*

話のさわりは、さわりではない 話

公開日: : 最終更新日:2017/12/30 生活

「話のさわりだけでも聞かせてよ」

「いや、話のさわりだけ言ってもたぶんわからないと思うよ」

こういう会話、誰でも経験したことがあるのではないでしょうか?

さて、この会話、成立しているのでしょうか?もっと言えば正しい会話なのでしょうか?

<Sponsered Link>



実はこの「さわり」、本当の意味は「中心となる部分」「要点」のこと。

「さわり」は、江戸時代に竹本義太夫が創始した浄瑠璃の流派の一つ、義太夫で用いられたもので、最大の聞かせどころ、聞きどころとされている箇所を指す言葉なのです。

それが転じて、音楽や物語の感動的な部分、話や文章の要点などという意味で使われる言葉なのですが、冒頭の会話のように、どうも現代人は違う意味で使っているようです。

それも不思議ではありません。文化庁が毎年実施している「国語に関する世論調査」で今年の調査結果で発表されたものでは、この「話のさわり」を、53.3%の半数以上が、本来の意味ではない「話などの最初の部分」と答えているようで、正解?の、「話の要点」と答えた人は36.1%しかいませんでした。

この結果をどう思いますか?アナタはどちらの「さわり」だと思いました?

でも、「話のさわり」で何故「話の最初の部分」だと勘違いするのでしょう?おそらく推測ですが「さわり」という語感が「触る」という発音と同じで、すると「触る」という漢字から、言葉の響きから、「物事に軽く触れる」「表面的に触れる」というようなイメージが強くなって、その「表面的に触れる」というニュアンスが「話の冒頭だけ聞く」という流れになっていったのだと思います。

これも解るような気がしますね。

本来とは違うコトバの意味や言い回しが広く使われているようなことが、すぐさま日本語の退化とか、日本語の低俗化とは言い切れないように思います。そんなコトバはそれこそゾロゾロありますよね?

例えば、私自身が気になっているのは「ヤバイ」というコトバ。最近では「非常に良い」「凄く美味い」時に「これ、ヤバイよ!」なんて使われています。ヤバイ=否定語が、何故か時代の流れでヤバイ=肯定語、もっと言えば最上級肯定のような扱いを受けています。

ただ、文化庁によれば「本来の意味ではないものも、一般的に広まっているものは、誤用とは言えない」と言っています。お堅い役所さんにしては柔らかい見解で・・・これはこれで、なかなかいい感じですね。

サイドバナー




関連記事

二日酔いをマシにする食べ物と、二日酔い対策の間違った都市伝説とは?

年末は忘年会の季節。今日はあの人と、明日はあの人と、それこそ毎日のように「今年もお疲れ様でした~」と

記事を読む

メロンパンはサンライズで、サンライズでないのがメロンパン

今回は「実はメロンパンはサンライズで、サンライズでないのがメ

記事を読む

「卵」と「玉子」の違いは?使い分けの基準は?

日本人の大人で「卵かけごはん」を食べたことのない人は、おそらくいないので

記事を読む

関西人が一番使う、オノマトペという言葉を知っていますか?

皆さんは「オノマトペ」という言葉をご存知でしょうか?「オノマトペ」とはOnomaatopee(フラン

記事を読む

1月17日 鎮魂の歌「満月の夕」

今年も1月17日がやってきました。あれから23回目。23年目となります。当時生まれた赤ちゃんは、3年

記事を読む

スカッとするノート

これを読んでいる方は、「ノート」というものを何冊持っているでしょうか?   こ

記事を読む

1月に思う。今年こそじゃなくてもいい。何かを始めるのに遅すぎることはない。

「今年こそ!」という思いが一番強くなるのは1月らしいです。そら昔から「一年の計は元旦にあり」とも言い

記事を読む

義理はチョコ、本命は「飲む羊羹」。今年のバレンタインはこれで決まりだね!

1月も、もはや半分が過ぎました。ということは・・・。はい、そうです。バレンタインデーまであと一ヵ月を

記事を読む

冬には欠かせないパーソナル暖房アイテムのベスト5は?

寒いです。とにかく寒い。「さぶいなぁ~」とか「さっぶぅ~~」とか、言っても暖かくはならんのに、とにか

記事を読む

あの大ヒット企画「ガチャめし」が帰ってきた。その名も「ゆくガチャ・来るガチャ」

今年の夏。一つのヒット商品が、関西の高速道路、ところは「舞鶴若狭道 西紀SA下り線」で生まれた。その

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




平昌オリンピックは韓国現地で盛り上がってるのでしょうか?現地からの声を聴いてみました。

羽生弓弦の感動の金メダルで、いっきに盛り上がりのピークを迎えている「平

サッカーにおける旧くて新しい公式です

我々は、一つの出来事を記号で表わすことが多い。ひとつの事象を説明する際

身体能力とは何ぞや?

今回は「【身体能力】について、その解明と分析をどなたかにお願いしたい」

小柳ルミ子さんでなくても、普通の主婦でも解る!完全保存版「読裏サッカー用語辞典」【ナ】行の巻

今年はワールドカップイヤー。サッカーフリーク、フットボール雀としては血

もうすぐ春。春といえば?「安部礼司」と「いかなごのくぎ煮」

日曜の黄昏時と言えば皆さんは何をしています?いわゆる「笑点」タイムから

→もっと見る

PAGE TOP ↑