*

メロンパンはサンライズで、サンライズでないのがメロンパン

公開日: : 生活

今回は「実はメロンパンはサンライズで、サンライズでないのがメロンパンなのだ」というお話。

 

最近、街角のあちこちでメロンパンの店というのが目につくようになってませんか?いつからこんなに日本人はメロンパンが好きになったのでしょう?日本人の定番菓子パンはアンパン・ジャムパン・クリームパンからメロンパンに主役の座は完全に移ってしまったかのよう。

 

そんなメロンパンの店を見る度に違和感を感じる人がいます。それが、誰あろう私(読裏)。それは私が暮らす街が「神戸」であるのと無関係ではありません。

 

この論議は以前からずいぶんと「その世界」では有名であったから、今から申し上げることを知っている人も多いでしょうが、それでも「知らない人は知らないということもまた真理なので敢えてここで申し上げておこうと思います。

 

神戸では「メロンパン」はメロンパンとは言いません。それはサンライズと言います。「え?それじゃ、神戸の人はメロンパンは食べないの?」というともちろんそうではなくて、メロンパンは別のメロンパンがあるのです。

 

言葉で説明してもなかなかラチがあかない。「百聞は一見にしかず」というわけで、こちらに紹介したのがその証拠写真。

 

そもそも今の(全国的にメロンパンで通っている)メロンパンはなぜメロンパンと言うようになったか?アンパンにはアンが入っているし、ジャムパンにはジャム、クリームパンにはクリームが入っているのだから、メロンパンにもメロンが入っている?訳ではないのに。それには諸説あるらしいのです。

 

一番ポピュラーな理由はこのパンの表面が、当時からの高級フルーツ、マスクメロンの外側に似ていたからそれにあやかろうとしたという説。これも、あやかろうとしたというよりは、マスクメロンの側模様に意識的に似せて作ったという説もあり、どっちも本当っぽい。

 

これに対抗する説が、このパンの生地の上にのせるビスケット生地のメレンゲがなまってメロンゲになって、当然のなまりでこれがメロンになったという説。これもそれなりに本当っぽい。

 

最後の説は、この生地の中にメロンフレーバーを入れたものが人気急上昇となって、ここからメロンパンと呼ばれるようになったという説。しかしそれじゃ人気沸騰になる前の、メロンフレーバーを入れる前にはどのように呼ばれていたのか?という疑問に対する答えは不明(笑)

 

そんなメロンパンは、神戸を中心に一部の人たちからは「サンライズ」と呼ばれていて、しかもそのまた極々一部の人は「サンライズ」とも呼ばずに「サンライス」と呼んでいるのです。何故メロンパンはサンライズになって、なぜサンライズの「ズ」は「ス」になってしまったのか?

 

そのルーツは、神戸市長田区の商店街の一角にあるパン屋さんにまで遡ります。その店の名は「金生堂」。実はここの店主の伯父さん、が今のメロンパンのようなビスケット生地を使った菓子パンを広島は呉の軍艦の町で考案。その表面の模様が、当時の軍艦に掲げた日章旗の放物線に似ていたことから日章=サンライズと命名して売りに出したらこれがえらい大評判となったらしい。

 

その後、この伯父から作り方を教えてもらった神戸・金生堂の店主が長田で売りに出してまたまた大ヒット。で、今に至るというわけ。なお、当時はサンライズとして販売していたこのパンは、地元のお客さんが自然に「サンライス頂戴な」と、言いやすさで「ず」の濁点を取って注文したため、「ほんなら売り名をそっちに変えるわ」という、まさに合理性の権化のような関西人気質を発揮して、サンライスで収まったということらしいです。

 

これでも「ややこしい」のに、話はさらにややこしくなります。なんと神戸の一部では今でもメロンパンはまったく違う菓子パンとして売りにだされているのです。生協組織としては日本有数の「コープこうべ」では、いまだにメロンパンと言えばアーモンド状の形に白いアンが入った菓子パンをメロンパンと呼んで販売しています。その証拠写真がこれ。

その由来は、かつてメロンは変種の「マクワウリ」を指していて、あくまでウリの仲間であるということから、このまるで「ウリ坊」にも似た形をかたくなに「これぞメロンパン」と称しているのです。「人には、なびかへん!」という、頑固一徹の関西人気質をこれまた発揮しているようなエピソードでもあります。

