*

FIFA会長の恐ろしい発言

「選手が別の場所でプレーすることを望んでいるのであれば、そうする方法を見つけなければならない。居心地のよくないクラブに残ることは、選手にとってもクラブにとっても良いことではない」

この発言、どなたのものか、お解かりになられるでしょうか?

 

その選手を待望するサポーターの代表ではもちろんなく、
その選手を待望するクラブの社長(引き抜きたい側ね)の発言でもなく、
待望されて移籍を希望する選手の代理人のそれでもなく、

 

誰あろう、サッカーの総本山、サッカーのトップ・オブ・トップ、
FIFA「ジョゼフ・ブラッター」のそれです。

 
 

<Sponsered Link>



 

もちろんここでいう選手というのは、「C・ロナウド」、別の場所は「レアル・マドリー」で、居心地のよくないクラブは「マンU」ということになります。

 

しっかし、まぁ、
「言うかあぁ~~~~~!?これ!」というのが僕の第一印象でした。

 

だいたい、よい選手がよい環境でよい試合を行えるように全ての段取りを出来るだけフェアに、そして安全に、できるだけスムーズに、統制されるべき世界を作り出す・・・これこそがFIFAの役目であって、「誰がどこでプレーする」かをFIFAがとやかく言う(首を突っ込む)筋合いはないと思います。

 

「僕らは法の番人、その中で、皆が各々の努力の中で素晴らしいサッカーに琢磨してね!ただ法に外れることや、全員の利益に関する新しい命題が出てきたときは、我々が尽力するよ」というのがFIFAの役割でしょ?

 

「私はいつも選手の立場に立ってものを考える。選手がもし『ここを出たい』と言うならば、出してやるべきだ」

 

とも言ったとか。

 

「おいおいおい~~!選手の立場やってぇぇぇ~~~?」

 

太陽の日射しがギンギンに降り注ぐ日中時間にW杯の試合時間をボコボコ設定した、アンタ(達)が、それを言う?

 

まぁ、権力のある人は何を言っても許されるんだろうが、すごいなぁ~~。このセリフ。気付かないんやろうねぇ~。自分が何を言ってるのか・・・。恐ろしいです。

もし、「C・ロナウド」が「レアルには失望しているんだ。ここの居心地が僕からサッカーの情熱を奪い去っているんだよ。今はマンUに帰りたい!ただそれだけを願ってる。やっぱり僕の一番の場所はマンUであり、オールド・トラッフォードなんだ!」なぁ~んて、1年後に言い出しても、ブラッターさんよ!アンタはこの発言を支持するんだね?

 

アンタの言うことはそういうことなんだよ!?

 

 

<span style=”color: #ff0000;”>このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」にて掲載された中で2008年07月14日にアップされた記事を加筆修正して再掲載したものです。メッチャ旧いネタですので今日現在で読んでも「あ?なに?これ?」てな感じなのですが、スポナビでアップしたネタをとりあえず全ネタこちらに引越しする過程として本日アップしております。どうぞご了承くださいますと同時に、芳香なワインを楽しむごとく、懐かしいネタを存分にお楽しみくださいませ(爆)</span>

&nbsp;

 

サイドバナー




関連記事

サッカーの神様

ボスニアのW杯初出場のタイミングで某雑誌で「ドーハの悲劇」を特集しておりました。ボスニアだって、W杯

記事を読む

チームコンセプト。それはサッカーの命です。皆んなでチームコンセプトを考えよう!

今回は、ある大会に向けてかなり戦術を練って練習を積み、切磋琢磨するある高校サッカーチームの練習風景を

記事を読む

10年間のブログで最も読まれた記事「なぜロングボールの放り込みに批判が集まるのか?」

今回は、私が2008年から2018年まで10年間スポナビさんでアップしたブログの記事1,063本の中

記事を読む

アルゼンチンの兄貴と弟分の会話

弟分1)暑いっすねぇ~。兄貴!日本ってこんなに暑いんすか?   (兄貴)ああ。

記事を読む

創刊30周年記念特集!ナンバー750号。その手は桑名の焼き蛤!

【お断り】このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」

記事を読む

完璧な選手とは?

バルセロナのアンドレス・イニエスタが、「完璧な選手とは?」という質問に対し、このように答えたらしい。

記事を読む

オシム「名将になるための10カ条」

ここに来られる聡明な読者の皆さんの中には、私の「癖」というか「性」をよくご存知の方も多いでしょう。

記事を読む

シュート練習で枠を外したら罰金100円!?

【お断り】このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」

記事を読む

ピチピチパンツ、略してピチパン!アディダスさんへ!復古のお願い。

今回は、前回の「ストッキング」つながりで、また「ユニフォーム系」の話しをば・・・。  

記事を読む

国立をウェンブレーに!

【お断り】このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


サイドバナー




26回目の1月17日。この日はこの歌(満月の夕)を聴く日。

今年も1月17日がやってきました。あれから26回目。26年目、もう四半

今年は「忙しい人」にならないようにします!

あっという間に新年1月も半ばを過ぎました(汗)ほんま、あっと言う間。リ

中山雅史、引退じゃない事実上の引退。

中山雅史、53歳。選手としてJ3の沼田を退団し、今季から古巣ジュビロの

勘違いと思い込みは、真実に近づくときもある?

今日は「勘違い」と「思い込み」のお話。   誰で

君は読売サッカークラブを知っているか?

皆さんはこのブログのタイトル「読裏クラブのワンツー通し」という名称が、

→もっと見る

PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券