*

伝統とは何を守るものなのか?

先日の「東京○○ディ」の新体制発表会で新任監督の表明が少し気になりました。

 

「勝つことがこのチームの伝統だ」だと。

 

う~ん。。。そうなんかなぁ~?前身の「読ク」時代、勝つことよりも大事にしていたもんがあったんじゃないだろうか?

 

勝つだけなら「日産」のサッカーの方がその確率は高かったんじゃないのかなぁ~?だってその新監督だって、当時勝ってた「日産」から「読ク」に移ってきたんだし(もう○○ディになってたっけ?)。当時「読ク」が勝ちたい一心で「カウンター・ロングボール放り込み」サッカーやってたかなぁ?負けても負けても中央突破図ってたように記憶しています。

 

<Sponsered Link>



 
何が言いたいのか?っていうと、「勝つ」というのは伝統ではないと思うんですよ。「勝つ」を守るべき伝統にしちゃうと、それこそ「何でもあり」になってしまう気がするんですよね。やはり、そのチームの伝統というのは、「スタイル」というか「やり方」というか、「考え方」というものを反映して欲しいと思っているんです。

 

「スターをかき集めるのがうちの伝統だ!」というのがこのスタイルに入るかどうか?は難しいところですが、やはり、そこには、「やろうとしているサッカー」は2番目になりますわね。

 

「良いサッカーが勝利者に」という言葉はそういう意味でも含蓄がある言葉だと、時間が経つにつれて、また思う次第です。

 


 

このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」にて掲載された中で2008年1月31日にアップされた記事を加筆修正して再掲載したものです。

※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!

 

サイドバナー




関連記事

「ボスニアの巨匠」にインタビューしました。

今日は一人の「ボスニアの巨匠」に話しを聞けることができました。ので、そのインタビューを再現します。

記事を読む

クライフの革命的なコトバ。もっと早くそれ言って欲しかったわ。

今回はクライフのネタです。     クライフの有名な言葉に「ボ

記事を読む

猛暑の中のJリーグは、ここが心配!?

今日で甲子園、つまり、夏の高校野球の決勝が終了しました。ここは、「サッカーワールド」のブログなんで高

記事を読む

アルゼンチンの兄貴と弟分の会話

弟分1)暑いっすねぇ~。兄貴!日本ってこんなに暑いんすか?   (兄貴)ああ。

記事を読む

完全無欠な域に達したサッカー選手と、完全無欠な域に到達するブロガー

某所某サイトでこんな記事を見つけました。冒頭にお断りですが、このネタは、2008年から2018年まで

記事を読む

キンモクセイの薫る頃。それは〇〇〇の季節。

今まさに秋ど真ん中。空は高く青く、空気は澄んで、キンモクセイの香りが心地よい季節です。それに目に見え

記事を読む

サッカー解説者を解説します。

サッカーというスポーツを楽しむ最も一般的な方法は「TV観戦」だろう。   もち

記事を読む

ブラジル戦評を、あの「岡田監督」にインタビューしました。

「日本、王国に惨敗!」   という、見出しがスポーツ紙の一面で踊りました。 &n

記事を読む

天皇杯で見られる夢

日本サッカー最大のオープン大会、天皇杯。先週の週末から天皇杯が始まりました。と、言っても本当の天皇杯

記事を読む

完璧な選手とは?

バルセロナのアンドレス・イニエスタが、「完璧な選手とは?」という質問に対し、このように答えたらしい。

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




VARで疑念は減るのか?増えるのか?

  VARシステム。ビデオ・アシスタント・レフリーの頭文字を

25回目の1月17日。この日はこの歌(満月の夕)を聴く日。

今年も1月17日がやってきました。あれから25回目。25年目、とうとう

タイで最も有名になった日本人!?

  アジア選手権U23=東京五輪サッカーのアジア予選がいよい

森保解任論に見るオシムの凄さ

2020年1月。AFC-U23選手権。この大会は東京五輪サッカーアジア

成人の日に一番ふさわしい本

  成人の日。昔は1月15日という決まった日だったけど、今は

→もっと見る

PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券