*

君はあの(芸術的)スルーパスを見たか?

美しい星、地球。

 

その美しい星、地球には、美しいものが数多く存在している。

 

満天の夜空。
真赤な夕焼け。
白銀の静寂。

 

大空を舞う一羽の鳥。
草原を駆け抜ける風が醸しだす風景。
頭を垂れる黄金の稲穂。

 

無垢な赤ん坊の笑顔。
純真な赤ん坊の寝顔。

そして・・・

 

「絶妙なスルーパス」。

 

この美しきパスを見るたびに「地球と言う星に生まれてきた至福」を感じるのは私だけではあるまい。

 

そしてそのスルーパスは、ダイレクトであればより美しい。

そしてそのスルーパスは、ダイレクトでヒールであればもっと美しい。

そしてそのスルーパスが、ダイレクトでヒールでノールックであれば断然美しい。

そしてそのスルーパスが、ダイレクトでヒールでノールックでペナコ内なら尚更輝き、美しい。

そしてそのスルーパスが、ダイレクトでヒールでノールックでペナコ内で密集の一点突破なら崇高なほどに美しい。

実は、それらのプレーを私は最近見てしまったのだ。

 

上記のうちに一つだけでも見ることが出来たら、それだけでフットボールを見る価値があるのだが、
あろうことに、そのようなプレーが、連続して、数度も一つの試合で、しかも、一人の選手によって表現されたのだ。

 

「美しいとはこういうことを言うのだろう・・・」そう思わず呟いてしまった。

 

 

<Sponsered Link>



 

時は2009年10月1日。場所はオールド・トラッフォード。

 

その美しいプレーの源は、ディミタール・ベルバトフ。

 

皆さんも、もし、「美しい」ものに興味がおありなら、近くの美術館に行く必要はない。華麗なミュージカルを観に行く必要もなく、大海原に一人ヨットを出すこともなく、山の頂で朝日を眺める必要もない。

 

ベルバトフのトラップと、ヒールと、スルーを見ればいい。
きっと唸るだろう。きっと溜息を洩らすだろう。
あまりの美しさに。

 

彼の一連のプレーは、もう芸術だ。

 

それは、
ヨハン・シュトラウスの「青きドナウ」であり、

 

大文字の「モナリザ」であり、

 

松本人志の「ミスター・ベーター」である。

 

え?「ヨハン・シュトラウスは解るが、ミスター・ベーターが何で芸術やねん!?」って?

 

解ってないのだね?一応僕の芸術の定義を申し上げておくとね、

 

『芸術とは、自己の類稀なる才能を自己表現することにより、それを見るもの、聞くものに、安らぎと幸せを与え、人類の高みに至らせる行為』である。

 

これで理解できたでしょ?

 

ベルバトフのボールタッチも芸術であり、ミスターベーターも芸術なのだ。

 

今日私が言いたかったのは、それだけである。
それでは・・・また。機会があれば皆さんとお会いしよう!

え?「何やそれ!?随分今回は出だしの割には早よ切り上げるやないか?」って?

 

「そやねん!時間ないねん!今からパーテー行かなあかんねん!」by ミスター・ベータ―

 
 

このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」にて掲載された中で2009年10月05日にアップされた記事を加筆修正して再掲載したものです。メッチャ旧いネタですので、今日現在で読んでも「あ?なに?これ?」てな感じなのですが、スポナビでアップしたネタをとりあえず全ネタこちらに引越しする過程として本日アップしております。どうぞご了承くださいますと同時に、芳香なワインを楽しむごとく、懐かしいネタを存分にお楽しみくださいませ(爆)

 
 

 

サイドバナー




関連記事

バックパスは必要です!

今回は「バックパス」について触れてみたい。   みなさんは「バックパス」という

記事を読む

25年前と25年後のベスト10

突然ですが。。。   1位 住友金属 2位 富士通 3位 松下電器 4位

記事を読む

読裏クラブが選ぶ「私の理想のイレブン」(日本人編)

さぁ、今年もいよいよあとわずかでJリーグが開幕。そんな時節柄とも実はまったく関係なく(笑)、唐突で申

記事を読む

サガン鳥栖の選手が、腰痛や筋肉痛にならない理由をご存知ですか?

実は最近腰痛が酷いんです。だから毎日ほぼ24時間、僕の腰には例のものが貼ってあります。そう・・・かの

記事を読む

ロシアワールドカップ直前、ハリルホジッチ大物助っ人と契約!?

先の欧州遠征で課題が浮き彫りになったハリルジャパン。毎回このタイミングで必ず「更迭」の提案をするセル

記事を読む

世界一幸せなサッカー選手

自分の国の代表が、自分のプレースタイルを認めて、その後の自分のサッカー哲学をそのまま代表のDNAとし

記事を読む

日本代表を分析する「あ・い・う・え・お」

今日はかの有名な「あ・い・う・え・お研究」の大家、松本先生にお越しいただきました。日本サッカーと【あ

記事を読む

イングランドスポーツとアメリカンスポーツ

「イングランド」がフットボールの発祥の地である!と、いうフレーズは、皆さんどこかで聞かれたことがある

記事を読む

宝石と原石の間(ハザマ)で。

【お断り】このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」

記事を読む

ポグバとイブラ様のマンチェスター・ロッカールームでの会話

このブログを執筆、主幹している我々読裏グループは、世界中にその情報網を張り巡らせており、あらゆる情報

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


サイドバナー




ACミランが首位につけているのは、当然「あのお方」がいらっしゃるからである。

前回は、マンチェスター・ユナイテッドの久しぶりの首位キープ!(暫定やけ

マンチェスターユナイテッドが久々の首位!暫定やけど

)今回は久しぶりに本格的?な、フットボールネタを。 プレミアリー

檸檬堂が売れるとホンマに思ってた?

日本コカ・コーラボトラーズが販売する缶チューハイ「檸檬堂」が売れに売れ

26回目の1月17日。この日はこの歌(満月の夕)を聴く日。

今年も1月17日がやってきました。あれから26回目。26年目、もう四半

今年は「忙しい人」にならないようにします!

あっという間に新年1月も半ばを過ぎました(汗)ほんま、あっと言う間。リ

→もっと見る

PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券