*

二日酔いをマシにする食べ物と、二日酔い対策の間違った都市伝説とは?

公開日: : 健康, 生活

年末は忘年会の季節。今日はあの人と、明日はあの人と、それこそ毎日のように「今年もお疲れ様でした~」と、杯を重ねる時期。その時はしばしの憂さを忘れて、懐かしい話や、日頃は言えない話などで思わず盛り上がったり、大変楽しい時間を過ごせるはず。なのですが・・・

 

その後に待っているのが「二日酔い」。「あ~~・・・頭いてぇ~」と言った憶えがない酒呑みの人なんてたぶん一人もいないでしょうね(苦笑)

 

さて、そんな二日酔い。その対策は? 「はい。それな飲まないことです」なんて言われたら、それこそ身も蓋もないですわ。「それが出来てたら世話ないぜ」てなもんです。

 

そこで今回は、それじゃせめて「二日酔いをマシにする」方法と、逆に「二日酔いになった時に絶対にやってはいけない」でも何故か「二日酔いになったらこうすればいいよ」という間違った説があるので、それをご紹介します。ま、この記事、自分へ言い聞かせるという意味もあるんやけど。

 

そもそも二日酔いとは何?

そもそも二日酔いとは何なんでしょ?「酔ってる時は気持ちええのになぁ~」という人も多いはず。実は「酔い」と「二日酔い」は、同じ「酔い」という字を使っていますが、原因は違うんですわ。「酔い」は、あくまで脳がアルコール作用によって一時的に麻痺している状態。「二日酔い」はまったく違う作用が身体に起きているから発生している状態なんです。

 

私たちはアルコールを摂ると、2割が胃で、残りの8割が小腸で吸収されて処理されます。処理というのは、正確には身体の中にいる「酵素君」が「お!?なんや!アルコールやん!ほっといたらアカンな。よっしゃ分解しょ」ということで、アルコールを分解するんです。

 

で、この分解作業。しっかり行なって、しっかりとアルコールを他の身体に優しい物質に変えてくれるんですが、そこは酵素君の哀しさ。一気にその処理が出来ずに、段階を踏むわけですな。その段階とは、アルコール摂取⇒(分解)⇒「アセドアルデヒド」⇒(分解)⇒酢酸⇒水と二酸化炭素という段階です。

 

で、この真ん中に出てくる「アセドアルデヒド」というのが、実は身体にはメチャメチャ悪い物質でして。ま、実は二日酔いはこの「アセドアルデヒド」がその犯人だったわけです。ま、時間が経てばこの犯人も、酵素君が分解してくれて「無きもの」にしてくれるんですが、それにはいろんな助っ人と時間を要します。その間にこの犯人が悪さをして、「吐き気」や「頭痛」そして「脱力感」などを引き起こします。

 

つまり二日酔いをマシにしようとすることは、早くこの犯人「アセドアルデヒド」をやっつける助っ人を呼び寄せるということです。

 

<Sponsered Link>



 

「アセドアルデヒド」(犯人)をやっつけろ!

 

一口に「アセドアルデヒドをやっつけろ!」と言われても、どこでその作業をするか?というと・・・、そうです。「肝臓」です。この肝臓がしっかりとアルコールを代謝してしまうためには、その材料としていろんなものが必要となってきます。それを今回は一挙にご紹介しましょう。「肝臓」が「肝臓」らしく、せっせせっせと働くための燃料みたいなもんです。

 

しじみ貝

肝機能を高めるためには、「オルニチン」というアミノ酸が有効。このオルニチンを豊富に含んでいるのが「しじみ貝」。最近はこの成分が豊富に入っているサプリメントもよく出回っています。でも天然のしじみ貝にはタウリンという成分も含まれていて、これがまた胆汁を多く分泌させる働きがあります。やっぱ、天然の力は絶大!てなわけで、朝にしじみ貝。これ、二日酔いの鉄板コースです。(でも、なかなか朝から「しじみ貝」なんて作ってくれる人でもいなけりゃ、飲めないけどね・・・苦笑)

 

スポーツドリンク(常温)

酒を飲んだ次の日の朝って、水が美味いですよね?なんか「この水の美味さを味わうために、昨晩酒を飲んだみたい」というほど。これは実は身体が脱水状態だから。肝臓がアルコール代謝に使うエネルギーで基本中の基本が実は「水」。なので、どんどん水を供給してあげましょう!で、水よりもより吸収が早い「スポーツドリンクを飲む」というのが、実は結構効くんです。

