*

口述試験受験者のレベルが段々高くなってくるとき、ふと感じたこと

「今年ももう終わりかぁ~」と。「今年ももうそんな時期かぁ~」と、感傷的になるこの晦日の12月。

 

先日は「流行語大賞」の発表があったし、「今年の漢字一字」の発表もあったし、そしてサッカーの関連で言えばJリーグの入れ替え戦があるのもこの時期。

 

そんな中、中小企業診断士の世界で毎年12月の第2日曜日に行われるのが、口述試験。一次試験、二次試験の難関を見事突破した人だけが受けることができる試験で、診断士になるための最後の試験です。令和最初の年である今年は12月15日の日曜日に行われます。

 

その試験に向けた「模擬口述試験」の面接官を、今年もまたご縁があって、昨日(金曜日)、今日(土曜日)と務めてきました。(去年のその日のネタはこちら)

 

毎年のようにこの面接官をしてくると、いろいろ変化を感じとれることがあります。

 

「今年の2次試験の問題は、ここが難しくて、ここが簡単だったよね」というものや、「やっぱりご時世を反映して、こんな問題が出るんだね」とか。今年もマーケティングの問題ではSNSの活用が前提――なんて、数年前には考えられなかった問題が出ていました。

 

変化は問題だけではなくて、この模擬口述試験を受けにくる受験生からもまた、感じ取れました。

 

 

<Sponsered Link>



 

今年は年齢の高い人と、女性の受験生が目立ちました。生年月日を確かめると、僕より年上の人もチラホラといて「エライなぁ~。凄いなぁ~。」と、面接官という立場を離れてリスペクト感を感じてました(ご本人に直接言えないのが残念です)。で、そういう年齢や性別というサイコグラフィック(←診断士っぽいでしょ?爆)だけではなく、内容についても実は変化を感じてまして・・・

 

ま、一言で言うと・・・

 

「レベルたか!」というもの。

 

「どんどんレベル上がってるやん!」というもの。

 

試験の内容は、経営理論の事例Ⅰ、マーケティングの事例Ⅱ、製造・運営管理の事例Ⅲから、財務会計の事例Ⅳまで、A社、B社、C社、D社の各(仮想)会社の現状や取るべき対策を尋ねられて、それにしっかりと受け答えするという、言葉にすれば簡単なんだけれども、いざやる方からすれば、かなりシンドイ。

 

一人の時間は約10分。通常、この10分に3~4問は質問されます。

 

4社の範囲の中で何を聞かれるか?は、もちろん分からないし、関連知識なんて何十、何百あるし。いかに自分の持っている知識と、それを紡ぐスキルを併せ持って、コンサルタントとしてコミュニケーションを取りながらアドバイスできるか?という、筆記試験では絶対に問われないトークのテクニックや、身振りや、表情の豊かさまでも試されます。そんなん、全部スラスラと言えるわけもなく、フツーは、極度の緊張もあって「シドロモドロ」になるはず。

 

なんやけれど・・・

 

だんだんと、そういうシドロモドロ系の人が少なくなってきていて、皆さん準備の、事前の予習の跡がアリアリ。やってるこっちはちょっとオモロナイ(苦笑)。

 

そんな、今回の受験生の中で、一人、「完璧!」に近い究極の人がいました。

 

問われた問題に対して、全てパーフェクトの解答!

 

よどみなく

 

話すスピードも完璧

 

ときおり、間をとり、その間をとるあいだは、我々試験管をしっかり見つめ、ちょっと笑顔を見せたりして

 

いやもう、素晴らしい!の一言!

 

たぶん、何百という想定問題の解答をすべて暗記しているのだろう。そうでなければ、絶対にこの答え方は無理。

 

暗記するだけではなくて、覚えていることを、すべて完璧に話すために、目線、表情、間・・・。何十回と練習したんだろう。

 

そんな感じでした。

 

で、その時、僕が感じたことは

 

「完璧すぎる!のは、気持ち悪い!」という・・・(苦笑)。

 

どこか人間を見ている感じがしなくて、アンドロイドを見ているよう。同じアンドロイドでもスタートレックのデータ少佐の方がまだ人間っぽい。そんな感じ。ご本人には失礼だが、素直に感じたのは「不自然な美しさ」。ま、喩えていうと「整形美人」の美しさ。確かに美しいのだけれども、親しみは湧かない。つまり、ナチュラル感が「渋野日向子」感がない(苦笑)。

 

人間って、完璧じゃないほうが、魅力的なんやね。

 
このネタはfacebook https://www.facebook.com/yomiuraclub1961/ でもご紹介しております。コメントはご面倒ですが、facebookの方でアップしていただけると、しっかり返信させていただきます。どうもコメント欄の管理が上手くいかず皆さんのご意見がオープンに掲示できませんもんで。
 

 

 

サイドバナー




関連記事

中小企業診断士 口述試験を面接官の立場から見た時、見えてきたもの

12月の半ば、あと10日前後でXmas、そしてあと2週間前後で大晦日や、お正月がやってくるこの時期。

記事を読む

11月4日は何の日でしょうか?はい、私もそのうちの一人です。

今このブログは11月4日に書いています。   さて、ここで(ベタな)問題。11

記事を読む

診断士合格だけではなく、目標と夢を追う全ての人に捧げるイチローのコトバ

僕が4年間の「中小企業診断士」の試験勉強を続けていたとき、「くじけそう」だったり「負けそう」だったり

記事を読む

診断士2次試験には不合格だったけど、リスペクトできる人生の合格者

中小企業診断士の2次試験の合否発表は、例年12月の第2金曜日に行われる。今年も12月8日にその発表が

記事を読む

3月は修了の季節。診断士実務補習修了(終了)!お疲れ様でした!

3月は卒業シーズン。いろんな人たちがいろんな人生で、次のステージに旅立つ季節です。この卒業というか修

記事を読む

「おせちもいいけどカレーもね!」正解は複数ある、というお話。

我々は愚かな生き物で「自分は正しく、他人は間違っている」と思いやすい。   &

記事を読む

神戸電鉄の三木駅舎が火事で全焼。無人駅で間一髪セーフ!

神戸の人でもなかなか馴染みがない電車があります。神戸電鉄という鉄道。   &n

記事を読む

トランプ大統領も大好き!一度はやってみたい!ケンタッキー・フライド・チキンの食べ放題!がまたやってくる!

誰もが経験あると思うんだけど、ある日、ある晩(特に夜中なんかに)、無性に「ケンタッキー・フライド・チ

記事を読む

アナタは「見える化」のエキスが見えるか・・・い?

「見える化」というフレーズ、結構使っている人多いんじゃないかな?このフレーズ、我々ビジネスの世界に登

記事を読む

平昌オリンピックは韓国現地で盛り上がってるのでしょうか?現地からの声を聴いてみました。

羽生弓弦の感動の金メダルで、いっきに盛り上がりのピークを迎えている「平昌オリンピック」。 &n

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




VARで疑念は減るのか?増えるのか?

  VARシステム。ビデオ・アシスタント・レフリーの頭文字を

25回目の1月17日。この日はこの歌(満月の夕)を聴く日。

今年も1月17日がやってきました。あれから25回目。25年目、とうとう

タイで最も有名になった日本人!?

  アジア選手権U23=東京五輪サッカーのアジア予選がいよい

森保解任論に見るオシムの凄さ

2020年1月。AFC-U23選手権。この大会は東京五輪サッカーアジア

成人の日に一番ふさわしい本

  成人の日。昔は1月15日という決まった日だったけど、今は

→もっと見る

PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券