とうとう、いよいよ、ついに、本当に、消費税がアップされました。今まで「

視聴率100%!?デサントレディース東海で見た渋野日向子の別の顔

最近、僕がハマっているというか、ネタが上がるとついついクリックしてしま

→もっと見る

  • 2019年10月
    « 9月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券