 

カフェイン(コーヒー)

二日酔いは頭痛がつきもの。そんな時、いくら指でこめかみを抑えても効きません。この頭痛の原因は、血管の拡張によるもの。だから血管を収縮させるのがよろし。ま、タバコはそんな機能があるにはあるけど、身体にいいわけないし・・・。てなわけで、登場するのがコーヒー。ちょっと「コーヒー飲んだら余計に胃が変になる・・・」という気持ちもありますが、それより頭痛を何とかしたかったら、まず熱~~いコーヒーですな。

 

ハチミツ

アルコールを分解する肝臓が働くには糖分が必要。てなわけで、肝臓が頑張れば頑張るほど、血糖値が下がるという仕組みになってます。人間は血糖値が下がれば空腹になるという構造になってまして、「酒を飲んだ後に無性にラーメンが食べたくなる」のはこれが原因なんですな。てなわけで、それなら糖分を摂りましょう!となるのでチョコレートでもいいのですが、私の経験からすると、絶対に「ハチミツ」ですわ。これ、実は科学的根拠があるみたいで、ハチミツには果物の多くには含まれない果糖の一種が含まれているとか。いやホントに騙されたと思って今度二日酔いになったら試してみて。

 

梅干し

これもかなり効きます。梅干しを2~3個、無理やり口に放り込んでみてください。「すっぺぇ~~」なんて顔をしかめてしばらく梅肉を口に含みながら、できれば渋い日本茶なんかでこれを流し込むと、15~30分後に、ウソみたいに二日酔いが消えるときがあります。もちろんこれには根拠があって、梅干しの中にあるピクリン酸がクエン酸とコンビを組んで肝臓をかなりサポートするためだとか。ま、梅干しは二日酔いだけでなく、乗り物酔いとか軽い食中毒にまで効く、まさに万能食ですけどね。

 

ロッキー・バルボアのランニング前ではないけれど、二日酔いには生卵をグビっとやるのがよろしいようです。スクランブルエッグよりも、目玉焼きよりも、ゆで卵よりも、ロッキー・バルボアの朝。卵はアミノ酸のスコアがハンパない。卵の持つ必須アミノ酸のパワーは絶大。(でも、なかなか二日酔いでロッキーのように生卵グビってのは精神的には結構キツイよね)

 

肉うどん

これ、大穴です。ま、二日酔いの朝にいきなり「肉うどん」なんてのが食卓に出る家なんてそうそうないだろうけど、二日酔いが昼前後まで残っていて、「辛い!飲みすぎた!喉カラカラやけど、食欲はゼロや!」なんて時には頑張って「肉うどん」をどうぞ!これ、ホンマに効きます。理由はようワカランですがね。

 

結論!二日酔いがマシになる食べ物

ここまでラインアップした食べ物を同時に食べると、それこそ肝臓は勇気百倍、百人力の援軍をもらったようなもんで、ドンドン、ガシガシと、アルコールを分解してくれます。ただ「こんなバラバラなもんを同時には無理やなぁ~」と、おっしゃる御仁。是非次の順番で次の食べ物をお試しあれ。それは、「スポーツドリンクをまず一口飲んで、その後に【しじみ貝入り、月見肉うどんの梅干し乗せ】を食べ、その食後にコーヒーを飲んで、最後にハチミツをスプーンでひとさじ分すくってペロリと舐める」というもの。効くよぉ~~

 

二日酔いには逆効果なのに、何故か効くと思われている間違った対策(まるで都市伝説のように)

二日酔いには何故か昔から「これが効くんだよね」と言われている対策があります。何故か昔からね。でも、今や科学の時代。これが間違いだというのが証明されているようなので、「やっても効果ないし、実は逆効果だからやめようね」という、代表的な二日酔い対策をここでご紹介しておきましょう。

 

むかえ酒

昔から言われています。この「むかえ酒」。酒の力で二日酔いを封殺するという・・・実際そうやって二日酔いがマシになったという人がいますが、これは錯覚。間違いです。これは先に説明した「脳が酔いで麻痺している」状態が復活して、二日酔いの不快感を麻痺させているだけ。肝臓工場にとっては、せっかく分解作業を必死にやって、ようやくアルコールが無くなってきたな・・・と思ったときに、「な?なんじゃ?これ!」という、新たなアルコールがドバドバと流れ込んできているわけで、肝臓君にすれば「あほらし。もうやめや!」という気持ちになってしまいます。

