*

バックパスは必要です!

今回は「バックパス」について触れてみたい。

 

みなさんは「バックパス」というものにどのようなイメージを抱いておられるのだろうか?

 

僕の理解では「バックパス」は、おそらく「ジーコ」の時の「ポゼッション至上主義」の流れから生まれた、「だるい試合」「消極的なゲーム運び」「点が入る気がせん」という代名詞として一般用語として使われだしてきたのではないか?と思っています。

 

事実そういう「バックパス」も多く存在したし、「行かんかい!」というタイミングで、「後ろへ折り返す」パスも何本も見てきました。

 

しかし、それを持ってして、「バックパス」=「消極的」という単純構図で物事を語るというのは、いかにも「如何なものか?」感が拭えません。「前へ」のパスが積極的で「後ろへ」のパスが消極的とは、こらまた、乱暴な・・・と思うのが正直なところです。

 

それに加えて「育成段階ではバックパスは出来るだけ使わないように」という風潮があるのも、これまた引っ掛かる。

 

ほんなら、「いつからバックパスしてもええ成熟段階(←この表現もいかにも変だが)」というもんに切り替えるのか?年齢か?カテゴリーか?U15は禁止でU19は解禁か?いや・・・もしかしてU19は禁止でU23が解禁か?いや・・・もしかして・・・ってそんなんどうでもええねんけど、要は、そういうことを考えること自体が日本サッカーの画一化を招いてる証左ではないんかいな?と・・・。そう思うわけですよ。

 

私事で申し訳ないんですが、私が高校生のときなんて、そらもうバックパスなんて暗黙的に禁止でした。「後ろへ落とす」ということは、バックへボールを渡すということで、そんなもんしようもんなら、「前へ蹴っとけぇ~」というコーチの罵倒が飛んできたもんです。

 

でもね、これまた私事で申し訳ないんですが、私が高校のときは、同じ大学のサッカー部が隣で練習していましたもんで、その大学生は平気でバックにボールを預けて展開しているわけですよ。中盤の選手が囲まれても後ろへポーンと戻して、そのボールがまたサイドに展開されて、そのサイドバックが半分フリーな状態で中盤に入ってきて・・・そういうのを繰り返されたときに、どれだけそのバックパスが恨めしかったか。

 

で、その大学生と試合をやると、あっちはバック間でホイホイボールを廻して展開してるのに、こっちゃ、前へ蹴って(前へ突っかかって)ボールを取られていくばかり。必然的にポゼッションは落ちて、ボールを追いかけて、疲労して、スペース空けちゃって、そこを突かれて、崩されて、ズドン!

 

 

<Sponsered Link>



 

で、当然、考えるわけです。高校生だった僕でも。選手として。
「俺らもあんなサッカーしたい」って。「俺らでも出来るはずや!」って。

 

だから、その時コーチに言いました「何で俺らも後ろに廻したらアカンのっすか?」って。

 

そしたらそのコーチ曰く

 

「そんなサッカーは大学になってからやったらええんや!」って。
おいおい・・・。

 

その時に、若かりし「読裏クラブ君」がどれだけ落胆し、どれだけ失望したか・・・想像いただけると思います。

 

サッカーはイマジネーションであり、創造性のスポーツです。ルールはいたってシンプル。何人抜いてもいいし、どれだけボールを持ってもいいし、パスはどこに出してもいい(除くオフサイド)。今ボールを持っている、その選手が、ありとあらゆる選択肢の中から一瞬にして自分の表現を決断し、それを自分の肉体と技術で実行に移す・・・からこそ奥深く、面白いのです。

 

てなわけで、僕は今、ここに、正々堂々と、真正面から、心の底から宣言し、訴えます。

 

「バックパス禁止、絶対反対!」「バックパスを使わないサッカーはソコが浅い!」「バックパスがサッカーに奥行きを与える!」と。

 

・前が詰まってたら後ろに落とすんが当り前やろ?
・前が詰まってるのに、前に突っかかるのは、積極性やなしに、頭が悪い!
・前に行くだけが能やない!
・後ろに引いている連中を誘き出すバックパスはサッカーのもっとも高度な戦術の一つ。
・1-0でラスト5分でラストパス⇒バックラインボールキープ⇒サイドチェンジ⇒・・・はサッカーの最も充実した時間
ここで取ったる!と、囲い込んだポイントの中盤の選手がダイレクトで落としたら(バックパス)どれだけうっとおしいか。
・サッカーは10対10。フィールド間はある意味空いているスペース探し。空いているところを狙うために、一回落とす(バックパス)のは基本中の基本!

