*

「チンチン」と「ボコボコ」はどっちが「チンチン」?

サッカーで圧倒的に相手を叩きのめすときに「チンチンにする」という表現があります。「相手をチンチンにして翻弄したい!」とか「チンチンに回さないと気がすまない」とか。本来は「1対1で圧倒的に相手との勝負に勝つ」という所から使われた言葉だと思うのですが、現在では「チンチンに球を回す」というように、パス+ドリブル+(その他)で相手を完膚なきまでに圧倒することを指して言う所まで範囲は広がっているのかも。

 

ところでこの「チンチンに~~」という表現、いつから一般的になっていたのでしょうか?実は僕が現役の時(80年代)は、使った記憶がありません。当時これに該当する言葉は「ボコボコ」でした。そして「ボコボコの最上級」が「フルボッコ」でした。例えば使用例としては「今日の相手やったらボコボコにしてやろうぜ!」とか「あ~、嫌やなぁ~、今日みたいな試合出たないわ。どうせ相手にフルボッコされるだけやし」みたいな(苦笑)。

 

かなり使用する場面やタイミングはニアリーだと思うのですが、最近あまりこの言葉も聞かれません。

 
 

<Sponsered Link>



 

そこで皆さんにご質問・・・というより、お願い。。。

 

「チンチン」と「フルボッコ」ならどちらに「ボコボコ」感を感じるのでしょうか?

 

また「チンチン」と「ボコボコ」はそもそも違うものなんでしょうか?それとも地方による方言で「チンチン」と「ボコボコ」とは別の「ボコボコ感」を感じさせる言葉があるのでしょうか?まさか「チンボコ」とか「ボコチン」とか・・・。

 

これ、聞き間違えるとかなり「???」になるので、注意が必要だとは思うんですがね。木村(和)の「ちゃぶる」はこれに近いのでしょうか?それともやはり少しニュアンスが違うのでしょうか?これから我々は自分が描いている「チンチン度」をどのように「チンチン」で表現していけばいいのでしょうか?是非この件についてはこれからも研究を重ねていきたいと強く決意している次第です(笑)。

 

ところで、この「チンチン」で思い出したのが、先の「なでしこロンドン五輪アジア最終予選」で澤が「明日の韓国戦はチンチンに回して勝ちたい」なんていうインタビューをしてた事です。

 

澤よ。そういう場合は「ボコボコ」の方がええんとちゃうのん?「チンチン」ってなでしこが言うてええのん?

 
 

このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」にて掲載された中で2008年11月03日にアップされた記事を加筆修正して再掲載したものです。メッチャ旧いネタですので今日現在で読んでも「あ?なに?これ?」てな感じなのですが、スポナビでアップしたネタをとりあえず全ネタこちらに引越しする過程として本日アップしております。どうぞご了承くださいますと同時に、芳香なワインを楽しむごとく、懐かしいネタを存分にお楽しみくださいませ(爆)

 
 

【サッカーショップKAMO】アディダス サッカー日本代表ユニフォーム

※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの広告の下のず~~~っと一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!

サイドバナー




関連記事

天皇杯で見られる夢

日本サッカー最大のオープン大会、天皇杯。先週の週末から天皇杯が始まりました。と、言っても本当の天皇杯

記事を読む

これだから、僕はモウリーニョが好きなんだよ!

【お断り】このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」

記事を読む

違いを生み出す違い。一流選手に学ぶこと。

このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」にて掲載さ

記事を読む

カウンターの威力

今回は前回に引き続き「カウンター」のネタで。   皆さんは「ミニマッチ(ゲーム

記事を読む

25年前と25年後のベスト10

突然ですが。。。   1位 住友金属 2位 富士通 3位 松下電器 4位

記事を読む

消えるスプレーに代わるもの

少し旧聞に属するが、皆さんはW杯で登場した、「消えるスプレー」を覚えているだろうか?フリーキックの時

記事を読む

レッドカードとイエローカードは、日常用語となりました。

私、フットボーラー(サッカーを愛している人の意・・・です)にとって、日本の日常会話ですごく気になるこ

記事を読む

「ストッキング」を「ずらしてもいい」という時代

みなさんはサッカー選手が、「ストッキング」を「ずらしてもいい」という時代があったことをご存知でしょう

記事を読む

アルゼンチンの兄貴と弟分の会話

弟分1)暑いっすねぇ~。兄貴!日本ってこんなに暑いんすか?   (兄貴)ああ。

記事を読む

宝石と原石の間(ハザマ)で。

【お断り】このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




祝!50年ぶりの優勝!関西学院高サッカー部が兵庫県代表に!

50年と言えば、半世紀。半世紀といえば、一世紀の半分。つまり四半世紀の

オーナーの中のオーナー。まさにKING OF OWNER!

昔から「〇〇の中の〇〇」という表現があります。例えば「男の中の男」とか

25年前と25年後のベスト10

突然ですが。。。   1位 住友金属 2位 富

おめでとうヤット!でもヤットの偉業は、まだまだ続く!

このブログを「スポナビ」時代から読んでいただいている読者の方々であれば

11月4日は何の日でしょうか?はい、私もそのうちの一人です。

今このブログは11月4日に書いています。   さ

→もっと見る

  • 2018年11月
    « 10月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
PAGE TOP ↑