*

台風シーズン到来!避難勧告と避難指示はどっちが避難なん?

9月になりました。9月と言えば・・・。「秋到来」となるわけですが、それよりやはり9月と言えば「台風」。本格的な台風シーズンです。

 

で、台風に欠かせないのが「台風情報」。ラジオやテレビを「つけっぱ」にして、台風の進路を確認します。

 

そんなときに頻繁に耳に(目に)するのが、避難情報。

 

最近はスマホなんかで緊急速報としてこの情報が入ってきたりします。

 

カフェや電車の中で急に周りの携帯が「ピポパポポ~ン!ピポパポポ~ン!」なんて一斉に鳴り出すと

 

「すわ、また地震がやってくるんか!?」って思っちまいますが、今はほとんどがこの避難情報。

 

「なんや、避難情報か・・・」って、スマホの画面に呟いた人、たぶん多いはずです(苦笑)。

 

で、その避難情報ですが、皆んなはどこまでこの情報を「真に受けて」ます?というより、この情報のホンマの意味、どこまで知ってます?

 

もとより「避難勧告」や「避難指示」ってどっちがどうで、守らんかったらどうなるか?って知ってます?

 

というわけで、ここでちょっとミニ勉強会(笑)。

 

題して「避難勧告」と「避難指示」はどっちが避難なん?という・・・。まぁ、マンマやけど。

 

<Sponsered Link>



 

で、調べてみました。すると

 

「避難勧告」は

 

災害による被害が予想され、人的被害が発生する可能性が高まった場合に発令。対象住民に避難を勧めるが、強制するものではない。

 

となってます。ま、勧告やからね。「勧めるっちゅうことを告知しとくわ」の略でしょう。間違っても「韓国は強いから別のグループに入りたいよなぁ~」という、「避難韓国」やないから。え?しょうもない!って?すんまへん。こういうの、言わんと気がすみまへんねん!

 

で、次が

 

「避難指示」

 

これは

 

状況がさらに悪化し、災害による人的被害の危険性が非常に高まった場合や人的被害が発生した場合に発令。避難勧告よりも強制力は強い

 

となってます。

 

つまり、避難勧告vs避難指示では、強制力の面では「避難指示」の勝ち!はい。「避難韓国」が負けました!え?もうええって?はい。すんまへん!

 

それじゃ、「強制力が強いからと言って、これに従わなければ法律違反なん?怒られるわけ?罰金かなんかあるのん?だいたい、ウチが避難したかどうか?って誰も調べに来たことないぜ?」という疑問が生じるのはごもっとも。

 

はい、ご想像のとおり、避難指示に従わなくても罰則や罰金はありません。ご安心ください。

 

じゃ、「避難命令」になったら?「命令」とつけばこれはもう強制力ブリブリ!絶対に避難せんとアカンのやろうね。

 

と思われた方は、半分正解で半分間違い。

 

実はこの日本では法律としての「避難命令」というのはありません。でも、避難命令って聞いたことあるよ、この前ラジオでも言ってたもん!とおっしゃる方がいたらそれは完全に勘違い。それぐらい避難情報って聞き流しているわけですよ(苦笑)。

 

で、半分正解というのは、実は日本には「避難命令」に準するものとして「警戒区域の設定」というものがあるらしい。これならちょっと聞いたような気があるでしょ?これになると、「救助隊は入ってええけど、たとえ住民であってもここには入ったらダメ!退去!はい!出ていってね!」というぐらい強制力が大幅パワーアップして、ついでにこれを守らなければ、懲役や罰金が科されることもあるらしい。

 

でも、僕らのイメージでは、なんか「警戒区域の設定」って、「警戒してね!っていう区域をとりあえず決めておいたから・・・」っていう、そんな感じ。

 

「そのあとで、避難勧告や避難指示を出すからね」。みたいな。どちらかというと、「事前にちょっと(警戒しといてな)と、言っとくわ」的な、避難の前段階のようなイメージがあります。

 

が、法律にもとづいて、日本で一番退去の強制力があるのが「警戒区域の設定」なんだとか。

 

それじゃ、避難の前のマエフリみたいなもんはないの?「大雨警報の前の注意報」みたいな。そんな位置づけのはないわけ?

