*

実は「島で暮らす生活」に憧れています。

公開日: : 生活 , , ,

実は今「島」に憧れています。正確には「島」というのではなく「島で暮らすこと」、いわゆる「島暮らし」。出来ればいつか「島」で暮らしたい・・・。そんな思いが日々強くなってきています。

 

そのきっかけとなったのがある雑誌(BRUTUS (ブルータス)という雑誌です。これ、僕の青春時代からのお供。大袈裟ではなくて僕の人生観にかなり影響を与えた雑誌です) 。

 

 

例えばこの本の特集中表紙にこんなキャッチコピーが載っていました。

 

■島の暮らしは・・・

●魚は切り身で売っていない
●寝ても覚めても海と山
●何事も時間通りに始まらない
●秘密のデートはあり得ない
●台風で屋根が飛ぶ・・・こともある
●欲しい洋服は試着不可
●島で飲めるビールは1種類
●立ち読みしたいが本屋がない
●フレンチを食べたきゃ船に乗る
●生活必需品が意外に高い
●虫のいる暮らし
●近所のおじいちゃんが同じ話を何度もする
●帰宅したら隣人がいた
●嫌な噂はすぐ広まる
●深夜お腹が痛くなっても翌朝までガマン
●DVDは借りられない。買う!
●島外に出られるチャンスは週2回
●好みのタイプが島にいない
●よく停電する
●最寄りのスーパーは車で30分

<Sponsered Link>



なるほど・・・いちいち頷けることばかり。それでも「島」に住むって憧れるよなぁ~。

 

どちらかと言うとメリットよりもデメリット、便利さよりも不便さの方ばかり。でもその利便さのために犠牲にしてきたいろんなものが島にはまだ残っているように思えます。島の暮らしにはそんな「人生で大事なもの」がまだ残っていそう!

 

ちなみに最近日本列島を構成する千以上の島々の名前を1枚の地図上に記した「日本の島全図」というのがよく売れているらしい。僕にような気持ちになっている人、案外多いんやね。


まぁそれでもさすがに「食べて」いかないといけないし、毎日海に出て「漁」をするわけにも、山へ登って「季節の山菜」を摘むわけにもいかないので、最低ライフラインとして「Wi-Fi」だけは要るかな?(苦笑)

 

 

それさえあれば・・・。やっぱり憧れるなぁ~~。。。島生活。そう言えば、カーリング女子の吉田知那美選手が凱旋スピーチで「何もない町であっても、夢をかなえる町になる」みたいなこと言ってたし。それがまた僕の「島の暮らし願望」に拍車を掛けています。

 

 

もちろん、僕の夢が叶ったら、めでたくこのブログで「画像付」で発表させていただきまっさ!(爆)

エディー・バウアー オンラインストア

僕と同じように島暮らしに憧れる人は是非コメントを!(笑)わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!

サイドバナー




関連記事

「卵」と「玉子」の違いは?使い分けの基準は?

日本人の大人で「卵かけごはん」を食べたことのない人は、おそらくいないので

記事を読む

二日酔いをマシにする食べ物と、二日酔い対策の間違った都市伝説とは?

年末は忘年会の季節。今日はあの人と、明日はあの人と、それこそ毎日のように「今年もお疲れ様でした~」と

記事を読む

メロンパンはサンライズで、サンライズでないのがメロンパン

今回は「実はメロンパンはサンライズで、サンライズでないのがメ

記事を読む

no image

3月11日にサッカーを失った人たちへ 黙祷

今日3月11日は、日本中で哀悼の意を表します。それは1月17日も同じです。。私も地震でライフラインが

記事を読む

スカッとするノート

これを読んでいる方は、「ノート」というものを何冊持っているでしょうか?   こ

記事を読む

陽転思考を身につける。「陽転日記」のススメ

一年の計は元旦にあり・・・とはよく言ったものです。人は何かを始めるときには、どこかで区切りをつけてリ

記事を読む

ケビン・ベーコンの法則を知っていますか?

皆さんは「ケビン・ベーコンの法則」というものをご存知でしょうか?   正しくは

記事を読む

流行語大賞は忖度されなかった「忖度」に。5年後に残るコトバは?

ユーキャン新語・流行語大賞が今年も発表されました。今年は9年ぶりに2つの年間大賞

記事を読む

三寒四温と啓蟄と温暖化と京都議定書とプリウスと。

三寒四温とはよく言ったもので、ちょっと温かいな?と思ったらまだまだ寒かったり。「今日はコートをどっち

記事を読む

「おざなり」と「なおざり」をしっかりと使い分けてますか?

突然ですが、皆さんは「おざなり」と「なおざり」っていう言葉使ってます?で、使うのはいいんですが、その

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




祝!50年ぶりの優勝!関西学院高サッカー部が兵庫県代表に!

50年と言えば、半世紀。半世紀といえば、一世紀の半分。つまり四半世紀の

オーナーの中のオーナー。まさにKING OF OWNER!

昔から「〇〇の中の〇〇」という表現があります。例えば「男の中の男」とか

25年前と25年後のベスト10

突然ですが。。。   1位 住友金属 2位 富

おめでとうヤット!でもヤットの偉業は、まだまだ続く!

このブログを「スポナビ」時代から読んでいただいている読者の方々であれば

11月4日は何の日でしょうか?はい、私もそのうちの一人です。

今このブログは11月4日に書いています。   さ

→もっと見る

  • 2018年11月
    « 10月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
PAGE TOP ↑