*

解散するのに万歳する理由って?

公開日: : 最終更新日:2017/12/29 政治

今、日本の政治は空白期間です。それはご存知のように、先日安倍総理による解散・総選挙の決断の元に、衆議院議員は全員失職状態。今度の総選挙で再当選しないと、元の職(議員のことです)に戻ってくることができません。

久しぶりに出た「解散」。いろいろ物議が醸されているらしいです。まさかこの時期にという議員がほとんどではないでしょうか?野党ももちろんですが、与党だって準備不足の議員さんはきっといるはず。

「もうちょっと時間が欲しかった」というのが本音でしょう。

そんな気持ちなのに、何故か行われるあの恒例の儀式。皆さん不思議に思ったことはないですか?そうです。あの「解散」→「万歳」の儀式です。

どの世界に「自分が失職(クビ)」になるのに、万歳をする人がいるでしょう?定年まで見事勤めあげて、晴れて明日から~~みたいな人は万歳をしてもいいのでしょうが、これは失職ではないですからね。突然「クビ」を言い渡されて、これから一ヵ月弱もの間、身も心も(もちろん財布も)疲弊する戦いに放り込まれる羽目にになって何で万歳なの?

というわけで、ちょっとその「万歳」をやる理由を調べてみました。

<Sponsered Link>



そもそもいつからこの「万歳」は行われてきたのか?というと、どうも明治時代にまで遡るらしいです。第11回帝国議会衆議院本会議会議録に「詔書に記されている全文朗読後、拍手起こり、「万歳」と叫ぶ者あり」と記されています。

そういう意味では結構「歴史」と「伝統」の儀式なんですね(苦笑)

では、その由来、理由は?というと・・・

これが実はかなり複数説があるようなのです。

代表的なところをざっと並べてみると

●「やけっぱち」の気持ちの発露。つまり「絶叫」っていうやつですね。これ、かなり気持ちはわかる。

●次は、天皇陛下への万歳、詔書への崇敬の意。これもすごく「らしい」理由ですね。ご本人の気持ちは別にして、陛下への忠誠を行動で示す。たぶんこれが本命なんでしょう。

●逆に「内閣への降伏の意味」という説もあるようです。これは気持ちとしてはかなり「歪み」が入ってきますね(苦笑)

●さらには、実は陛下へも、内閣へもではなく、自分自身に、「今から戦場に向かう、そんな戦士の気持ちとして、万歳(突撃!)」と叫んでいるという説もあります。

●さらに、ここまでくればもうジンクスとしての域に入ってきて「一番早く万歳をした人がまた国会に戻ってこられる」というのもあります。だから前回の解散の時に「フライング万歳」になってしまったのかも?

●そして最後にはもう科学的根拠はほとんど「0」のような「しっかりと大声で万歳するほど当選確率が上がる」なんてものまで登場します。

いずれにせよ、意外や意外。解散の際の万歳は、万歳を叫ぶ「これ」という理由が明確になっていないらしいというのに、明治以来ずっと続いているらしいのです。

前からそうだから・・・。先輩から言い伝えられてるから・・・。儀式は守らないといけないから・・・。なんか、それを聞くと「おいおい、国会議員さんでしょ?そんなんで大丈夫?」と思わなくでもない。

そんな中で今回出色の対応をしたのが、かの「進次郎」氏。(なぜ本会議場で解散のときに万歳をしなかったのか?)と問われて曰く。

「なんで万歳するんですか?わかりませんよね。だからしないんです。慣習だからとか、今までやってきたからとか、合理的理由なくやり続けるのは僕は好きじゃない。そういったものを全部なくせばいいと思う」と記者団に答えたとか。

さすが!です。まったくもってその通り。父親譲りの筋論が一本ピシっと、通っています。一番国民の気持ちに近いかも!はやく彼のような人間が政(マツリゴト)の中心になってくれるといいのですがね。

サイドバナー




関連記事

国会議員4人が「カツカレー」を食い逃げ!?

去る9月20日に行われた「自民党総裁選」。結果は、無事、予想通り、目論見通り、安倍晋三氏が三選されま

記事を読む

試合に負けて勝負に勝った!FC石破。次こそリベンジだ!

自民党総裁選が終わりました。結果は、「安倍晋三」現首相の3選。前評判通りの結果に終わったとも言えます

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




祝!50年ぶりの優勝!関西学院高サッカー部が兵庫県代表に!

50年と言えば、半世紀。半世紀といえば、一世紀の半分。つまり四半世紀の

オーナーの中のオーナー。まさにKING OF OWNER!

昔から「〇〇の中の〇〇」という表現があります。例えば「男の中の男」とか

25年前と25年後のベスト10

突然ですが。。。   1位 住友金属 2位 富

おめでとうヤット!でもヤットの偉業は、まだまだ続く!

このブログを「スポナビ」時代から読んでいただいている読者の方々であれば

11月4日は何の日でしょうか?はい、私もそのうちの一人です。

今このブログは11月4日に書いています。   さ

→もっと見る

  • 2018年11月
    « 10月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
PAGE TOP ↑