*

20世紀で輝いたサッカープレイヤー100人

少し旧聞に属しますが、先日いつもチェックしているブログにて紹介されていたのが、「20世紀で輝いたサッカープレイヤー100人」というネタ。そらもう、そうそうたる名前が並んでました。これ、順位もついていたのでちょっとご紹介すると・・・

 

1位 ペレ
2位 マラドーナ
3位 クライフ
4位 ベッケンバウワー
5位 プラティニ

 

プラティニがちょっと意外だったりしたけど、この辺まではまずは順当。で、続いて

 

6位 ディ・ステファノ
7位 プスカシュ
8位 ジョージ・ベスト
9位 ファン・バステン
10位 エウゼビオ

 

9位のファン・バステン以外は、実際のプレーを見たことはないんだけれど、どれもこれもサッカーをやってる人間なら一度や二度は聞いたことのある「伝説の人」だけに、これもまぁ順当と言えば順当。で、ベスト10以降はどうなってるか?というと

 

11位 ヤシン
12位 ボビー・チャールトン
13位 ロナウド
14位 ボビー・ムーア
15位 ゲルト・ミューラー
16位 バッジオ
17位 スタンレー・マシューズ
18位 ジーコ
19位 バレージ
20位 ガリンシャ

 

となってます。「おお~!ジーコでさえも18位かぁ~!え?バッジオはその好みがあるから百歩譲るとして、ロナウドはジーコより上?え~!?」てな感じになってきて、続いて次の10人を挙げると

 

21位 パウロ・マルディーニ
22位 ケニー・ダルグリッシュ
23位 バティストゥータ
24位 エリック・カントナ
25位 ハジ
26位 ロマーリオ
27位 ジャイルジーニョ
28位 ジダン
29位 ルート・フリット
30位 ジョン・バーンズ

 

になります。もうこの辺りになるとかなりこの順位に対して物言いをつけたくなります。「おいおい!バティストゥータがなんでジダンより上やねん!?」というのが一番言いたくて、ついでに言うなら「ジダンはゲルト・ミューラーよりも上やろう?」とか、「ハジの方がバッジオより天才やろう?」という好みの差が、順位への違和感が、かなりはっきりと出てきます。

 
 

<Sponsered Link>



 

で、ここまで書いたのでついでに次の10人を挙げると

 

31位 ローター・マテウス
32位 ゴードン・バンクス
33位 ユルゲン・クリンスマン
34位 デニス・ベルカンプ
35位 ルンメニゲ
36位 リネカー
37位 ジュゼッペ・メアッツァ
38位 リベリーノ
39位 ジジ
40位 イアン・ラッシュ

 

となってます。もう無茶苦茶デス。「どこをどう見たらリベリーノよりクリンスマンが上やねん?」とか「マテウスとベルカンプとどっちが巧いと思ってるねん!?」という意見は決して僕だけではないはずです。

 

以降100位までは、書く気が徐々に失せてくるので、割愛(泣笑)。ちょこっと代表的な順位と選手名を列記しますと、49位があのベッカム。我らがストイコビッチはその一個上の48位。で、ケビン・キーガンなんてのが56位。ポール・ガスコインなんて懐かしい名前がその一個下の57位。マリオ・ケンペスが72位(ケンペスが72位でバティが23位ってどんな基準やねん!)、ネッツァーが75位で、そしてそしてフランチェスコーリが80位なんて順位です。酷いです。

 

で、もっともっと僕が驚き、哀しみを隠せないのが、この100人の中に「シーフォ」も「バルデラマ」も「ベルント・シュスター」も「ジェイジェイ・オコチャ」も入ってないってことです!まさに「何じゃこれ!?」です。

 

まぁ、サッカー選手に対する評価とか論評というのは、その人の見る目線というか、視線というか、もっと大きく言えばその人のサッカー観というか、サッカー哲学というものが表われるので、致し方ないと言えばそうなんですが、それにしてもねぇ~!

 

もしここで「僕の(私の)選んだサッカープレイヤーベスト100を選ぼう!」という企画をやったら皆さん投票してくれますか?「絶対に投票するよ!」っていうコメントが10個以上入ったら、今度そんな企画やってみようかな?(笑)

 
 

このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」にて掲載された中で2012年11月02日にアップされた記事を加筆修正して再掲載したものです。メッチャ旧いネタですので今日現在で読んでも「あ?なに?これ?」てな感じなのですが、スポナビでアップしたネタをとりあえず全ネタこちらに引越しする過程として本日アップしております。どうぞご了承くださいますと同時に、芳香なワインを楽しむごとく、懐かしいネタを存分にお楽しみくださいませ(爆)

 
 

【サッカーショップKAMO】アディダス サッカー日本代表ユニフォーム

※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの広告の下のず~~~っと一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!

 

サイドバナー




関連記事

サッカーの神様

ボスニアのW杯初出場のタイミングで某雑誌で「ドーハの悲劇」を特集しておりました。ボスニアだって、W杯

記事を読む

サガン鳥栖の選手が、腰痛や筋肉痛にならない理由をご存知ですか?

実は最近腰痛が酷いんです。だから毎日ほぼ24時間、僕の腰には例のものが貼ってあります。そう・・・かの

記事を読む

キンモクセイの薫る頃。それは〇〇〇の季節。

今まさに秋ど真ん中。空は高く青く、空気は澄んで、キンモクセイの香りが心地よい季節です。それに目に見え

記事を読む

「ボスニアの巨匠」にインタビューしました。

今日は一人の「ボスニアの巨匠」に話しを聞けることができました。ので、そのインタビューを再現します。

記事を読む

移籍先よりも、そのタイミングが問題だと思うのです。

【お断り】  このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通

記事を読む

カウンターの魅力

以下のような状況を想像してみて欲しい。   皆さんの想像を助けるために、一方の

記事を読む

完全無欠な域に達したサッカー選手と、完全無欠な域に到達するブロガー

某所某サイトでこんな記事を見つけました。冒頭にお断りですが、このネタは、2008年から2018年まで

記事を読む

新記録が更新されたら連続記録は途切れるの法則

「記録は破られるためにある」   誰が最初に語ったのか?は僕は知らないけれど、

記事を読む

「ストッキング」を「ずらしてもいい」という時代

みなさんはサッカー選手が、「ストッキング」を「ずらしてもいい」という時代があったことをご存知でしょう

記事を読む

「チンチン」と「ボコボコ」はどっちが「チンチン」?

サッカーで圧倒的に相手を叩きのめすときに「チンチンにする」という表現があります。「相手をチンチンにし

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




コパ・アメリカのセレソンのロッカールームでの会話

今まであまり詳しいことは述べてこなかったが、我々「読裏グループ」は、世

さすが英国!007に黒人女性。その驚きの表現がまた洒脱

英国のスパイ映画、あのジェームス・ボンドこと007シリーズ。 &

実は僕はフェンダーミラー派。なぜタクシーはフェンダーミラーにするのか?

最近、ふと、思ったことですが・・・。   タクシ

ブラジル戦評を、あの「岡田監督」にインタビューしました。

「日本、王国に惨敗!」   という、見出しがスポーツ

ハムストリングの別名は「紅茶の美味しい〇〇〇」

「歌は世につれ、世は歌につれ」とはよく言われるフレーズであるが、世につ

→もっと見る

  • 2019年7月
    « 6月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券