*

役立つ「雨のことわざ」をご紹介します

関東地方で、観測史上初の「6月の梅雨明け」が宣言されたのも束の間、というか、そういう時に限って・・・という構図で、関西地方での豪雨による被害が多くの地域でおこりました。

 

実は私の自宅の居住区では、年間降雨量の75%もの雨がこの2日で降ったらしく、近くの番地では「避難指示」まで出ていました。今回、あらためて「雨」というものの認識を新たにした次第。そこで今回は「雨」にまつわる「ことわざ」のご紹介と、それに突っ込む私という図式です。

 

◆「朝雨は女の腕まくり」
朝雨はすぐやむし、女の腕まくりも恐くはない。つまり、ともに「恐れるに足りない」という意味。

⇒これはもう完全に認識が変わります。というか、この「ことわざ」はもはや時代とまったく合致していない。もちろんゲリラ雨という怖さも現代では痛感していますし、現代の女性だって・・・そら、怖いでぇ~!(特に腕まくりなんかされようもんなら・・・爆)

 

◆「雨だれ石を穿つ」
軒から落ちる雨垂れも、長い間には石に穴をあけることができる。力は足りなくても、根気よくこつこつと何度も繰り返してやれば、最後には成功するということ。

⇒これは正しいね。一般的には「チリツモ」という発音で表現されるんやろうけど。ただ、このことわざ、そらそうなんやろうけど、普通、石に穴があく前に雨、止むと思うねんけど。。。あ、今度の豪雨を振り返ると、止まへん雨は、ほんまに止まへん。

 

◆「雨垂れは三途の川」
家の軒先から一歩出ればどんな危険が待ち構えているかわからないということ。雨垂れの落ちる軒があの世とこの世の境だから、家を出たら用心せよという教え

⇒玄関先が生死の分かれ目って・・・どんな玄関先やねん!?って、思うけど、家の軒先の一歩先(正確には歩いて1分ぐらい・・・)ではホンマに土砂崩れがおきてたんで、この「ことわざ」は一種真実です。

 
 

<Sponsered Link>



 

◆「雨が降ろうと槍が降ろうと・・・」
どんなことが起こっても、一度決心した以上はそれを敢行しようとする様子。

⇒雨天決行ということ?サッカーはいつでも雨天決行やけど、でもさすがに槍が降ったら中止やろ?と。現役時代は、雨の試合がホンマに嫌いやったので、「ああ、明日、槍ぐらい降らへんかなぁ~」と、いつも思ってました。

 

◆「雨の降る日は天気が悪い」
当たり前のことをいうときに使う言葉。

⇒これ、ことわざで使ってると解ってもらえなければ、かなりマヌケかも。

 

◆「雨はれて、傘を忘れる」
困難が過ぎると、その時に受けた恩義を忘れてしまう。

⇒僕の場合、雨ふらんかっても、傘を忘れる です。

 

 

どうでした?たいへんためになったでしょう?(爆)
これからも読裏クラブは、大小にこだわらず、役立つ情報をお送りします。

 
プーマオンラインストア

 
※わかり難いですが、コメント欄はこのサイトの一番下にあります。ので・・・ヨロシクね!

サイドバナー




関連記事

1月に思う。今年こそじゃなくてもいい。何かを始めるのに遅すぎることはない。

「今年こそ!」という思いが一番強くなるのは1月らしいです。そら昔から「一年の計は元旦にあり」とも言い

記事を読む

話のさわりは、さわりではない 話

「話のさわりだけでも聞かせてよ」 「いや、話のさわりだけ言ってもたぶんわからないと思うよ」

記事を読む

あの大ヒット企画「ガチャめし」が帰ってきた。その名も「ゆくガチャ・来るガチャ」

今年の夏。一つのヒット商品が、関西の高速道路、ところは「舞鶴若狭道 西紀SA下り線」で生まれた。その

記事を読む

台風シーズン到来!避難勧告と避難指示はどっちが避難なん?

9月になりました。9月と言えば・・・。「秋到来」となるわけですが、それよりやはり9月と言えば「台風」

記事を読む

陽転思考を身につける。「陽転日記」のススメ

一年の計は元旦にあり・・・とはよく言ったものです。人は何かを始めるときには、どこかで区切りをつけてリ

記事を読む

ジャネーの法則、それは時間の心理的長さと年齢の関係を表したもの。

年が明けて新年を迎えたのも束の間、1月も半分を越えて、再来週からはもう2月。あと少し?で1月も終わろ

記事を読む

ケビン・ベーコンの法則を知っていますか?

皆さんは「ケビン・ベーコンの法則」というものをご存知でしょうか?   正しくは

記事を読む

流行語大賞は忖度されなかった「忖度」に。5年後に残るコトバは?

ユーキャン新語・流行語大賞が今年も発表されました。今年は9年ぶりに2つの年間大賞

記事を読む

1月17日 鎮魂の歌「満月の夕」

今年も1月17日がやってきました。あれから23回目。23年目となります。当時生まれた赤ちゃんは、3年

記事を読む

もうすぐ春。春といえば?「安部礼司」と「いかなごのくぎ煮」

日曜の黄昏時と言えば皆さんは何をしています?いわゆる「笑点」タイムから「サザエさん」タイムです。

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




世界を知る101冊

皆さんは、秋の夜長、どのような本を手にお過ごしでしょうか? 僕は

消費税からみで最も秀逸な広告

いよいよ、ついに、本当に、消費税がアップされるらしいです。「上げる、上

つい手を出してしまったキーパーの取り調べ室での会話

ここはとある取調室。一人の男が取締官の尋問を受けている。今回はそんなシ

読裏クラブへの10の質問

今日は、ゆる~~く、私への質問コーナーを設けました。私の好みを知ってい

ドフリーが外れる科学的根拠についての論文発表です

今回は私の長年の研究の成果を皆さんにご披露したい。苦節○十年、ようやく

→もっと見る

  • 2018年10月
    « 9月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