とにかく寝る

二日酔い状態は、とにかく不快感が真っ先にくるので、起きていたくないし、できればすぐに横になりたいし、そのまま眠っていたい。気持ちは解る。かくいう私もそういう経験がないわけではない。でも科学的(医学的)には、これは逆効果。睡眠中は肝臓の機能は低下するので、アルコール分解の進行は遅れるのです。

 

熱い風呂に入る(サウナに入って)大量の汗を出す

これ、結構勘違いしている人、多いんじゃないでしょうか?「二日酔いなんで、サウナ行ってくるわ」なんて人がいるのはよく聞きますし「いっぱい汗かいてアルコールを抜いたら?」なんてアドバイスをしている人もよく見かけます。大量に汗をかくとまた脱水状態に逆戻りして、せっかくの肝臓工場がまたペースダウンします。どうも「あぶさん」の影響を受けているサラリーマンが、この手の間違いを犯しているように思いますね。

 

二日酔いにならないためには

二日酔いの原因は、アセドアルデヒド。そしてアセドアルデヒドの元は、身体に吸収されたアルコール。ということで、逆に言えば「アルコールを身体に吸収させなければいい」という考え方もあるにはあります。これ、かなり理にはかなっています。そのためには、胃や小腸の壁に粘膜を張って、アルコールが身体に沁み込まないようにするという方法は、それなりに有効です。「飲む前にしっかり食べておく」とか「牛乳を飲んでおく」とか「ねばねば系の食べ物をしっかりとツマミで食べる」というのはこの戦術の実行案なんですね。

 

で、それより究極の二日酔いにならない方法は?

 

はい。お察しのとおり!「飲まないこと」ですわ!(爆)

サイドバナー




関連記事

冬には欠かせないパーソナル暖房アイテムのベスト5は?

寒いです。とにかく寒い。「さぶいなぁ~」とか「さっぶぅ~~」とか、言っても暖かくはならんのに、とにか

記事を読む

メロンパンはサンライズで、サンライズでないのがメロンパン

今回は「実はメロンパンはサンライズで、サンライズでないのがメ

記事を読む

もうすぐ春。春といえば?「安部礼司」と「いかなごのくぎ煮」

日曜の黄昏時と言えば皆さんは何をしています?いわゆる「笑点」タイムから「サザエさん」タイムです。

記事を読む

森永ラムネが今年大ヒットの予感?その理由は、コスパ最強のブドウ糖サプリメント説だった!

センター試験も終わって、いよいよ受験シーズンもヤマ場を迎えるタイミングもありますが、受験生だけでなく

記事を読む

日曜日の午後、ハンバーガーに最も合うドリンクは?

まだまだ寒いけれど、日の出の時間や、日中の陽射し、そして夕方の日の暮れの時間に、にどこか春を感じさせ

記事を読む

50歳の誕生日おめでとう!9割の日本人が知っている!半世紀もの間愛されたモノとは?

今月の2月12日に、目出度く50歳の誕生日を迎えた人?(商品)があります。  

記事を読む

役立つ「雨のことわざ」をご紹介します

関東地方で、観測史上初の「6月の梅雨明け」が宣言されたのも束の間、というか、そういう時に限って・・・

記事を読む

セレンディピティ―という素晴らしい力を知っていますか?

セレンディピティーという言葉を知っていますか?これは、何かを探しているときに、探しているものとは別の

記事を読む

昔はなかった?熱中症。日射病はもう無くなった?熱中症と日射病の違いって?

暑い。とにかく毎日が暑い。「暑い」と何回言っても、気温は下がらないし、暑さが消えるわけではないんだけ

記事を読む

1月17日 鎮魂の歌「満月の夕」

今年も1月17日がやってきました。あれから23回目。23年目となります。当時生まれた赤ちゃんは、3年

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




抱腹絶倒サッカー中継「めっちゃ風邪ひいてんねん!」

今回は、まったく、他人様(=ひとさま)からの受け売りです。オリジナリテ

「ブラックホールで死んでみる」

僕は宇宙が好きだ。そして宇宙の事を知ろうとすれば、星のことや、光のこと

何故か不思議なセブンとイレブンの話!?

今回は「7」と「11」のお話し。   で、「7」

国際試合の意味は?本当の狙いは別なところにある説。

7月最後の日となった31日、各地でクラブ間の国際親善試合が行われた。浦

アルゼンチンの兄貴と弟分の会話

弟分1)暑いっすねぇ~。兄貴!日本ってこんなに暑いんすか? &n

→もっと見る

  • 2018年8月
    « 7月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