*

カウンターの威力

今回は前回に引き続き「カウンター」のネタで。

 

皆さんは「ミニマッチ(ゲーム)」を経験されたことがあるでしょうか?

 

例えばペナルティエリアの中で両サイドにコーンを1M強ほどの間を空けて立ててゴールとみなし、3対3。

 

例えばハーフコート(全面の1/2ですね)で同じくコーンを立てるかあるいは、専用のミニゴールを置いての5対5、あるいはキーパーを入れての6対6。

 

このようなゲームで一番「勝つ確率」が高いのは、どういう戦いか?というと、これはもう経験された方なら全員がうなずいてくれるでしょうが、「ゴール前にベタ引きして、取ったらカウンター!」です。

 

理想は、前に一人置いておいて、残りのメンバーでゴール前に張り付く。中盤の相手側のパスはオールフリー。そもそもゴール前以外ではボールを獲る意思も持ちません。ボールをキープしながら、パスを捏ね繰り廻してゴール前でこちょこちょやってもまず勝てませんね。この場合。

 

まるでバスケみたいに、ボールを獲られたら、とにかく自陣までスゥ~~っと引く。相手が真ん中でボールを持ってても、パスコースを切るわけでもなく、正対するわけでもなく、スゥ~~っと引く。考えてみれば、サッカーって相手にどフリーにさせれば、必ずボールは自分のゴールに向かって運ばれるわけやから、その運ばれる先で「守ってましょ・・・」というのも道理に適ってるっちゃあ、適ってるわけで。

 

で、相手はゴール前でポストプレーを試みようとしたり、ワンツーで崩そうとしたり、サイドをえぐって横からマイナス目を折り返そうとしたり。でもほとんどがカットされて、カットした方は前に残ってる一人に「ポ~~ン」と蹴って「あとはお前が点獲ってこいやぁ~」みたいな態度で残りのメンバーは自陣で傍観。

 

とっころが、相手さんは全員前掛かりになってパス廻しに参加してるんで、そのままこっちはキーパーと1対1になって、はい・・・ゴール。

 

「なぁ、カウンターすんの禁止にせぇへんか?面白ろないし!」っていうやりとりもしばしばありました。

 

それぐらいカウンターって「勝つ」ための近道なんですよね。

 

<Sponsered Link>



 

以前いただいたコメントに「カウンターは相手が持ってくれてなんぼ」というのがありました。そうです!おっしゃる通り。カウンターのチームが一番苦手にするのが、「持たない」チーム。あっちも「カウンター」ってやつですよね。これはカウンター体質の構造的な欠陥です。自分達がボールを持ったら持ち味が半減してしまうという・・・。

 

でもこのロジックは逆に言えば「相手にボールポゼッションを放棄させる」ある種の手段にならんやろうか?

 

「おい!あかんって!持ったら!廻すな!持ったらあいつらの餌食やぞ!!」って。

 

「カウンターを殺すにゃ刃物は要らぬ、ボールを持たせりゃそれでよい♪」てなドドイツがあったとかなかったとか。

 

でも、それを逆手にとって、この延長線上には高度な戦術が見えてこないだろうか?「こっちから追いかけてボールを奪わんでも、相手がボールを放り込んでくれる」というやつですな。

 

つまり、こっちが「カウンター上手」を匂わせるとあっちはボールを持たせてくれる・・・ってわけ。名付けて「こっちから追いかけてボール奪わんでも、相手がボールを放り込んでくれる戦法」(ベタでしょ?・・・笑)

 

そうなるとこういう試合展開はできないだろうか?仮に相手が「韓国」だとしよう。韓国とは久しく「ガチ」をやってないので、韓国も日本のペースを掴みきれないという前提で・・・。

 

韓)「おい!あんまり持つなって!あいつらミエミエでカウンター狙いなんやから!早めに相手側に長いボール蹴っとけって!どうせ、持ったってたいしたことできへんねんから!ミダ!」

 

韓)「おい!あいつらボール持ったらカウンターやなしに、カンカン廻してくるやないか!ほぅ!オモロイやん!それやったらこっちも仕掛けようぜ!ハセヨ!」

 

