*

スカッとするノート

公開日: : 最終更新日:2017/12/29 生活

これを読んでいる方は、「ノート」というものを何冊持っているでしょうか?

 

ここでいう「ノート」とは、いわゆる「ノートパソコン」とか「ノート型●●」とか、もちろん「エバーノート」とかのものではなくて、本物の「ノート」。紙でできていて、ペンで文字を書く、あのノートです。A5版でも、A4版でも結構です。とにかく「机に置いて文字を書く、絵を書く、何かをしたためる」その目的のためにある「ノート」のことです。

 

ところで「ノート」って今はどうなんでしょう?どんどん持つ人が減っているのでしょうか?それとも一定のニーズってものがしっかりとあるのでしょうか?

 

少し過去のデータになりますが、「2013年矢野総合研究所」の調べでは、ノートの市場規模は237億円で対前年比が+0.00%。つまり現状維持というところです。ただ一言で237億円と言われても・・・それが多いのか少ないのかが解りませんよね。

 

ということで、ちょっと他の業種(商品)の市場規模とも比較してみました。

 

  • カプセル玩具(ガチャガチャ) 316億
  • 焼肉のタレ  259億
  • トマトジュース 203億
  • スマートフォンの保護フィルム 278億
  • 3Dプリンター 240億
  • フィギア 320億
  • ココア 173億
  • 声優 154億
  • 電子雑誌 340億
  • カーシェアリング 202億

 

に、比べると「ノート」の市場規模は・・・?やっぱりよく解りません(苦笑)

 

これで解ったのは、「ノート」の市場規模は、トマトジュースよりも多く、ガチャガチャよりも少なく、カーシェアリングよりも多く、電子雑誌よりも少ない。と・・・いうより「3Dプリンター」と同じ市場規模ということになります。

 

さて、それはそれで置いておいて(笑)

<Sponsered Link>



 

今回の本題は「ノートの市場」の大小の話ではなくて、そんな「ノート市場」で非常に伸びているノート、勢いのある「ノート」の商品の話です。

 

「一定の売上、安定した市場規模」であるノート業界で、勢いのある「ノート」とは?

 

それが「書く」ためにあるものではなくて「記録する・残す」ためではなくて、「破る」ためのノートです。

 

昔々の受験生が、「英単語を覚えるたびに辞書を食べた」という話がありますが、別にこの「破るノート」は、書いたものを覚えるために食べる・・・ために、破るのではありません。

 

そうではなくて、日頃のストレスの元や、今日あった嫌なこと、そんなマイナスの言葉や絵をこのノートに書いて、それを思いっきり「破って」しまおうというノートなのです。

 

「破るためにあるノート」。その名前はまさしくその目的にぴったりの名前で「スカっとノート」。このノートのこだわりは何と言ってもその「紙が破れる瞬間」の気持ちよさを徹底的に追及。ホントに絶妙な、ほんとにビミョウな、その紙の質感と触り心地・・・というよりも破り心地。これは正直文字では表せないです。

 

是非、一度このノート、使ってみてはいかがでしょうか?

サイドバナー




関連記事

50歳の誕生日おめでとう!9割の日本人が知っている!半世紀もの間愛されたモノとは?

今月の2月12日に、目出度く50歳の誕生日を迎えた人?(商品)があります。  

記事を読む

話のさわりは、さわりではない 話

「話のさわりだけでも聞かせてよ」 「いや、話のさわりだけ言ってもたぶんわからないと思うよ」

記事を読む

「卵」と「玉子」の違いは?使い分けの基準は?

日本人の大人で「卵かけごはん」を食べたことのない人は、おそらくいないので

記事を読む

関西人が一番使う、オノマトペという言葉を知っていますか?

皆さんは「オノマトペ」という言葉をご存知でしょうか?「オノマトペ」とはOnomaatopee(フラン

記事を読む

「おざなり」と「なおざり」をしっかりと使い分けてますか?

突然ですが、皆さんは「おざなり」と「なおざり」っていう言葉使ってます?で、使うのはいいんですが、その

記事を読む

陽転思考を身につける。「陽転日記」のススメ

一年の計は元旦にあり・・・とはよく言ったものです。人は何かを始めるときには、どこかで区切りをつけてリ

記事を読む

メロンパンはサンライズで、サンライズでないのがメロンパン

今回は「実はメロンパンはサンライズで、サンライズでないのがメ

記事を読む

流行語大賞は忖度されなかった「忖度」に。5年後に残るコトバは?

ユーキャン新語・流行語大賞が今年も発表されました。今年は9年ぶりに2つの年間大賞

記事を読む

あの大ヒット企画「ガチャめし」が帰ってきた。その名も「ゆくガチャ・来るガチャ」

今年の夏。一つのヒット商品が、関西の高速道路、ところは「舞鶴若狭道 西紀SA下り線」で生まれた。その

記事を読む

1月17日 鎮魂の歌「満月の夕」

今年も1月17日がやってきました。あれから23回目。23年目となります。当時生まれた赤ちゃんは、3年

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




平昌オリンピックは韓国現地で盛り上がってるのでしょうか?現地からの声を聴いてみました。

羽生弓弦の感動の金メダルで、いっきに盛り上がりのピークを迎えている「平

サッカーにおける旧くて新しい公式です

我々は、一つの出来事を記号で表わすことが多い。ひとつの事象を説明する際

身体能力とは何ぞや?

今回は「【身体能力】について、その解明と分析をどなたかにお願いしたい」

小柳ルミ子さんでなくても、普通の主婦でも解る!完全保存版「読裏サッカー用語辞典」【ナ】行の巻

今年はワールドカップイヤー。サッカーフリーク、フットボール雀としては血

もうすぐ春。春といえば?「安部礼司」と「いかなごのくぎ煮」

日曜の黄昏時と言えば皆さんは何をしています?いわゆる「笑点」タイムから

→もっと見る

PAGE TOP ↑