*

「卵」と「玉子」の違いは?使い分けの基準は?

公開日: : 最終更新日:2017/11/18 生活

日本人の大人で「卵かけごはん」を食べたことのない人は、おそらくいないのではないでしょうか?

そして日本人の中で「玉丼」、つまり「玉子丼」を食べたことのない人も・・・おそらくかなり限られているでしょう。

そしてそして、「玉子焼き」。お弁当の定番中の定番。誰もが大好きなあの「玉子焼き」だって、それこそ食べたことのない人はまずいないはずです。

あ、もちろんアレルギーを持っていて食べられない方は別ですが。

そんな日本人大好き玉子料理、あ、いや、卵料理、え?ん?「たまご料理?」え?「たまごクラブ?」アレ・・・?

「たまご」って、ひらがなで言う時は別にええねんけど、漢字にしたら何で二つ登場してくるわけ?「鶏卵」というのに「鶏玉」とは言わないし、「玉丼は卵丼」とは言わないし。これ、ややこしい。(でもまぁ区別は日常的にしているのでトラブルにはならんけど)

というわけで、調べてみました。「卵」と「玉子」の使い分け、というか区別の仕方を。

<Sponsered Link>



いろいろ学説があるようですが、一般的に言う「卵」というのは、いわゆる生物学的な「卵」、ここでいう卵の発音はランという方が適切かもしれません。つまり卵は鶏でもカエルでも魚でもなんでも、卵の状態を指す一般名詞となります。鶏の卵だから鶏卵。魚の卵なら魚卵です。ごっつい解りやすい。でも、それじゃ「卵かけごはん」という表現では本当はイクラ丼のことを指すこともできます。「イクラ=魚卵=卵かけ」ですからね。

対して「玉子」という言い方はいつからどうやって使われるようになったのか?室町時代に爆発的に飼育が拡大して庶民の食材となり、当時栄養面でも滋養面でも大変貴重な存在であった鶏の卵は、その姿から「玉のようなう美しい殻の中に入っている、宝石のような貴重なもの(子ども)」という意味を含めて「玉子」と呼んだそう。

でも、それなら「玉子かけごはん」と言ってもおかしくないのですが、今、現代では、卵は過熱前、玉子は過熱後という概念で使い分けされているようです。だから生のタマゴは生卵と言う表現になって、生卵をかけたごはんだから「卵かけごはん」。

タマゴ焼きは、加熱後だから玉子焼き。玉丼だって火が通っているから玉子丼になります。加熱してしっかりと調理、料理しているものを「卵」と呼ぶのに抵抗があったのでしょうね。気持ちはわかります。なんか卵という漢字を使うと「生生しい」という印象が強くなると思ったのかもしれません。

それでも「ゆで卵」なんていう微妙な存在もあるわけで、そこは臨機応変、雰囲気で使い分けることになるんでしょう。最近はどちらでもない「タマゴサンド」なんて表現も一般的になってますしね。エスキモーの雪を表すコトバが何十種類にもあるように、一つのものに対してコトバの多さはそれだけその民族の暮らしと、そのモノとの関係の深さを表します。卵と玉子とタマゴ。使い方はいろいろでも、日本人が大好きなのには間違いありませんね。

サイドバナー




関連記事

三寒四温と啓蟄と温暖化と京都議定書とプリウスと。

三寒四温とはよく言ったもので、ちょっと温かいな?と思ったらまだまだ寒かったり。「今日はコートをどっち

記事を読む

日曜日の午後、ハンバーガーに最も合うドリンクは?

まだまだ寒いけれど、日の出の時間や、日中の陽射し、そして夕方の日の暮れの時間に、にどこか春を感じさせ

記事を読む

義理はチョコ、本命は「飲む羊羹」。今年のバレンタインはこれで決まりだね!

1月も、もはや半分が過ぎました。ということは・・・。はい、そうです。バレンタインデーまであと一ヵ月を

記事を読む

8181、ポケベル。50年の歴史に幕

ポケットベル。略してポケベル。   そのポケベルが50年の歴史に終止符をうち、

記事を読む

「おざなり」と「なおざり」をしっかりと使い分けてますか?

突然ですが、皆さんは「おざなり」と「なおざり」っていう言葉使ってます?で、使うのはいいんですが、その

記事を読む

メロンパンはサンライズで、サンライズでないのがメロンパン

今回は「実はメロンパンはサンライズで、サンライズでないのがメ

記事を読む

洒落ゴコロ満載!ダムカレーが食べたい!

「ダムカレー」というものを最近知りました。これ、ダムの名前ではありません。カレーの名前です。どこかの

記事を読む

実は「島で暮らす生活」に憧れています。

実は今「島」に憧れています。正確には「島」というのではなく「島で暮らすこと」、いわゆる「島暮らし」。

記事を読む

話のさわりは、さわりではない 話

「話のさわりだけでも聞かせてよ」 「いや、話のさわりだけ言ってもたぶんわからないと思うよ」

記事を読む

1月17日 鎮魂の歌「満月の夕」

今年も1月17日がやってきました。あれから23回目。23年目となります。当時生まれた赤ちゃんは、3年

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




新元号決定直前企画!新元号の本命はコレだ!?

いよいよあと数日で新元号が発表されます。発表は4月1日の月曜日、まさに

明らかに世代交代!新元号なんだから、新BIG3と呼ばずに(新元号の)新御三家と呼んで欲しいよね!?

キリンチャレンジの2試合が終りました。今回は南米の2ヶ国、コロンビアと

平成とともに走ってきたイチロー。元イチローになって、行ったり来たり!

あと10日で新元号が発表される平成31年3月21日。イチローが引退を発

イチローより有名な日本人!名前が動詞化したKon-Mariとは誰?

イチロー選手が2019年のメジャー開幕を日本で開催するマリナーズ。そこ

目からウロコ!「大人の文章講座」を読むと、文章への苦手意識がぶっ飛びますよ!

突然ですが、皆さん、文章を書くのは得意ですか?得意かどうかは別にして文

→もっと見る

  • 2019年4月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
PAGE TOP ↑