 

というわけで、これも調べると・・・ありました、ありました。それは「避難準備情報」というもの。

 

「避難を準備するための情報やからね」ということらしいけど「避難する準備の情報」ということで、「水を用意しておこうね」とか「ラジオはつけておこうね」みたいなそんな雰囲気も感じられる、けっこう「ゆる~い」系の名称。

 

つまり強制度の順番、発令される順番で言えば

 

避難準備情報→避難勧告→避難指示→警戒区域の設定

 

となります。

 

強制力のあるのは「警戒区域の設定」のみ。

 

これはなかなかイメージつかみにくいわね。

 

それがしょうことでも言いましょうか、ある調査によると、避難指示が出された住民約177万3千人に対し、実際に避難所に逃げた割合は2・6%だとか。

 

そらそうやろなぁ~。

ZUTTO
 

 

サイドバナー




関連記事

1月17日 鎮魂の歌「満月の夕」

今年も1月17日がやってきました。あれから23回目。23年目となります。当時生まれた赤ちゃんは、3年

記事を読む

義理はチョコ、本命は「飲む羊羹」。今年のバレンタインはこれで決まりだね!

1月も、もはや半分が過ぎました。ということは・・・。はい、そうです。バレンタインデーまであと一ヵ月を

記事を読む

ソウイウ事ならあるだろうな。という時に使う言葉「左門アリナミン」

皆さんは、うすうす予想していたけど、改めて事実として知らされたときにどのような言葉でその感情を表すの

記事を読む

スカッとするノート

これを読んでいる方は、「ノート」というものを何冊持っているでしょうか?   こ

記事を読む

関西人が一番使う、オノマトペという言葉を知っていますか?

皆さんは「オノマトペ」という言葉をご存知でしょうか?「オノマトペ」とはOnomaatopee(フラン

記事を読む

もうすぐ春。春といえば?「安部礼司」と「いかなごのくぎ煮」

日曜の黄昏時と言えば皆さんは何をしています?いわゆる「笑点」タイムから「サザエさん」タイムです。

記事を読む

二日酔いをマシにする食べ物と、二日酔い対策の間違った都市伝説とは?

年末は忘年会の季節。今日はあの人と、明日はあの人と、それこそ毎日のように「今年もお疲れ様でした~」と

記事を読む

ジャネーの法則、それは時間の心理的長さと年齢の関係を表したもの。

年が明けて新年を迎えたのも束の間、1月も半分を越えて、再来週からはもう2月。あと少し?で1月も終わろ

記事を読む

何故か不思議なセブンとイレブンの話!?

今回は「7」と「11」のお話し。   で、「7」と「11」だからといってこちら

記事を読む

ケビン・ベーコンの法則を知っていますか?

皆さんは「ケビン・ベーコンの法則」というものをご存知でしょうか?   正しくは

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




祝!50年ぶりの優勝!関西学院高サッカー部が兵庫県代表に!

50年と言えば、半世紀。半世紀といえば、一世紀の半分。つまり四半世紀の

オーナーの中のオーナー。まさにKING OF OWNER!

昔から「〇〇の中の〇〇」という表現があります。例えば「男の中の男」とか

25年前と25年後のベスト10

突然ですが。。。   1位 住友金属 2位 富

おめでとうヤット!でもヤットの偉業は、まだまだ続く!

このブログを「スポナビ」時代から読んでいただいている読者の方々であれば

11月4日は何の日でしょうか?はい、私もそのうちの一人です。

今このブログは11月4日に書いています。   さ

→もっと見る

  • 2018年11月
    « 10月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
PAGE TOP ↑