韓)「ああ!あかん!仕掛けたら、カウンターしてきよるやないか!あっぶなぁ~~!もうちょっとでやられるところやったで。ミダ!」

 

韓)「おい!あんまり持つなって!またカウンター喰らうぞ!早めに相手側に長いボール蹴っとけって!ハセヨ!」

 

韓)「おい!あいつらボール持ったらカウンターやなしに、カンカン廻してくるやないか!ミダ!」

 

韓)「おい!どっちやねん!持ったらカウンター仕掛けてきよるし、持たせたらカンカン廻してくるし!」

 

韓)「おい!もっとボールキープして廻せって!ミダ!」

 

韓)「おい!ボール持つなって!危ないやろ!ハセヨ!」

 

韓)「ボール持て!ミダ!いや、持つな!ハセヨ!持てミダ!持つなハセヨ!持てハセヨ!持つなミダ!!あああ、俺ら何やってんねん?」

 

てなことになり相手はパニックに。

 

こうなったら本当に脅威やと思いません?これぞカウンターの真の脅威、真の威力やと思うんだけど、こういう戦術、日本代表が取ったらホンマ、痛快なんやけどねぇ~。

 

こちらのネタでは「カウンターの魅力」を語ってます

 
 

このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」にて掲載された中で2008年10月04日にアップされた記事を加筆修正して再掲載したものです。

 
 

サイドバナー




関連記事

私が愛した「労働者」第1回目 ジャン・ティガナ

今回新たにシリーズを追加します!追加といっても、今までアップしたエントリーで、シリーズめいたもんは「

記事を読む

クライフよ。先にそれ、言って欲しかったわ!

クライフの有名な言葉に「ボールは疲れない」というのがあります。   実はこの有名なフッ

記事を読む

日本代表を分析する「あ・い・う・え・お」

今日はかの有名な「あ・い・う・え・お研究」の大家、松本先生にお越しいただきました。日本サッカーと【あ

記事を読む

新記録が更新されたら連続記録は途切れるの法則

「記録は破られるためにある」   誰が最初に語ったのか?は僕は知らないけれど、

記事を読む

サッカーにおいて世界との距離を測る単位について

日本のサッカーが世界の中でどれぐらいの位置にいるのか?どれぐらいのポジションにいて、トップレベルとは

記事を読む

読裏クラブは正しく生きるために、懺悔します。

ある記事を見て、僕は、今まで自分の人生で隠していた、犯していた罪を思い出し、ここに告白しようと思いま

記事を読む

それに僕は風邪も引いていない

11月も終盤になると、もう季節は冬。通勤電車ではコートの襟を立てるサラリーマンが増えるし、マフラーを

記事を読む

創刊30周年記念特集!ナンバー750号。その手は桑名の焼き蛤!

【お断り】このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」

記事を読む

オシム「名将になるための10カ条」

ここに来られる聡明な読者の皆さんの中には、私の「癖」というか「性」をよくご存知の方も多いでしょう。

記事を読む

身体能力とは何ぞや?

今回は「【身体能力】について、その解明と分析をどなたかにお願いしたい」。という、「問い掛け」を含めた

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


サイドバナー




コロナ禍でも絶好調!あの「西松屋」って、メチャメチャ優良企業やったんやね。

♪「にっしぃ、まっつやぁ~~」というCMを見た人、どれぐらいいるのかな

メッシがどこに行っても「興味が湧かない」理由

メッシがバルセロナに決別の意思を示してからしばらく経ちました。

まさに2020年らしい、お盆にチャンピオンズリーグという違和感。

2020年。夏。とにかく暑い。暑い日は、「夏日」という表現から「猛暑」

もしかしたら、もしかするのか?と、思わせる試合結果。

延期になった東京オリンピックまであとちょうど1年となった20200年7

ブルックス・ブラザーズとニーマン・マーカスとモドリッチとクライフと。

JCペニー、ニーマン・マーカス、Jクルー・・・。こういうブランドを聞い

→もっと見る

  • 2020年9月
    « 8月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券