 

当然ながら先の「金生堂」でもこっちの「ウリ坊型」をメロンパンとして販売。

 

で、最後の結論。どっちのメロンパンが美味いのか?ということですが、これはもう断然!「ウリ坊型メロンパン」の方が美味い!メロンパンと言えば絶対にこっちであり、「なんだ、今日はサンライズかぁ~」という失望感の言葉はあっても「なんだ、今日はメロンパンかぁ~」というガッカリフレーズは存在しません。何故なら美味いから!(←しつこい?苦笑)

 

神戸に出張や旅行にこられる人がいたら、北野町にも南京町にも行かなくていいいから、長田の金生堂か、コープこうべという生協(スーパー)を訪ねて、是非是非、メロンパンを食べてみて欲しいね。そして神戸土産は、風〇堂や、本高〇屋なんていう定番中の定番もいいけれど、ちょっと「通」でいこうと思ったら是非この「ウリ坊メロンパン」を買って帰って欲しいな。

 

サイドバナー




関連記事

ソウイウ事ならあるだろうな。という時に使う言葉「左門アリナミン」

皆さんは、うすうす予想していたけど、改めて事実として知らされたときにどのような言葉でその感情を表すの

記事を読む

流行語大賞は忖度されなかった「忖度」に。5年後に残るコトバは?

ユーキャン新語・流行語大賞が今年も発表されました。今年は9年ぶりに2つの年間大賞

記事を読む

今年のクリスマスプレゼントはこれで決まり!読裏一押しです!

今年もあとわずか。クリスマスまでもあと1カ月というところです。早いねぇ~、1年が過ぎるのは。って毎年

記事を読む

陽転思考を身につける。「陽転日記」のススメ

一年の計は元旦にあり・・・とはよく言ったものです。人は何かを始めるときには、どこかで区切りをつけてリ

記事を読む

日曜日の午後、ハンバーガーに最も合うドリンクは?

まだまだ寒いけれど、日の出の時間や、日中の陽射し、そして夕方の日の暮れの時間に、にどこか春を感じさせ

記事を読む

25回目の1月17日。この日はこの歌(満月の夕)を聴く日。

今年も1月17日がやってきました。あれから25回目。25年目、とうとう四半世紀が過ぎ去ろうとしていま

記事を読む

崎陽軒のシウマイと似た世界はここにもあるよ。関西学院の読み方の都市伝説について

ひょんなことから話題になった「崎陽軒のシウマイ」。”ひょんなこと”というのがどういうことか?というの

記事を読む

1月17日 鎮魂の歌「満月の夕」

今年も1月17日がやってきました。あれから23回目。23年目となります。当時生まれた赤ちゃんは、3年

記事を読む

ついに消費税10%時代に。消費税と言えば僕はやっぱりこの広告!

とうとう、いよいよ、ついに、本当に、消費税がアップされました。今まで「上げる、上げる」と言われながら

記事を読む

ジャネーの法則、それは時間の心理的長さと年齢の関係を表したもの。

年が明けて新年を迎えたのも束の間、1月も半分を越えて、再来週からはもう2月。あと少し?で1月も終わろ

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


サイドバナー




檸檬堂が売れるとホンマに思ってた?

日本コカ・コーラボトラーズが販売する缶チューハイ「檸檬堂」が売れに売れ

26回目の1月17日。この日はこの歌(満月の夕)を聴く日。

今年も1月17日がやってきました。あれから26回目。26年目、もう四半

今年は「忙しい人」にならないようにします!

あっという間に新年1月も半ばを過ぎました(汗)ほんま、あっと言う間。リ

中山雅史、引退じゃない事実上の引退。

中山雅史、53歳。選手としてJ3の沼田を退団し、今季から古巣ジュビロの

勘違いと思い込みは、真実に近づくときもある?

今日は「勘違い」と「思い込み」のお話。   誰で

→もっと見る

PAGE TOP ↑
シュプリームコピー
supremeコピー
シュプリーム Supreme 通販
シュプリームTシャツ
supremeキャップ
全国共通お食事券
食事券
ジェフグルメカード
ギフト券
商品券