*

君はあの(芸術的)スルーパスを見たか?

美しい星、地球。

 

その美しい星、地球には、美しいものが数多く存在している。

 

満天の夜空。
真赤な夕焼け。
白銀の静寂。

 

大空を舞う一羽の鳥。
草原を駆け抜ける風が醸しだす風景。
頭を垂れる黄金の稲穂。

 

無垢な赤ん坊の笑顔。
純真な赤ん坊の寝顔。

そして・・・

 

「絶妙なスルーパス」。

 

この美しきパスを見るたびに「地球と言う星に生まれてきた至福」を感じるのは私だけではあるまい。

 

そしてそのスルーパスは、ダイレクトであればより美しい。

そしてそのスルーパスは、ダイレクトでヒールであればもっと美しい。

そしてそのスルーパスが、ダイレクトでヒールでノールックであれば断然美しい。

そしてそのスルーパスが、ダイレクトでヒールでノールックでペナコ内なら尚更輝き、美しい。

そしてそのスルーパスが、ダイレクトでヒールでノールックでペナコ内で密集の一点突破なら崇高なほどに美しい。

実は、それらのプレーを私は最近見てしまったのだ。

 

上記のうちに一つだけでも見ることが出来たら、それだけでフットボールを見る価値があるのだが、
あろうことに、そのようなプレーが、連続して、数度も一つの試合で、しかも、一人の選手によって表現されたのだ。

 

「美しいとはこういうことを言うのだろう・・・」そう思わず呟いてしまった。

 

 

<Sponsered Link>



 

時は2009年10月1日。場所はオールド・トラッフォード。

 

その美しいプレーの源は、ディミタール・ベルバトフ。

 

皆さんも、もし、「美しい」ものに興味がおありなら、近くの美術館に行く必要はない。華麗なミュージカルを観に行く必要もなく、大海原に一人ヨットを出すこともなく、山の頂で朝日を眺める必要もない。

 

ベルバトフのトラップと、ヒールと、スルーを見ればいい。
きっと唸るだろう。きっと溜息を洩らすだろう。
あまりの美しさに。

 

彼の一連のプレーは、もう芸術だ。

 

それは、
ヨハン・シュトラウスの「青きドナウ」であり、

 

大文字の「モナリザ」であり、

 

松本人志の「ミスター・ベーター」である。

 

え?「ヨハン・シュトラウスは解るが、ミスター・ベーターが何で芸術やねん!?」って?

 

解ってないのだね?一応僕の芸術の定義を申し上げておくとね、

 

『芸術とは、自己の類稀なる才能を自己表現することにより、それを見るもの、聞くものに、安らぎと幸せを与え、人類の高みに至らせる行為』である。

 

これで理解できたでしょ?

 

ベルバトフのボールタッチも芸術であり、ミスターベーターも芸術なのだ。

 

今日私が言いたかったのは、それだけである。
それでは・・・また。機会があれば皆さんとお会いしよう!

え?「何やそれ!?随分今回は出だしの割には早よ切り上げるやないか?」って?

 

「そやねん!時間ないねん!今からパーテー行かなあかんねん!」by ミスター・ベータ―

 
 

このネタは、2008年から2018年まで、スポーツナビのブログ「読裏クラブのワンツー通し」にて掲載された中で2009年10月05日にアップされた記事を加筆修正して再掲載したものです。メッチャ旧いネタですので、今日現在で読んでも「あ?なに?これ?」てな感じなのですが、スポナビでアップしたネタをとりあえず全ネタこちらに引越しする過程として本日アップしております。どうぞご了承くださいますと同時に、芳香なワインを楽しむごとく、懐かしいネタを存分にお楽しみくださいませ(爆)

 
 

 

サイドバナー




関連記事

猛暑の中のJリーグは、ここが心配!?

今日で甲子園、つまり、夏の高校野球の決勝が終了しました。ここは、「サッカーワールド」のブログなんで高

記事を読む

完璧な選手とは?

バルセロナのアンドレス・イニエスタが、「完璧な選手とは?」という質問に対し、このように答えたらしい。

記事を読む

「ボスニアの巨匠」にインタビューしました。

今日は一人の「ボスニアの巨匠」に話しを聞けることができました。ので、そのインタビューを再現します。

記事を読む

日本代表を分析する「あ・い・う・え・お」

今日はかの有名な「あ・い・う・え・お研究」の大家、松本先生にお越しいただきました。日本サッカーと【あ

記事を読む

サッカーの死語をアナタはどこまでご存知ですか?

ここに来られる皆さんの中で「インナー・ハーフ」という言葉をご存知の方は何人ぐらいいらっしゃるのでしょ

記事を読む

伝統とは何を守るものなのか?

先日の「東京○○ディ」の新体制発表会で新任監督の表明が少し気になりました。  

記事を読む

私の大好きなサッカープレーヤー、「狂気の左サイドバック」!都並敏史

今回は「私の大好きなサッカープレーヤー」というお題のシリーズ。その第一弾!をお送りします。 &

記事を読む

身体能力とは何ぞや?

今回は「【身体能力】について、その解明と分析をどなたかにお願いしたい」。という、「問い掛け」を含めた

記事を読む

8月10日は僕の「〇〇呪縛解放記念日」になりました。

彼等はいつも僕の目の前に立ちはだかっていた。   彼等に僕はいつも打ちのめされ

記事を読む

国際試合の意味は?本当の狙いは別なところにある説。

7月最後の日となった31日、各地でクラブ間の国際親善試合が行われた。浦和はあのバイエルンと、横浜Mは

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




10年ぶりに復活した「入れ替え戦」がヤバ過ぎるぜ!だからサッカーは面白い!

プロ野球になくてJリーグにあるものはなんでしょう?  

8181、ポケベル。50年の歴史に幕

ポケットベル。略してポケベル。   そのポケベル

残ってポンテ!

今回は前回のエントリー「フィンケの退任に思うこと」の続編に当たります(

フィンケ退任に思うこと。

名古屋が優勝したその日、もう一つのニュースが飛び込んできていました。浦

もしも巨人軍に「巨人軍ユース」があったなら?

本日はちょっと「ハイブリッド(掛け合わせ)」なネタ展開です。 &

→もっと見る

  • 2018年12月
    « 11月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