*

中小企業診断士 口述試験を面接官の立場から見た時、見えてきたもの

公開日: : 中小企業診断士

12月の半ば、あと10日前後でXmas、そしてあと2週間前後で大晦日や、お正月がやってくるこの時期。

 

中小企業診断士の世界では、最後の総仕上げ、「口述試験」が行われます。今年(2017年)は、12月17日の日曜日に実施されます。

 

苦難の末に、長き勉強生活の末に、2次試験に合格した人だけが、次のステップである口述試験を受けることが出来ます。ここまで来て、いよいよ診断士試験の総仕上げ。そしてもうすぐ晴れて「中小企業診断士」となれる、最後のチェックポイントです。

 

とはいえ、合格率は極めて高く、ある年は不合格者が1人も出ないといった歳もあって、「まぁ、普通にやれば誰でも合格」という試験です。そういう試験ではありますが、その試験を受ける当事者からすれば、「自分が万々一、その不合格者になるのでは?」という不安もあって、合格の知らせを知ってから短い期間でこの試験のための対策を練ることに。

 

その代表が各受験期間で行う「口述試験の模擬試験」です。

 

今回、あるご縁があり、そんな「模擬口述試験」の「面接官」を務めました。そこで感じたことはやはりアウトプットの難しさですね。今までの試験は全て「静寂の中での筆記試験」。自分の意見、自分の考えを述べるのは、全て「文字という表現方法」でした(1次試験はマークシートという、これもまぁ、文字と言えば文字みたいなものですね)。

 

それがいきなり今回は口述です。つまり「しゃべる」という行為を通じての意思表示であり、意見陳述です。しかも、初対面の面接官に、聞かれたことを限られた時間内で口頭で説明する。どこかTVで見たことのある「検事と被告人」というか「弁護士と証人」のような場面に似ています。

 

私は検事でも弁護士でもないけれど、いわゆる「そっち」の立場で今回の「口述試験」を経験しました。

 

そこで見えたことは、かなり新鮮なものでした。それは、受験生の方々が「何かを説明する」という時、その言葉や内容よりも、その表情や仕草、そして目線などの、「非言語」の部分に自分が非常に重きを置いているという事実でした。

 

<Sponsered Link>



 

「百聞は一見に如かず」とはよく言ったものです。耳から入る情報よりも、目から入ってくる情報の方が、より真実に近い情報なんですよね。話している(答えを口述している)内容がたとえ百点満点でなくても、堂々と、明るく、相手の目を見ながら、自信を持って話されていると「この人のいう事は部分的にはいろいろあるんだろうけど、全体としては正しいのだろう」なんて思ったりします。

 

その逆に

 

もの凄く用意周到に準備されているし、答えを必死に暗記されたのでしょうが、そのために「正しい答えを一言一句間違わずに言わなければ」というところに非常に重きを置いているために、苦しそうな表情で、相手の目を見ず、そして時には絶句する・・・という状態で説明されると、たとえそれが百点満点の答えであっても、「どこか違う部分もあるんじゃないかな?」なんて、意地悪な感情も出てきてしまいます。

 

別に「話が上手い」とか「立て板に水」が良いと言っているのではありません。必死さが全部ダメと言っているわけでもありません。ただ、今回「面接官」という立場から見えた景色は、「人は何かを伝えようとする時には、全身で情報を発信するんだ」ということです。これは、時代が変わろうと、ある意味不変な部分ではないか?と思いました。今回の経験は決して「受験生のためのアドバイス」にとどまらず、自分自身への戒めとして、記憶に残るものでした。

 

とはいえ、2次試験に合格して口述試験に臨む受験生の皆さんは、最後のハードルを、ご自分のコトバでしっかりと越えてくださいね。

 

サイドバナー




関連記事

「おせちもいいけどカレーもね!」正解は複数ある、というお話。

我々は愚かな生き物で「自分は正しく、他人は間違っている」と思いやすい。   &

記事を読む

神戸電鉄の三木駅舎が火事で全焼。無人駅で間一髪セーフ!

神戸の人でもなかなか馴染みがない電車があります。神戸電鉄という鉄道。   &n

記事を読む

アナタは「見える化」のエキスが見えるか・・・い?

「見える化」というフレーズ、結構使っている人多いんじゃないかな?このフレーズ、我々ビジネスの世界に登

記事を読む

トランプ大統領も大好き!一度はやってみたい!ケンタッキー・フライド・チキンの食べ放題!がまたやってくる!

誰もが経験あると思うんだけど、ある日、ある晩(特に夜中なんかに)、無性に「ケンタッキー・フライド・チ

記事を読む

中小企業診断士2次試験合格発表のあとに決めることは、決めないこと。

今年の12月8日。今年の中小企業診断士の2次試験の合格発表がありました。  

記事を読む

診断士合格だけではなく、目標と夢を追う全ての人に捧げるイチローのコトバ

僕が4年間の「中小企業診断士」の試験勉強を続けていたとき、「くじけそう」だったり「負けそう」だったり

記事を読む

平昌オリンピックは韓国現地で盛り上がってるのでしょうか?現地からの声を聴いてみました。

羽生弓弦の感動の金メダルで、いっきに盛り上がりのピークを迎えている「平昌オリンピック」。 &n

記事を読む

診断士2次試験には不合格だったけど、リスペクトできる人生の合格者

中小企業診断士の2次試験の合否発表は、例年12月の第2金曜日に行われる。今年も12月8日にその発表が

記事を読む

11月4日は何の日でしょうか?はい、私もそのうちの一人です。

今このブログは11月4日に書いています。   さて、ここで(ベタな)問題。11

記事を読む

3月は修了の季節。診断士実務補習修了(終了)!お疲れ様でした!

3月は卒業シーズン。いろんな人たちがいろんな人生で、次のステージに旅立つ季節です。この卒業というか修

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




10年ぶりに復活した「入れ替え戦」がヤバ過ぎるぜ!だからサッカーは面白い!

プロ野球になくてJリーグにあるものはなんでしょう?  

8181、ポケベル。50年の歴史に幕

ポケットベル。略してポケベル。   そのポケベル

残ってポンテ!

今回は前回のエントリー「フィンケの退任に思うこと」の続編に当たります(

フィンケ退任に思うこと。

名古屋が優勝したその日、もう一つのニュースが飛び込んできていました。浦

もしも巨人軍に「巨人軍ユース」があったなら?

本日はちょっと「ハイブリッド(掛け合わせ)」なネタ展開です。 &

→もっと見る

  • 2018年12月
    « 11月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