 

などなどなど・・・僕のサッカーの基本のそれまた基本に「ボールポゼッション」があり、その「ボールポゼッション」のための基本の基本が「バックパス」なわけですよ。それを奪われてどうして創造性のあるサッカーを表現するのか?

 

突撃サッカーがそんなにお好みか?
玉砕サッカーがそんなにお好きか?
単純明快ならそれでよろしいか?
戦闘的(と見えるだけ)ならそれで満足か?

 

是非是非ご一考願いたい。

 

最後に、私が現役時に、前へ前へ行こうとする下級生によく試合で怒鳴ったセリフを一つ。
「後ろフリーやろ!落とさんかぃ~!ボケェ~~」

おあとがよろしいようで。

 

このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」にて掲載された中で2008年11月10日にアップされた記事を加筆修正して再掲載したものです。メッチャ旧いネタですので今日現在で読んでも「あ?なに?これ?」てな感じなのですが、スポナビでアップしたネタをとりあえず全ネタこちらに引越しする過程として本日アップしております。どうぞご了承くださいますと同時に、芳香なワインを楽しむごとく、懐かしいネタを存分にお楽しみくださいませ(爆)

 

サイドバナー




関連記事

つい手を出してしまったキーパーの取り調べ室での会話

ここはとある取調室。一人の男が取締官の尋問を受けている。今回はそんなシビアな状況の極秘会話を我々「読

記事を読む

我々はアメリカを知らない!

我々は「アメリカ」を見て育ってきた。良くも悪くも。   「アメリカ」の暮らしに

記事を読む

オシム「名将になるための10カ条」

ここに来られる聡明な読者の皆さんの中には、私の「癖」というか「性」をよくご存知の方も多いでしょう。

記事を読む

10年間のブログで最も読まれた記事「なぜロングボールの放り込みに批判が集まるのか?」

今回は、私が2008年から2018年まで10年間スポナビさんでアップしたブログの記事1,063本の中

記事を読む

元祖天才、あのレジェンド礒貝洋光が現役復帰でガンバ大阪へ!?

先日は、「40歳でJリーガーになった男 安彦考真」という、驚きのニュースが飛び込んできた矢先・・・

記事を読む

読裏クラブが選ぶ「私の理想のイレブン」(日本人編)

さぁ、今年もいよいよあとわずかでJリーグが開幕。そんな時節柄とも実はまったく関係なく(笑)、唐突で申

記事を読む

サガン鳥栖の選手が、腰痛や筋肉痛にならない理由をご存知ですか?

実は最近腰痛が酷いんです。だから毎日ほぼ24時間、僕の腰には例のものが貼ってあります。そう・・・かの

記事を読む

メッタに起きないことがメッタに起きたら、メッタに起きることがメッタに起きなくなってしまう話【1】

今日の検索ワードでは、「山形」や「GK」が上位に入っていた。そらそうやろう。一部昇格を懸けたPO(=

記事を読む

「ストッキング」を「ずらしてもいい」という時代

みなさんはサッカー選手が、「ストッキング」を「ずらしてもいい」という時代があったことをご存知でしょう

記事を読む

読裏クラブは正しく生きるために、懺悔します。

ある記事を見て、僕は、今まで自分の人生で隠していた、犯していた罪を思い出し、ここに告白しようと思いま

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




もしかして人生初?お盆に直撃!台風10号でUターンラッシュに大打撃。車も新幹線もどうなるのか?

お盆の真っただ中。帰省のラッシュも一段落して、あと数日すればUターンラ

サッカー解説者を解説します。

サッカーというスポーツを楽しむ最も一般的な方法は「TV観戦」だろう。

W杯を振り返っている男と「悪魔」と「天使」の会話

人は誰でも二重人格である。 一人の人間の中には、あらゆる葛藤がある。

楽天神戸の補強はどこまで続く?今度は酒井高徳を獲得!

ヴィッセル神戸。私の地元のサッカークラブであり、Jリーグの理念からすれ

吉野家の数量限定サーロイン使用「特選 すきやき重」は、本当に数量限定なんだろうか?

私(読裏)は、普段は広告戦略やマーケティングなどのコンサルティングをし

→もっと見る

  • 2019年8月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券