*

為になる数のはなし(その① 1は?2は?3は? その意味を知る)

公開日: : 良書 , , ,

数えること。

 

それは自然にそして必然的に生まれた。

 

数は人が自分をとらえる心的感覚、つまり、我々の体を表わす1本の線から始まる。

 

数はひとつ、もうひとつ、さらにもうひとつと大きくなっていくが、常にわれわれの体と密接に結びついている。

 

手や足が2本であること、指が10本であること、そして必要なら足の指が10本であることも。

 

われわれは互いに数えあい、ものや生き物、過ぎてきた日々を数える。

 

数のおかげで世の中のものが数えられるようになった。

 

頭上に輝く星を結んで星座を作り、その物語を伝え合った。

 

そしていたるところで人は数を学び、数えることを身につけた。

 

いつでも「いくつなのか」を知る必要があったから。

 
<Sponsered Link>




 

「1」は最初。唯一の出発点。それはビッグバンのときの宇宙。そして宇宙のそれのように「1」がどんどん集まると「無限」になる。が、全ての始まりは「1」からだ。「1」は今日、「1」は今、「1」は自我、「1」は私、「1」は最初なのだ。

 

「2」はペア。2は矛盾と調和――対立とペア――があふれている。「2」は反意語や同音異義語を生む。私と貴方。男と女。母と子。「1」が割れて「2」が出来る。空を見れば太陽と月があり、地上には昼と夜が、朝と夕が、日の出と日の入がある。「2」はペアで、「1」からの分離なのだ。

 

「3」は魔法の数。人は生まれ落ち、生き、死ぬ。別の言い方で幼少期、壮年期、老年期としてもいいが結局は同じことだ。好機はいつも3度ある。魔法のランプの精は3つの願い事を叶えてくれる(ただし願い事の数を増やして欲しいという願い事はだめ!)。王には必ず3人の息子がいるものと決まっていて、必ず末っ子が森で摩訶不思議なものと遭遇して3度のチャンスを与えられる。2度あることは3度あるとされ、万歳は3唱する。だが何はさておき、「3」は親密さや魔力やパワーが最も強い。それは「3」が子どもにあたる数だからだ。母親、父親、そして子どもがそろうと「3」になる。つまり「3」は未来のための数なのだ。

 

こんな風にみんなが知っている「数」には多くの意味があり、物語が潜んでいます。

 

そんな物語を語ってくれる本が

数のはなし―ゼロから∞まで

 

 
これを読めば「数」に愛着が湧くこと間違いなし!

 

かなりお薦めです。

 

 

 

サイドバナー




関連記事

タイトルに「9割」の文字が入った本は9割売れる?

皆さん、最近、本を読んでますか?というより本を買ってます?   巷はもうスマホ

記事を読む

あなたはアホ派?それともバカ派?どちらで傷つき、どちらで腹が立つか?全国アホ・バカ分布図でチェックしてみよう!

これを読まれている方は関東方面の方ですか?それとも関西方面?もちろんそれ以外の地方の方もいらっしゃる

記事を読む

車椅子の天才物理学者。宇宙を語る、ホーキング博士が死去。また偉大な巨星が・・・なくなってしまいました。

訃報を聞くたびに「え?」って思わず声を失う。そんなことが多くなってきました。昔、僕が若い頃に有名な方

記事を読む

為になる数のはなし(その② 4は?5は?6は? その意味を知る)

数えること。   それは自然にそして必然的に生まれた。  

記事を読む

「ブラックホールで死んでみる」

僕は宇宙が好きだ。そして宇宙の事を知ろうとすれば、星のことや、光のことや、重力のことを知ることになっ

記事を読む

iPhone機種変更記念ネタ。スティーブ・ジョブズ全発言『世界を動かした142の言葉』

最近、携帯を替えました。恐ろしく長い間僕の手元に存在して、ずっとずっと僕と付き合ってくれていた、もう

記事を読む

9回無死1塁でバントはするべき?しないべき?の答えが解かる本

プロ野球も交流戦たけなわ。今年もまた「やっぱパリーグのレベルは違うよなぁ~」って思うこの頃です。その

記事を読む

関西人の会話はオノマトペ。キュっと曲がって90度(関西オノマトペ用例集)

皆さんは「オノマトペ」という言葉をご存知でしょうか?そう。いわゆる「擬音語」と「擬態語」、総称すると

記事を読む

世界を知る101冊

皆さんは、秋の夜長、どのような本を手にお過ごしでしょうか? 僕はこの季節になると、必ず手にする

記事を読む

図解思考の技術を身に付けると、世界がホント変わります!

図解思考という考え方をご存知でしょうか?これ、平たく言えば「文字よりも絵の方が理解し易いよ」というも

記事を読む

サイドバナー




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

サイドバナー




世界を知る101冊

皆さんは、秋の夜長、どのような本を手にお過ごしでしょうか? 僕は

消費税からみで最も秀逸な広告

いよいよ、ついに、本当に、消費税がアップされるらしいです。「上げる、上

つい手を出してしまったキーパーの取り調べ室での会話

ここはとある取調室。一人の男が取締官の尋問を受けている。今回はそんなシ

読裏クラブへの10の質問

今日は、ゆる~~く、私への質問コーナーを設けました。私の好みを知ってい

ドフリーが外れる科学的根拠についての論文発表です

今回は私の長年の研究の成果を皆さんにご披露したい。苦節○十年、ようやく

→もっと見る

  • 2018年10月
    « 9月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